14,9,10 白山三山登拝(ソロ)

今年の大きな目標の一つ、白山連峰の別山・御前峰・大汝峰にある三つの神社を一日で参拝する「白山三山登拝」。
標準CT16時間40分。沿面距離約32km。累積標高3000m以上。
挑戦するには、躊躇してしまう数字だ。でも、「俺ってどこまでできるねん?」という気持ちもある。
このコースは昨年、御前峰と大汝峰は登らずに巻道を歩いたが、テン泊で二日間かけて歩いているので、それを一日で歩く厳しさも想像がつく。

おっさんの身勝手な挑戦の為に、警察や消防・救助の方々を始め、人様に迷惑をかける事は言語道断。でも挑戦したい。
中秋の名月の翌日(9/9未明)が「スーパームーン」、しかも天気もよさそうだ。よし、やろう。
果敢に難しい山の天気をピンポイントで予報する、ある意味無謀な、ある意味挑戦的なサイト「てんきとくらす」を見ながら出来る限り入念に、臆病に準備をして挑む事にする。

今まで使用していた「モンベル コンパクト ヘッドランプ」は最高でも26ルーメンと明るさなので、7月15日に白山を周回した際に1時間ほど真っ暗な山道を歩いた時に、明るさに不安を感じた。
140911_191022113.jpg
今回から導入するヘッドライト「ブラックダイヤモンド スポット」130ルーメンという明るさで、最低限の機能を装備している。シンプルな操作と機能のわりにはお安く感じたので購入。

午前0時に登り始めて休憩なしで標準CTで歩いて、16時40分に下山。途中の休憩を考えると、早めに出発したい。
21時30分に自宅を出発。途中、久々に「吉野屋」で大盛りを食べる。昔は席に座ったままお会計ができたのに、レジに伝票を持って行ってからのお会計と「吉野屋」らしからぬシステムに少し戸惑うが、普通に美味かった。
140909_232824001.jpg
23:28 市ノ瀬駐車場。準備完了。夜通し歩くので、今日の昼間に昼寝をしたかったが、なんやかんやで1時間ほどしかできなかった。

140909_232911002.jpg
自宅で作成した登山届を提出。

140909_233207003.jpg
23:32 別山登山口。いよいよ「白山三山登拝」のスタートだ。

140909_233909005.jpg
スーパームーンも薄雲の向こうから、明かりを照らしてくれている。月の好きな嫁さんも見ているかもしれない。

140909_234212006.jpg
新しいヘッドライトはめちゃめちゃ明るい(実際は写真より明るい)。これなら十分歩ける。

140909_235329008.jpg
一度歩いた事があると言っても、標識があると安心できる。

140910_001828009.jpg
0:18 市ノ瀬より2.4km地点。最初の参拝、別山神社まで7.0km。

140910_004501010.jpg
0:45 水飲場。

140910_011606013.jpg
明るいヘッドランプと言えども、目からの情報量が極端に減るので、慎重に歩くしかない。

140910_012122014.jpg
1:21 市ノ瀬より4.7km地点。別山までの中間地点だ。この標柱、昨年は倒れていたのに直っている。

140910_021105021.jpg
チブリ尾根避難小屋まであと100m。

140910_021349022.jpg
2:13 チブリ尾根避難小屋到着。中には誰もいなかった。行動食を食べながら休憩。

140910_022841023.jpg
2:28 15分ほど休憩して小屋の外に出ると、眩しいぐらいの「スーパームーン」応援してくれているみたいだ。

140910_022928024.jpg
この調子だと、別山山頂でご来光を迎えるには早すぎるが、先に進もう。

140910_033401025.jpg
御舎利山手前の坂。荷物が軽いので、楽に登れる。

140910_033526026.jpg
3:35 御舎利山山頂。寒い。ウィンドブレイカーを着る。いつもはタイツに短パンというスタイルだが、タイツに長ズボンで正解だった。

140910_033851027.jpg
別山まで500m。

140910_035024029.jpg
3:50 1つ目の神社、別山神社に到着。

140910_035007028.jpg
家族1人1人の幸せと、今回の山行の無事を祈願。

140910_035221030.jpg
別山(2399m)山頂。行動食とアミノ酸を補給。止まっていると手がかじかんでくる。手袋を防寒用の手袋に変更。

140910_041352031.jpg
4:13 次の目標は水場のある南竜ヶ番場。

140910_045656034.jpg
4:56 空が少し明るくなってきた。

140910_051053035.jpg
5:10 天池。ここで粘ったら、天池にご来光が映って(逆さご来光?)凄い写真ご撮れそうだが、「白山三山登拝」という大きな目標を優先。先に進む。

