FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

19,9,21 美味いアルファ米を求めて(その2)

Posted by あつぷり on   0 

14,10,15 美味いアルファ米を求めて(その1)」から約5年も経ってしまった。

テン泊の山飯は、ウエットな食材をガッツリ担ぎ、コッヘルやフライパンを使って料理した方が、美味いし楽しい。
でも、小さな軽いザックで軽快に歩こうと思えば、ウエットな食材や重い調理器具は避けたくなる。
長期の連泊となると食後にコッヘルを拭いたペーパーまで削りたくなる。

先週の南ア4daysの食事計画(行動食は除く)は、
朝:「バランスパワービッグ」4~6本。
昼:小屋食(1000円~1500円ほど)
夜:アルファ米・カップ麺(小屋で買う)(400円ほど)。
実際は夜ご飯は小屋食を2回食べ、最終日はビールでお腹が膨れたのでアルファー米を食べなかったが。
なるべくザックを軽くしたい山行で、物資に恵まれているシーズン中の北アや南アだったら、このスタイルが一番のULだと思う。

となると、やっぱり大切なのは美味いアルファー米を見つける事。
カレーメシ系は美味いが、後始末が面倒で、ゴミもまあまあ出る。
晩ご飯が(小屋で買った)カップ麺とアルファ米なら、お湯を沸かすだけの作業なのでアルコールストーブで十分。
器具を拭く手間もないのでゴミも抑えられる。

20190921a.jpg
最近見つけたアルファ米。信頼と実績のある永谷園から発売された。
水で5分。お湯で3分とめちゃめちゃ優秀。他と比べると、ふた回りほどお高いが、これで美味けりゃ最強。

となると、他も試したくなる。
20190921a (1)
手あたり次第に買ってみた。まあ、災害時には役に立つし。
お山で地道に試していこう。
僕の美味いアルファ米を求める旅は始まったばかり。

19,9,5 BALANDE POWER BIG

Posted by あつぷり on   0 

最近、野営時の朝食や行動食にお気に入りのカロリーメイト。
パサパサ感を克服できたので、お山では最強の食べ物だと思う。パサパサ感の克服方法は「慣れ」。
忙しいお山での朝ごはんに、火器も器も使わなくて済む。当然後始末も楽。
袋めんに何かをトッピングするより栄養価も高い。
行動食でも、おにぎりやパンより栄養という面ではカロリーメイトの方が優れている。

カロリーメイトの在庫が少なくなってきたのでアオキに行くと、カロリーメイトが並んでいる下の段に目が行く。

20190905a.jpg
バランスパワービッグ。ハマダコンフェクト株式会社という会社が製造しているらしい。
見た目はカロリーメイトより美味そう。値段はこちらの方が20円ほどお安い。
カロリーやたんぱく質はカロリーメイトの方が多いが、カルシウム・鉄分・食物繊維はバランスパワーの方が多い。
日本製だし試してみよう。試すなら全種類。

まあ、お山での朝食や行動食は行動中に腹が空かないようにするための作業なので、美味いとか不味いとかどうでもいいのだが・・・。

14,10,15 美味いアルファ米を求めて(その1)

Posted by あつぷり on   2  0

固形燃料を使ってのほったらかし炊飯の研究が納得いく結果に終わったが、やはり実践的なのが「アルファ米」。
「アルファ米」は保存食や非常食として利用されてる事が多く、軽くて調理が簡単という理由で山飯にも利用されている。
たしかに、「アルファ米」は軽くて調理が簡単だが、美味くない。そして値段が高い。美味くて安い「アルファ米」があればいいと思う。

そこで最近気になっているのが、
141015_124930001.jpg
「水を入れてチンするだけシリーズ」。フライパンでも調理できる。
この商品に使われているお米は「パフライス」という。

14,10,14 ほったらかし炊飯(固形燃料20g)

Posted by あつぷり on   0  0

先日失敗した ほったらかし炊飯(固形燃料30g)。固形燃料が大きすぎて焦げてしまった。

140930_151015002.jpg
今日は固形燃料20gで1合の米をほったらかしにして炊いてみる。

14,10,6 ほったらかし炊飯(固形燃料30g)

Posted by あつぷり on   2  0

久々の山飯研究。
ネットで見つけたのだが、メスティンで固形燃料を燃え尽きるまでほったらかしにして炊飯できるらしい。
ただ、使用する固形燃料の重さが20g~30gと、レポによってバラバラ。固形燃料の重さは加熱時間を決める大事な要素。
早速研究してみる。

今回は固形燃料30g。
140925_135515001.jpg
準備するものは、「trangia(トランギア) メスティン TR-210」「 Esbit(エスビット) ポケットストーブミリタリー(固形燃料14g×6個付)」「無洗米」「固形燃料30g」



13,7,5CUP NOODLE KING

Posted by あつぷり on   0  0

山飯で今までもこれからも活躍間違いないのは、やはりカップヌードル。
山の上では、カレー味でもなく、シーフードでもなく、ノーマルのカップヌードルが合うと思う。

そのカップヌードルのKINGが昨年のの1月に発売されていたらしい。
今日初めて見たので買ってみた。

DSC00920_convert_20130705215321.jpg
KINGはカップとフタとの印刷の方向を合わせていないのが気になるが、でかい。

気になる必要なお湯の量は、300ml 410ml 520ml
1食分の重さは 77g 99g 120g
カロリーは 343kcal 437kcal 537kcal
味は・・・食べ比べないとわからないが、平地ではそんな気になれない。

KING・・どの山で食べようかな・・

13,6,18 サラスパ 完結編

Posted by あつぷり on   0  0

今年の2月27日、雪の中の日野山でやった「茹で汁を出さないサラスパの研究」が、ほったらかしなのをふと思い出したので、その続きをやろう。

サラスパ200g(2人分)を茹で汁を出さずに作るには最低どれだけの水が必要か?以前は450mlでやったが、茹であがってから水分を飛ばすのに時間がかかり、サラスパがのびのびの状態になってしまった。

P6170001.jpg
その事を踏まえ今回は400mlで茹でてみよう。

13,6,10日清焼そば×2 完結編

Posted by あつぷり on   0  0

前回(5/28)の山飯研究の結論を出そう。
袋めんの乾麺をラーメンにするのに最低限必要な水の量を求める。

P6050001_convert_20130610200602.jpg
コッヘルに蓋をして、日清焼そば二袋を水400mlで作ると水が多すぎた。今回は前回の失敗を踏まえて水300mlで作る。

このカテゴリーに該当する記事はありません。