FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

19,5,4 高島トレイルスルーハイク3days(3日目)(ツギロウさんと)

Posted by あつぷり on   6 

昨日に引き続き、小鳥のさえずりで目が覚める。
フカフカの落ち葉ベットで十分寝たが、体が回復していない。「寝たら治る」という年齢は過ぎてしまったようだ。
風がほとんどなく、ガスにおおわれていたのでツエルトの内部は結露している。
が、ボタボタ落ちてくるほどではないので問題無し。

20190504a.jpg
5:13 まずは朝食。ちょっと話題のカップラーメン「味噌」。美味い。
食後にロキソニンと胃薬。念の為、雉も打っておく。

19,5,3 高島トレイルスルーハイク3days(2日目)(ツギロウさんと)

Posted by あつぷり on   4 

初日の夜は、ちょっとしつこい鹿がケンケンうるさかったが、フカフカの草で良く寝れた。
4時半頃に小鳥のさえずりで気持ちよく目が覚めツエルトから出ようとしたが、体のいたるところが痛く、なかなかツエルトから出ることが出来ない。

ツエルトの足を風下に向けるといい感じに風が内部を循環してくれるので、結露はしない。

20190503a.jpg
5:01 朝食のカップラーメンを頂き、念の為ロキソニンと胃薬も頂く。
パッキングと朝の儀式を済ませ、今日の目標である木地山峠を目指して歩き出す。



19,5,2 高島トレイルスルーハイク3days(1日目)(ツギロウさんと)

Posted by あつぷり on   4 

4月上旬、ある焼肉店でツギロウ兄さんにGWの予定を聞くと、「GW後半、高島トレイルに・・・」。

何度か書いているが、お山を歩き始めて、無積雪のお山で一番キツかった山行は4年前に行った3泊4日の高島トレイルスルーハイク。
その圧倒的な難易度の高さは、今でも一番だと思う。
山小屋や自販機などの補給ポイントがなく、水場も限られているので、スルーハイクする為の食料と次の水場までの水と予備の水を担いで、アップダウンの激しい全長80kmを12山12峠を越えながら歩き通す。
最低限の整備しかされておらず、体力や脚力は当たり前で、ルーファイ能力や時には野生の勘が必要になって来る。
1,000m以下の低山だが、昨年は11件の遭難事故が発生し、3名の方がお亡くなりになっているような山域。

4年前のスルーハイクのブログには「楽しくはなかった」と書いており、「万が一、再挑戦するようなことがあるとするならば、ULを極めることができた頃かな。。。」とも書いてある。
実際今でも、4年前のスルーハイクはボロボロ過ぎたので、もう一度挑戦したいという気持ちは持っている。

そんな中での兄さんの「GW後半、高島トレイルに・・・」というお言葉。
「お供させてください!」
という訳で、高島トレイルスルーハイク2度目の挑戦が始まった。

通常はJRマキノ駅前駐車場から始発のバスに乗って、起点に向かうと9時ごろのスタートとなってしまう。
また、終点のバスの最終が17時28分なので、3泊4日でスルーハイクするのが一般的。
今回は2人で挑戦する利点を生かし、公共機関は使わずに起点付近と終点付近に車をデポし、時間に縛られることなく2泊3日で歩く作戦。1日分の食料が減るので、ザックが軽くなるのは大きい。
高島トレイルは野営地の指定がないので、1日目30km、2日目30km、3日目20kmと、大体の目標を定め、野営できそうな場所で野営する。地図を見ると、1日目は三重嶽を越えたあたり、2日目は木地山峠での野営が目標。

20190502a.jpg
3日分の食料。
今回は後片付けが面倒なコッヘルを使わずに、「ケトルでお湯を沸かして注ぐ系」で2泊を乗り切る。
軽くて塩分とたんぱく質が豊富なミックスナッツは多め。

初日にパンを数個足せば、足りるはず。


15,4,26 高島トレイルスルーハイク4days(4日目)

