16,9,10 鹿島槍ヶ岳・針ノ木岳周回2days(ソロ)(2日目)

種池山荘のテン場にテントが4張しかなかったが、そのうちのええ年した男女2人組のテントがうるさくて何度か目が覚めたが、怒鳴りに行くほどでもなかった。
2時半頃に目が覚め、外を覗くと満天の星空。昨日ガスガスな1日だったので、テンションが上がって目が覚めてしまった。
ほとんど風がなかったので、テントのフライシートは外は夜露で中は結露でビショビショ。インナーテントも濡れていた。
行動着に着替え、朝食のどん兵衛のリフィルを食べる。
水分をたっぷり含んだテントを担いで歩くのはキツイので水をタオルで拭いてからテントをたたむ。

160910_04404301.jpg
4:40 パッキング完了。寒いのでウインドシェルと合羽を重ね着して歩き出す。

続きを読む

スポンサーサイト

16,9,9 鹿島槍ヶ岳・針ノ木岳周回2days(ソロ)(1日目)

立て続けの台風や前線で、 北海道や東北をはじめ被災した地域の1日でも早い復興復旧を祈ってます。被災者の方々のご苦労を考えると、「台風のせいで山に行けないやんか!」などと考えている自分がしょうもない人間に思えてきます。
「今まで大丈夫だったから」とか「家に限って」と言う考えはそろそろやめた方がいいと思う。ハザードマップをもう一度広げてみるいい機会だ。

今回は1泊2日で北アのほぼ中心にある後立山連峰の最南端の針ノ木岳。先月としパパさんと登った剱岳を眺めるには最高のお山だ。日本二百名山と新・花の百名山に選ばれている。
針ノ木岳は扇沢からのピストンが一般的だが、扇沢を起点として針ノ木岳から後立山連峰の稜線を種池山荘まで歩く周回コースも有名。このコースは先月レジェンドなっきーさんが蓮華岳にも登頂して1日で周回された。さすがLegend、真似はできない。

ちょっと頑張る事のできる普通のおじさんの実力にあった計画を立ててみる。
1日目は、扇沢から柏原新道を登り種池山荘でテントを設営。これで1日目を終えるのはもったいないので、不要な荷物をテントにデポし、鹿島槍ヶ岳をピストン。標準CT13時間のコース。ええ、お盆休みに仲間と登る予定だった鹿島槍ヶ岳。抜け駆けです。
2日目は種池山荘から新越山荘を経て針ノ木岳に登り、扇沢へ下りる標準CT10時間45分のコース。
1日目の行動時間が長くなるが、テン泊装備を担ぐのは最初の4時間だけ。あとの9時間は身軽なサブバックでの行動になるので何とかなるだろう。

前日の夕方に自宅を出発。
160908_001.jpg
市営の無料駐車場を目指す。
ちなみに第1、第2駐車場は12時間1,000円(以降12時間毎に1,000円加算)。第3、第4駐車場は24時間1,000円(以降24時間毎に1,000円加算)。連泊予定の登山者には無料駐車場が人気。

続きを読む