17,1,26 銀杏峰2days(なっきーさんと)(2日目)

銀杏峰の夜は背中が寒かった。しっかり着込んだ上に、シェラフを-14度までいけるとされている「finetrack(ファイントラック) ポリゴンネスト12×8」を使ったので背中以外は暖かかったが、マットを夏用の「シートゥーサミット ウルトラライトマット」にエマージェンシーシートをかぶせて使ったので、背中がめちゃめちゃ寒かった。背中の熱でテントの下の雪が溶けてくぼみができる程、体温を奪われた。背中が冷えたら寝返りを打って体の右側を下にしたり、体の右側が冷えると、寝返りを打って左側を下にしたり・・・。何度も目を覚まして、地面に接する体の位置を変えることで睡眠を確保した。
雪山テン泊でだマットも大事な事を痛感した。

5時ごろお隣のテントのなっきーさんが行動を開始したので、僕も起きる事にする。

170126_06110302.jpg
朝食を作ろうとしたが、プラティパスの中の水が凍っている。当たり前か・・・。

続きを読む

スポンサーサイト

17,1,30 酵素ファスティング(1日目)

酵素ファスティングは、酵素をとりながら断食するプログラム。
最近よく耳にするので少し勉強してみた。

170130_08425311.jpg
酵素は人にとってなかなか重要。

続きを読む

17,1,25 銀杏峰2days(なっきーさんと)(1日目)

今季の冬は雪山テン泊デビューをしようと思い、準備をしてきた。夏山なら未だしも、雪山テン泊デビューを1人でする程度胸はないので、仲間で唯一雪山テン泊の経験者のなっきーさんにラブコールを送り続けていると、銀杏歩のテン泊のお誘いが来た。冬の銀杏峰は何度も登った事があるし、テン泊をしたいと思っていたので有難く御一緒させて頂く。いろいろ勉強させて頂こう。

当日3時30分起床。防寒具をたっぷりと詰め込んだサックを車に乗せ、銀杏峰へ。
ファミリーマート大野春日店で朝食を食べているとなっきーさんが。そのまま2人で銀杏峰へ車を走らせる。

170125_05191501.jpg
5:19 宝慶寺いこいの森入口特設駐車場。ここで積雪は1m程。ハードラッセルな予感。

続きを読む

17,1,18 日野山(萱谷コース)(ソロ)

今期最強寒波のおかげで、お山の雪が増えた。銀杏峰の積雪量が気になるが、2年ぶりに日野山に登る。コースは一番好きな萱谷コース。

170118_09015701.jpg
日野山萱谷コース駐車場。萱谷の集落まではバッチリ除雪されていたが、集落から駐車場まではされていなかった。
ここの駐車場は5台ほど駐車できる。

続きを読む

17,1,6 銀杏峰(ソロ)

晴れの日を狙って、雪上テン泊の練習の地として狙っている銀杏峰へ。

170106_08361301.jpg
8:36 宝慶寺いこいの森キャンプ場駐車場。
1月なのに、この雪の少なさ。
登山計画書は福井県警察本部生活安全部地域課指導係へ電子申請。電子申告したら、下山後下山届も忘れずに。

続きを読む

17,1,1 文殊山(ソロ)

明けましておめでとうございます。
今年もアスリートでない偏平足だが頑張る事のできる普通のおじさんの自己満足の為の自己記録のブログですが、温かい目で見守ってやってください。

2016年の大晦日は自宅で「紅白」を見ながら酒を飲み、「ゆく年くる年」を見てから歩いて地元の神社へ。
キレイな星空の下、地元の氏神様にご挨拶ができ、今年も良い年にしていこうと思う。

午前5時のアラームで起床。高校受験を控えた息子の塾の正月特訓の弁当を作らなければいけない嫁さんを起こさないように静かに準備を始める。

170101_05494701.jpg
5:49 文殊山二上駐車場。
毎年恒例となった文殊山の元旦登山。今年は雪が全くないので混む予感。早めのスタート。

続きを読む