140910_052202036.jpg
御前峰が姿を現す。

140910_052651037.jpg
タカネマツムシソウ。もう終わりみたいだ。

140910_053001038.jpg
ハクサンフウロとヤマハハコ。

140910_053109039.jpg
南竜山荘が見えた。

140910_053332041.jpg
雲がかかっていて、ご来光は見えないかも。

140910_054001042.jpg
油坂を下りている最中に日が昇ってしまった。

140910_061148045.jpg
南竜ヶ番場の湿原は秋っぽくなっている。

140910_061257046.jpg
ここにくると、昨年、嫁さんとテン泊したのを思い出す。

140910_061829047.jpg
テン場には4張りのテントと完全に潰れて布団化している1張りのツエルト。水は1ℓ以上残っているので補給なし。

140910_062316048.jpg
6:23 南竜山荘到着。別山からの標準CTは2時間10分なのに、実際は2時間30分近くもかかっている。
でも、今日は急がない。南竜山荘のベンチに腰を下ろし、ミックスナッツを食べながら休憩。

140910_063914050.jpg
南竜山荘から室堂まで、最短CTのトンビ岩コースを選択。

140910_064843051.jpg
初めてのコースだ。

140910_065317052.jpg
石がたくさんあるが、綺麗に整備されている。

140910_070328053.jpg
今日はもの凄いいい天気になりそう。

140910_070923054.jpg
チングルマ。

140910_071918059.jpg
振り向くと別山。遠くまで歩いてきた。

140910_072213064.jpg
7:22 トンビ岩到着。

140910_072145062.jpg
お!トンビ岩に!トンビじゃないか・・・。

140910_072155063.jpg
トンビ岩。トンビの形をしているので、そう呼ばれているらしい。

140910_072422067.jpg
御前峰。少し紅葉が始まっている。

140910_073631068.jpg
お!室堂が見えてきた。

140910_073910069.jpg
ムカゴトラノオ。

140910_074040070.jpg
7:40 室堂到着。今回の山行のちょうど中間地点。
空の水筒に粉末のポカリを入れ、水を補充。最近、なるべく水分補給は水ではなく、スポーツドリンクでするようにしている。

140910_074305071.jpg
室堂に入って情報収集。今年はクマさんが多いと聞いていたが、まさかここまで多いとは。
9/10 6:40頃って1時間前やんか!お池大回りコースか・・。今から歩く、御前峰を大汝峰の間が怖いな。

140910_075150072.jpg
7:51 一礼をして鳥居をくぐり、白山奥宮を目指す。

140910_075906073.jpg
イワギキョウ。

140910_080359074.jpg
8:03 青石と別山。ここから天上界。

140910_082319076.jpg
8:23 2つ目の神社、白山奥宮に到着。家族1人1人の幸せと今回の山行の無事を祈願。

140910_082529077.jpg
山頂に誰もいない!

140910_082601078.jpg
8:26 御前峰(2702m)山頂。

140910_082612079.jpg
お決まりの別山と室堂の2ショット。

140910_082637080.jpg
こちらも大汝峰と剣ヶ峰の2ショット。やっぱり山は晴れがいい。
北アルプスも見えたが、ゆっくりもしていられない。先に進もう。

140910_085227082.jpg
油ヶ池の水が少ししかないのに驚いた。山は晴れがいいが、やっぱり雨も必要。

140910_085517083.jpg
紺屋ヶ池の水も少ないような気がする。
ザックも持たずに、ダウンジャケット姿で先を歩いていた夫婦に声をかけられる。
「室堂に戻りたいんですが・・。」
後ろからこの二人の姿を見ていて、凄く違和感を感じていたが、この二人、自覚はないと思うが完全に遭難している。
僕が持っている地図を広げると、2人とも食いつくように地図をのぞきこむ。
地図も持っていないのか・・・。
奥さんは「昔、通った時はこんななんじゃなかった」と。
旦那さんはしばらく地図を眺めて「室堂ってどこですか?」

コンパスも持ってなさそうなので、北も南も解らないようだから、しばらく一緒に歩く事にする。

140910_090555084.jpg
お池の中で一番好きな翠ヶ池。

140910_091305085.jpg
血ノ池。

140910_091505086.jpg
ここまでこれば大丈夫。室堂まで1kmで1本道。30~40分歩けば室堂が見えてくると説明。
お二人とはここでお別れ。僕とお二人以外の人影は見当たらなかったので、お手伝いできて良かった。
クマさんの事は、あえて言わなかった。出会わない事を祈ろう。

