FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

19,1,30 美ヶ原(ソロ)

Posted by あつぷり on   0 

遠征最終日は日本百名山のひとつ、美ヶ原へ。
今回ご来光を一度も拝んでいないので、ご来光狙い。チャンスがあれば嫁さんと泊まってみたいと思っている「王ヶ頭ホテル」の下見も兼ねて。


午前4時ごろ起床。道の駅 マルメロの駅ながと内にあるローソンで朝食と行動食を購入。
山本小屋ふる里会館の駐車場を目指す。

19,1,29 北横岳(ソロ)

Posted by あつぷり on   0 


中央道双葉SAで車中泊。午前4時に起き、フードコートでカレーを頂く。

19,1,10 白駒池・ニュウ2days(ゲンジさんと)(2日目)

Posted by あつぷり on   2 

ダウンのテントシューズに新しい「マグマ」を入れて寝ると、一晩中足先がポカポカと温かかった。冬山テン泊では、普通のカイロは全く温かくならなかったので、高温タイプのカイロは有効という事がわかった。今後の冬山テン泊で活躍しそうだ。
また、今回から導入した「ファイントラック ポリゴンバリア」は大活躍。行動中は使用しないが、停滞時の汗冷えから守ってくれたり、テン場や就寝時の防寒に役立った。

20190110A.jpg
ただ、午前5時43分のテント内の気温はマイナス2.5度と高く、まだまだ検証が必要。

19,1,9 白駒池・ニュウ2days(ゲンジさんと)(1日目)

Posted by あつぷり on   0 

まったりと雪上テン泊を楽しみに、ゲンジさんと北八ヶ岳のニュウ周回へ。ええ、冬の八ヶ岳は大好きです。

20190109 (39)

1日目:渋の湯~高見石小屋~白駒荘~青苔荘(テン泊)(標準CT2時間55分・4.2km)
2日目:青苔荘~ニュウ~中山峠~黒百合ヒュッテ~渋の湯(CT4時間40分・7.4km)
危険がいっぱいの冬山でテン泊装備を担ぐ時は、これぐらいのまったりの計画が良い。

18,12,2 八ヶ岳2days(2日目)赤岳~硫黄岳(周回)(ソロ)

Posted by あつぷり on   0 

2日目の車中泊も良く寝れた。お山に登って、温泉に入って、食べて、呑んだら良く寝れて当然か。

今日は、赤岳の登り、硫黄岳まで縦走して赤岳鉱泉に下りる周回コースを歩く。
20181202B.jpg
西から赤岳へアプローチするには、美濃戸口か赤岳山荘の駐車場を利用する。
美濃戸口と赤岳山荘の間の林道は、車高の高い四駆でないと走るのが難しいほどガタガタ道なので、今までは美濃戸口の駐車場を利用させて頂いていた。
が、今日はCT2時間の時短の為、ちょい上げの商用車で赤岳山荘まで行く。

18,12,1 八ヶ岳2days(1日目)蓼科山(ソロ)

Posted by あつぷり on   4 

来春から「花の100名山」に挑戦しようと思っている(今のところ)。
「日本100名山」はピークハントが目的。雨の日でも、雪の日でも、やろうと思えば1年中挑戦できる。
「花の100名山」は春から夏のお花の時期でないと意味がないし、お花が開いている時間帯も考慮しなければならない。

長期の連休を頂き、例えば九州なら6座、四国なら4座、まとめて挑戦しようと思っている。
その度に、宿泊施設を利用するのは不経済。車中泊をメインとしてプランを立てることとなる。

今まで、お山歩きの前日に車中泊をするパターンばかりなので、今回は
「車中泊」→「お山」→「車中泊」→「お山」というプチ連泊を経験してみる。

土日を利用して、日帰りのお山が連なっている八ヶ岳に行く予定だが、土曜日はどこも30m以上の強風予報。
なかでも風が少し弱い30m前半の予報の蓼科山へ撤退も視野に入れて登る事にする。
風速30mを経験しておくのも、今後の糧となるだろう。
日曜日は超好天予報。以前から歩きたかった「赤岳~硫黄岳」を縦走する。八ヶ岳ブルーに会えるかも知れない。

前日の金曜日。月末の仕事を午前中で片づけて、中央道の諏訪湖SAへ。
20181201.jpg
17:55 ノンストップで運転してきたので、少々疲れた。SAで適当に購入した食料とビールで一人晩酌。
明日の為に早めに寝る。

18,4,29 赤岳2days(ツギロウさんと)(2日目)

Posted by あつぷり on   2 

個室と耳栓のおかげで21時前には爆睡。
朝ご飯が6時からなので5時45分に目覚ましをかけるが、5時30分頃に目が覚める。

180429_060457001.jpg
6:04 朝ご飯。サラダのシャキシャキ感とみそ汁が美味しい。

18,4,28 赤岳2days(ツギロウさんと)(1日目)

Posted by あつぷり on   2 

GW前半はツギロウ兄さんと小屋泊で赤岳へ。個人的には撤退した昨年の2月のリベンジになる。
人気の赤岳鉱泉なので、激混みが予想される。小屋泊の予約の電話をしてくれたツギロウ兄さんによると、個室予約の確約はもらえなかったらしい。。。
2人で布団1枚だったらどうしよう・・・。兄さんとか・・・。一応ウォームアップシーツ、ザックに入れとくか。

180430_161426002.jpg
1日目は美濃戸口に車を停め、赤岳鉱泉にチェックイン。山小屋に余計な荷物をデポし、急坂の地蔵尾根を登りに使い、赤岳山頂へ。山頂からは文三郎尾根で下り、赤岳鉱泉に戻る。有名な晩ご飯を頂き、暗くなったら星空撮影の予定。

180430_161612003.jpg
2日目は午前3時にスタート。硫黄岳へ登り御来光撮影。横岳・赤岳と稜線を歩き、文三郎尾根・南沢で美濃戸口へ戻る予定。
まあ、あくまでも予定は予定ですが。。。

このカテゴリーに該当する記事はありません。