17,9,19 白山(ソロ)

午前2時に起きるつもりが、目が覚めて時計を見ると午前4時過ぎ。
もうええか・・と思い、2度寝をしようと思ったが、気合で起きる。

170919_063226001.jpg
6:32 別当出合第2駐車場。
今日はスタート時間が遅いので、今年まだ食べていない室堂ラーメンを食べるのが目的。

続きを読む

スポンサーサイト

17,9,15 100kmウォークの持ち物(その1)

「びわ100」のフェイスブックで持ち物リストが公開されていた。20170915_181837.jpg
スマホ・保険証・お金(クレカ)・ヘッデン。
ヘッデンは17時から翌7時までの14時間も要点灯か。メインのヘッデン2つに予備の電池が必要。
シューズは晴れなら「アカシャ」、雨なら「XA プロ 3D ゴアテックス」と「ゲイター」。
靴下はダーンタフ4足。25km毎に履き替える。靴の中の湿気で肉刺ができやすくなるらしい。
スマホのバッテリーはある。
防寒具。氷点下にならない限り、長時間止まらないのでウインドブレイカーとレインでいける。
雨具。ポンチョがおすすめだと・・・。そう言えば雨が降り出すとコース上にあるコンビニのレインコートが売り切れるという話を聞いたことがある。ポンチョだと、靴とパンツは濡れる前提ということか。まあ、僕はレイン上下で。
ファーストエイド。「絆創膏」「ゼノール」「消毒液」「肉刺をつぶす安全ピン」「傷ドライ」「テーピング」「ムヒ」
常備薬。「コムラケア」「ロキソニン」「胃薬」
袋類。意味不明。持たない人もいるのか?
スポーツタイツ。補強タイプより、血行促進タイプが良さそう。
着替え。スタートで荷物を預かってもらって、チェックポイント2(53km地点)で預けた荷物を一旦もらえて、ゴール地点まで運んでくれるのか。預ける荷物は重くなってもいいので、何を預けるのかがポイントとなって来るだろう。
「あると便利なもの」帽子・リュック・タオル・腕時計・ポール・・・。

登山の装備とウォーキングの装備のギャップがある。
お山のフル装備で参加したら、ちょっと浮いてしまうパターンかな?

スタートから担ぐ荷物。53km地点で受け取る荷物。53km地点でゴールまで運んでもらう荷物。の3つを考えなければならない。
エイドの状況も把握して、装備を厳選しないと。

楽しくなってきたぞ。

17,9,10 富士山(ソロ)

予定通り12時のアラームで目を覚ます。
朝食のコンビニで買っておいた助六とサンドイッチをよく噛んで食べ、モゾモゾと登山装備に着替える。

ふと、天ナビ(お天気ナビゲーター)を開くと
170911_172759001.jpg
雪・・・だと・・・。

続きを読む

17,9,9 富士山(ソロ)(前日)

このブログのタイトルにある通り、5年前に富士山登頂を達成する為にお山を歩き始めた。
同時に目標を達成する軌跡を残す為にブログを書き始めた。

その間、白山に魅せられ、アルプスの壮大さに憑りつかれ、自分への挑戦の楽しさに気付き、
決して忘れていた訳ではないが、最終目標である富士山が最終目標ではなくなってしまった。

直近の目標は「びわ湖チャリティー100km歩行大会 」。「びわ100」のトレーニングの為に9月10日で夏山閉山する富士山へ。

ちなみに富士山には4つの登頂ルートがある。

170911_173737002.jpg
①吉田ルート。
スタート標高2305m 距離13..8km 高低差1405m 標準CT(登り)6時間25分(下り)3時間50分
人気ナンバー1のルート。富士山の「本道」とされたルート。•登りの登山道に山小屋が多い。
平成28年度夏山登山者数151,969人。

②須走ルート
スタート標高2000m 距離12.9km 高低差1740m 標準CT(登り)7時間(下り)3時間40分
距離は富士宮ルートに次いで2番目に短い。七合目付近まで樹林帯内で比較的緩やか。
平成28年度夏山登山者数20,996人。

③御殿場ルート
スタート標高1440m 距離17.4km 高低差2260m 標準CT(登り)8時間15分(下り)4時間30分
主要4ルートの中では距離・標高差とも群を抜く。下りの大砂走りが醍醐味。週末やお盆でも混雑は少ない。
平成28年度夏山登山者数15,697人。

④富士宮ルート
スタート標高2400m 距離8.7km 高低差1330m 標準CT(登り)5時間45分(下り)3時間50分
人気ナンバー2のルート。距離・時間ともに富士山頂への最短。全般的に傾斜が強い。
平成28年度夏山登山者数59,799人。

登山ルートは全く迷わない。一択。

続きを読む

17,9,5 白山2days(妻と)(2日目)

1時にアラームを設定して寝たが、11時30分頃に目が覚める。
セントラルロッジまでおトイレをお借りするためにしばらく歩くと、目が覚めてしまった。テントに戻り1時間程シェラフに包まって時間が過ぎるのを待った。
1時前に起き、ナイトハイクの準備をする。1時のアラームが鳴ると、嫁さんを起こす。

170905_01201649.jpg
1:20 御前峰に向かって歩き出す。
セントラルロッジに立ち寄り、トイレをお借りし水分を補充する。


続きを読む