FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

19,9,13 荒川三山~赤石岳~聖岳(周回)4days(ソロ)4日目

Posted by あつぷり on   0 

今日は樹林帯を下りるだけだが、バスの出発時間の1時間前。9時30分には椹島に到着しておきたい。

20190913a.jpg
4:18 パッキング完了。今日も朝食はバランスパワービッグ。

19,9,12 荒川三山~赤石岳~聖岳(周回)4days(ソロ)3日目

Posted by あつぷり on   0 

小屋泊よりテン泊の方がぐっすりと寝れる。
今日は3日目。聖岳に登る。2週間前の聖岳はガスガスだったので、そのリベンジができると嬉しい。

20190912a.jpg
3:53 朝食はバランスパワービッグ6本(3袋)。

19,9,11 荒川三山~赤石岳~聖岳(周回)4days(ソロ)2日目

Posted by あつぷり on   0 

午前3時。腕時計の振動のみのアラームで目が覚める。
千枚小屋では、ほとんど起きることなく爆睡できた。

前日におおかたパッキングを済ませていたので、最低限の準備を周囲に迷惑をかけない様になるべく静かに行う。

20190911a.jpg
3:28 千枚岳の山頂で御来光を拝めるように歩き出す。


19,9,10 荒川三山~赤石岳~聖岳(周回)4days(ソロ)1日目

Posted by あつぷり on   2 

2週間前の「光岳~聖岳(周回)3days」に引き続き、今週は4日間の連休を頂き南アルプスへ。

今回歩くのは、南ア南部の代表的な周回コース。「荒川三山~赤石岳~聖岳周回」。
椹島から反時計回りに周回する。
スタートとゴール地点の椹島までの林道は「2級林道」なので、一般車両は通れない。畑薙夏季臨時駐車場までマイカーで行き、歩きか自転車か特種東海フォレストの送迎バスで椹島まで行く。ちなみに歩きだと、5時間ほどかかるみたいだ・・・。
また、「2級林道」は、運賃をもらいお客様を運ぶバスの運行ができないらしい。(あまり詳しくないが・・・)
なので、特殊なルールがある。

まず、送迎バスに乗る時に3,000円払う。これは、運賃でなく施設利用券としての3,000円。
その3,000円券は、特種東海フォレスト管理小屋の小屋泊料金としてのみ利用できる。
ビール代金とか、テント泊料金に充てることはできない。
帰りのバスの整理券をもらうためには、特種東海フォレスト管理小屋の小屋泊料金の領収書をみせる必要がある。

このルールにより送迎バスを往復利用させて頂くためには、お山に何日いようが必ず1泊は特種東海フォレスト管理小屋で小屋泊をしなければいけないという事になる。

このルールで特種東海フォレストを悪く言う輩がいるが、特種東海フォレストは静岡県の治山林道課の指導で行っているだけ。文句があるなら静岡県の治山林道課に直談判するか、「2級林道」を「1級林道」にする為の費用の30憶と年間の林道の維持費として毎年3億の寄付を静岡県の治山林道課にするといい。

維持費のかかるお山で遊ばせて頂くのだから、お金はしっかりと落した方がいいという考えの僕は、このルールは賛成。
逆にとの小屋に泊まろうかと迷ってワクワクしてしまう。

今回の山行プランは
20190910b (4)
(超便利機能ヤマプラより)
1日目:椹島~千枚小屋 CT6:35/9.1km
2日目:千枚小屋~荒川三山~赤石岳~百間洞山の家 CT10:35/13.5km
3日目:百間洞山の家~兔岳~前聖岳~奥聖岳~聖平小屋 CT8:05/9.2km
4日目:聖平小屋~聖沢登山口~椹島 CT5:35/9.8km
無理のない、まったりなプラン。

3日目に泊まる聖平小屋は特種東海フォレストの管理小屋ではないので、小屋泊する小屋は、千枚小屋か百間洞山の家の2択となる。キャパが大きくキレイな千枚小屋にするか、名物のとんかつが美味い百間洞山の家にするか、考えているだけで楽しくなる。


19,8,27 光岳~聖岳周回3days(ソロ)(3日目)

Posted by あつぷり on   0 

樹林帯&無風の影響で結露はしまくったが、床に水溜まりが出来るほどではなかった。
吸水スポンジで内部の結露を拭いてから、朝ご飯とパッキング。

20190827a.jpg
6:03 パッキング完了。

19,8,26 光岳~聖岳周回3days(ソロ)(2日目)

Posted by あつぷり on   0 

午前3時にアラームをかけていたが、アラームが鳴る前に目が覚める。
10時間近くも寝てしまった。

シェルター内の結露を給水スポンジで拭き、シェルターを軽量化。
朝食のカロリーメイト1箱(4本)を食べながらパッキング。
シェルターの外壁の夜露も吸水スポンジで拭いてから畳む。

20190826a.jpg
4:17 パッキング完了。
忘れ物がないか、キョロキョロしてから歩き出す。
今日は標準CTが14時間15分の長丁場だが、そんなにかからないと思う。たぶん。。。

19,8,25 光岳~聖岳周回3days(ソロ)(1日目)

Posted by あつぷり on   0 

南アルプスは北アルプスと比べてアクセスが良くないので、人が少なく自然豊かな印象がある。
南アルプスには火山がない。長い年月をかけ海底が隆起し今の高山帯となったので、どことなく優しい感じがする。

今回は南アルプスの最南端、静岡県と長野県の県境の光岳から聖岳を縦走する。
従来なら光岳の登山口のある易老渡まで車で行けるが、台風の影響で路肩が崩落し車両は全面通行禁止となっているので、芝沢ゲートに車を停めて歩いて登山口まで行かなければならない。
芝沢ゲートから易老渡登山口まで、徒歩で約90分約5.1kmなので、往復で約3時間、約10kmの林道歩きがプラスされる。
(詳しくは飯田市のHP)
林道歩きがプラスされ少しハードルが上がっているので、静かな山旅ができる今がチャンスだ。

20190825b.jpg
(超便利機能ヤマプラより)
1日目:芝沢ゲート~易老渡登山口~易老岳~光岳小屋~光岳~光石~光岳小屋(CT10:20/13.7km)
2日目:光岳小屋~易老岳~茶臼岳~聖平小屋~聖岳~聖平小屋(CT14:15/17.9km)
3日目:聖平小屋~薊畑~西沢渡~聖光小屋~易老渡~芝沢ゲート(CT6:20/12.2km)
2日目のCTが14時間オーバーなのが少々気になるが、最終日に余裕を持たしているので大丈夫だろう。

17,7,9 北岳2days(2日目)(皆で)

Posted by あつぷり on   8 

今日は4時に間ノ岳へ向けて出発の予定。爆睡できたおかげで2時30分頃に目が覚める。
耳を澄ませると、なっきーさんがすでに準備を始めているようだ。流石です。
朝食のパンをかじりながらサブザックに必要なもの積める。

170709_03161401.jpg
3:16 8割方のハイカーが起きて準備をしている。
皆様、テン泊の醍醐味をよく理解していらっしゃる。

このカテゴリーに該当する記事はありません。