Posted by あつぷり on   14 

あっという間に3時のアラームで目が覚める。爆睡していたようだ。もぞもぞと行動着に着替えてパッキングを始める。今日は朝ご飯を作っている時間がもったいないので、余分に持ってきている行動食で乗り切る。
パッキングを終えると、ヘッドランプをつけて水場へ水を汲みに行く。今日1日水場は期待できないので、全ての容器3.7ℓを満タンにする。

150426_043312001.jpg
4:33 準備完了。気温は8度ちょっと。ゴミ、忘れ物がないかヘッドランプの明かりで入念にチェックする。
何も食べていないが、とりあえず歩き出す。

15,4,25 高島トレイルスルーハイク4days(3日目)

Posted by あつぷり on   4 

昨日もそうだったが朝目覚めると、テントの結露は全くなし。3ヵ所のベンチレータを全開にしてたせいかもしれない。
ヒルバーグ「アクト」低山でもなかなか快適に寝ることができる。

今日は3日目。スルーハイク4日間で最も沿面距離と累積標高が多いコースをだ。
昨日は標準CTで歩くことができなかったので、不安でいっぱいだが、暗くなる前に3日目の野営地「木地山峠」に到着したい。

150425_053957001.jpg
チキンラーメンの朝ご飯を食べた後、まずは朝一のお仕事、水汲み。水は浄水せず原水を持ち歩き、飲む(料理で使用する)直前に浄水器のフィルターでろ過して使用する。まとめてろ過するのは結構時間がかかるので、この方法が効率がいいと思う。
やっぱり水坂峠の水は苔の匂いがする。

15,4,24 高島トレイルスルーハイク4days(2日目)

Posted by あつぷり on   0 

シカか何かの獣の足音で時々目が覚めるが、フカフカの落葉の上で爆睡できた。

朝食の即席うどんを食べ、まずは1日で最初のお仕事水汲み。
150424_060701001.jpg
体中が痛い。特に足の筋肉痛と肩の痛みが酷い。沿面距離20km、累積標高2000m以上歩いても筋肉痛にならないぐらい鍛えたのだが、20kg近いザックを担いでの山行は体に相当負担がかかるようだ。

15,4,23 高島トレイルスルーハイク4days(1日目)

Posted by あつぷり on   6 

2年前「中央分水嶺・高島トレイル」の存在を知り、スルーハイクに憧れ、準備をしてきた。
12山12峠を歩くアップダウンの激しい全線80kmの行程に水場は限られ、山小屋はもちろんない。野営地の指定もない。
1日平均20kmのロングコースを3泊4日で歩く。登山歴2年半のちょっと頑張ることのできる普通のおっさんにとって、これまでにない最大の挑戦になることは間違いない。

150420_182736001.jpg
今までの経験で、「しっかり食べること」、「しっかり休憩すること」、「しっかり寝ること」がスルーハイク成功のカギだと思う。
連日10時間程の行動時間になるので、荷物の重量を削れば体への負担が少なくなるので有利だが、しっかりと栄養を補給しないと足が動かなくなるので行動食を充実させたいし、しっかり寝て疲れを取りたいので、お泊りセットも充実させたい。

14,4,23 高島トレイル ポイント15(行者山)~ポイント21(木地山峠)

Posted by あつぷり on   2  0

ブロ友のよっし~さんの先週の駒ヶ岳の山行のブログから、この地域の多くの旬な情報をもらえたので、山行計画が立てやすかった。早速行ってみる。もちろん下道で。

140423_054218001.jpg
5:42 木地山バス停駐車場。今日の山行は時間がかかると思うので、早めのスタート。
今日の下見のコースは、スルーハイクでは3日目に歩く。3日目は2日間の疲れのせいか、迷いやすいみたいだ。しかもロングコースとなっている。今日の山行の目的は、コースの下見と3日目の野営地・水場の確認だ。

このカテゴリーに該当する記事はありません。