17,5,12 富士写ヶ岳(8の字)(ソロ)

富士写ヶ岳のシャクナゲは終わってしまっただろうか。。。

冬の富士写ヶ岳は我谷コース一択だが、無積雪の時期は何処から登るか悩んでしまう。
8の字に歩けば全ての登山道を歩くことが出来るのは解っているが。
前山から延びる枯淵コースも歩いてみたい。

やってみよう。

なるべく「8」の字の書き順に近い形で歩けるように、
「大内コース→富士写ヶ岳→枯淵コース→我谷コース→富士写ヶ岳→不惑新道→火燈山→火燈古道」
で。

170512_07190601.jpg
途中水場はないので、500mlペットボトルを8本担ぐ。ザックの総重量は7.77kg。お!なんかいいことありそう。

続きを読む

スポンサーサイト

17,4,8 猿山(なっきーさん、ゲンジさんと)

先日の青葉山でミスミソウが見つけられなかった残念な自分をを引きずる毎日を過ごすのもあれなので、早速リベンジ。行先は青葉山でなく、雪割草でメチャメチャ有名な奥能登の猿山(322m)。ええ、リベンジは100%勝てる勝負が望ましい。

170411_16123903.jpg
ただ、先日の青葉山と同じく遠い。。。
仲間に山行の同行をお願いすると、なっきーさんとゲンジさんが手を上がてくれた。ありがたい。

続きを読む

17,1,29 鞍掛山周回(皆で)

昨日は早く寝たので、朝5時にはスッキリ起床。朝風呂を頂き、朝食バイキングへ

170129_07075301.jpg
朝食バイキングは時間制限なし。

続きを読む

17,1,28 医王山周回(皆で)

なっきーさんとの銀杏峰テン泊から中1日で仲間と1泊2日の新年会。1月の仕事は全て終わらせているので思いっきり楽しもう。
今回はこーえーさんの2日目の仕事の都合で、石川方面がいいという事なので、プランニングをお任せする。山行計画からお宿の手配までありがとうございました。

6時に某インター集合だが、5時20分頃に到着。少し仮眠をとる。

170202_19581501.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)
6時前に続々とメンバーが集まる。土曜日の早朝なのでスキーに行く人達がどんどん駐車場に集まってくる。集合時間を6時にして正解。インターに集まったのはツギロウさんとしパパさんゲンジさんと僕の4人。医王山は駐車スペースが小さいので、ゲンジさんの車に乗り合わせて行く。ゲンジさん車出して頂いてありがとうございます。

続きを読む

16,2,28 富士写ヶ岳(ゲンジさんと)

今週中頃は、気温がグッと上がる予報。毎年恒例となりつつある「六甲全縦」のチャンスだ。その為にも、山を歩いておきたい。
前日、チラッと仲間の様子を伺うと、病み上がりのゲンジさんが御一緒していただけるの事。ソロだと近場の文殊山になる可能性が高いので、ありがたい。

160228_085049001.jpg
選んだお山は今シーズンお初の富士写ヶ岳。登山口近くの路肩は満車だったので、20m程奥の駐車場に駐車。しばらく経つと、通行止めで遠回りしてきたゲンジさんが現れる。

続きを読む