FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

18,6,25 SALOMON(サロモン)OUT PATH PRO GTX(アウトパスプロゴアテックス)

Posted by あつぷり on   2 

晴れ予報でも、スタート時間が早いと下草の朝露で足元はベタベタになる。
なので、お山でローカットを履く時は、ほぼショートゲイターを装着する。

最近気になっているのが、ゲイター付きのローカットシューズ。

180625_171038001.jpg
SALOMON(サロモン)OUT PATH PRO GTX(アウト パス プロ ゴアテックス)
ランではなく、ハイクよりなので見た目より作りはしっかりとしている。


18,6,11 Cascade Wild Ultralight Folding Table(カスケードワイルドウルトラライトホールディングテーブル)

Posted by あつぷり on   0 

180611_1801430001.jpg
お山での食事の時に地面に火器を置いて使用し、下草を2,3本燃やしてしまった苦い経験がある。
手の平でたたいて簡単に消火できたが、下手をすれば山火事になっていたかもしれない。
それからお山で火器を使用する時は、下草と火器の間に一定の間隔を作る為になるべくテーブルを使うようにしている。
もちろん見た目もいいし、行儀もいい感じがする。

18,6,10 FREELIGHT e2c

Posted by あつぷり on   0 

180609_0739470001.jpg
1週間ほど早い父の日のプレゼント。
「こちらこそ、いつもありがとう」

180609_0749410002.jpg
「そして、注文通りのお品、ありがとう」

お気に入りのブランド「FREELIGHT」の新商品。
「FREELIGHT イーツーシー」
30Lのノンフレームザック。吹き流し構造なので、通常時の大きさは20Lぐらいかな。いい感じに小さめ。
本体重量 265g (バンジー類 ウエストベルト全てを取りつけた場合の重量320g)
荷重制限 なし。

記念すべき16個目のザック。大切に使おう。

18,3,20 SINANO「フォールダーFP 110」

Posted by あつぷり on   0 

180320_165000001.jpg
SINANO 「フォールダーFP」
「PEAKS 4月号」の表紙を飾ったトレッキングポール。
やはり折り畳みのトレッキングポールは見た目が美しい。


18,3,9 ULタイベック シュラフ

Posted by あつぷり on   2 

モンベルの2018年春夏の新商品でタイベックで作ったシェラフカバーが発売される。
180308_214658001.jpg
「タイベック スリーピングバッグカバー」
【素材】タイベック(ポリエチレン)【重量】148g(154g)【サイズ】最大長225×最大幅84cm【収納サイズ】9×5×19cm
残念ながら、アルミニウムを蒸着させていない「タイベック」っぽい。
透湿性能や防水性能は期待できても、前回のレポの「デュポン™タイベック®シルバー」のような遮熱性能は期待できそうにない。


18,3,9 デュポン™タイベック®シルバー

Posted by あつぷり on   0 

30デニールものナイロンで作られている山岳テントのフロアは強靭なので、グランドシートなんていらないと思う。
テン場でグランドシートを使っている人は、あまり見かけない。
ヒルバーグの「アクト」やニーモの「タニ2P」もグランドシートを買ったが、使ったのは最初の1.2回。
重いわりには役立っている感が少ないので、今後も使わないだろう。

171007_171628096001.jpg
17,10,7 熊野古道(小辺路)2days」より
15デニールほどのナイロンで作られているシェルターやツエルトのフロアはペラペラ。
まあ、穴が開いたらダクトテープでふさげばいいのだが、地面が濡れていたら、フロアからじんわり浸水してくるので、保温と防水性能を期待して軽量なエマージェンシーシートをグランドシートとして利用していた。
穴開きも浸水もないので、それなりに機能していたと思う。

18,2,23 FREELIGHT SpinnZack35D

Posted by あつぷり on   2 

180223_091245012.jpg
FREELIGHT SpinnZack35D

本体重量  本体+フレーム重量 300g(ウエストベルト バンジーなど全てを装着した場合 総重量約380g)
荷重制限  なし
スピンネーカー生地を採用。

18,2,23 FREELIGHT SpinnZack50tifwf

Posted by あつぷり on   0 

FREELIGHTのバックパックは登山用品です 荷重制限はありません。
通常使用する登山用品はキャパシティー内で御利用ください。

「あなたが今お持ちのザックであなたが背負えるだけの荷物の重量は
 たいてい背負えますので、安心して使ってください」

「FREELIGHT」 HPより

「軽と剛のバランス」を根底から覆すような発言。

201502230918001.jpg
FREELIGHT SpinnZack50tifwf

本体重量  本体+フレーム重量 490g(ウエストベルト バンジーなど全てを装着した場合 総重量約650g)
荷重制限  なし
大型のヨットにも使われる頑強なスピンネーカー生地を採用。

このカテゴリーに該当する記事はありません。