140910_091849087.jpg
9:18 大汝峰登山口。少しタイムロスしたが、人命より大切なものはない。
少し登って振り返ると、先ほどの夫婦もこちらを見ている。

140910_092845088.jpg
剣ヶ峰と御前峰。もう、夫婦の姿は見えない。室堂に向かって歩きだしたみたいだ。

140910_093217089.jpg
9:32 3つ目の神社、大汝神社に到着。家族1人1人の幸せと今回の山行の無事と先ほどの夫婦の無事を祈願。
目的のすべての神社に参拝する事ができたが、「白山三山登拝」は釈迦新道で市ノ瀬まで無事下山して達成のような気がするので、気を抜く事ができない。

140910_094007091.jpg
しばらく休憩して歩きだす。ここから異様なほどクマさんのフンがあった。

140910_100839092.jpg
10:08 御手水鉢。

140910_100907093.jpg
うん。ちゃんと水がある。

140910_102106094.jpg
10:21 七倉ノ辻。ここからは下りが続くので、しっかり休憩と行動食をとる。

140910_103425095.jpg
四塚山。いつか加賀禅定道も歩いてみたい。

140910_105512096.jpg
少し秋を感じる。

140910_105747097.jpg
釈迦新道は長い。足の裏の痛みが激しくなってきた。

140910_110344098.jpg
終盤を迎えているお花が多い。

140910_112630100.jpg
タテヤマウツボグサ。

140910_122102101.jpg
12:21 釈迦岳前峰。休憩していると、眠気が襲ってくる。

140910_122113102.jpg
大汝峰と御前峰。

140910_122124103.jpg
別山と明け方通った稜線。今まで歩いてきた山と稜線を眺め自画自賛。
眠気と戦いながら休憩を十分取り、再び下山開始。

140910_130512104.jpg
歩きだすと足の痛みが眠気を追い払ってくれる。

140910_131807105.jpg
13:18 市ノ瀬まで6.2km地点。ここまで来たら、明るいうちに山を下りる事ができるので、怪我をしない様にゆっくり下りて行こう。

140910_133525106.jpg
13:35 水飲場。ザックを下ろして休憩。眠気はほとんど無くなった。

140910_133951107.jpg
疲れている時は怪我をしやすいので、ゆっくり慎重に歩く。

140910_142019108.jpg
14:20 釈迦岳登山口。やっとここまで歩いてきた。登山口のベンチで大休憩。柿ピーを食べていたら、また眠気が・・・。

140910_143414109.jpg
釈迦岳登山口から市ノ瀬まで4km。長い林道が続く。
足の裏の事を考えない様にしても痛いので、足の裏に全神経を集中させてみても、やっぱり痛かった。

140910_150816110.jpg
15:08 市ノ瀬まで1.9km。ここまで来たらもう少し、再び登山道を歩く。

140910_154313111.jpg
15:43 市ノ瀬駐車場。「白山三山登拝」できた。今回の達成感は半端無い。
標高260mの下市山に登るのも、必死のパッチだったアラフォーのおっさんが、2年弱、山と普通に真面目に向き合うと、ここまで成長できると証明した。登山を始めてホント良かった。

車のシートが汚れないように大きめのバスタオルでシートにカバーをして、すぐに温泉へ行きたかったが、足の裏が痛くでサイドブレーキの解除ができない。今の状態だと、車の運転が危ないので、しばらく休憩してから運転しよう。

140910_161432112.jpg
今日は「白峰温泉総湯」で汗を流す。大好きな露天風呂はないが、なかなか綺麗な温泉だった。

140911_120824002.jpg
今日のログ。沿面距離31.938km。累積標高3180m。行動時間16時間15分(休憩含む)。

140908_120000001.jpg
今日の標高グラフ。

以前2日間で歩いた六甲全山縦走の2日間の合計が
沿面距離45.208km。累積標高(+)3486m(-)3480m。行動時間15時間6分(休憩含む)。
六甲全山縦走のコースは、白山と比べ物にならない位、綺麗に整備されているので、今回のように夜中に出発したらスルーハイクできるかも知れない。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あつぷりさん、こんばんは。

北ア5日間山行から2週間経たずに白山三山登拝30km超え山行って…どんだけどエ…なんですか!(笑)

夜中にスタートもドキドキですが、真っ暗の中で行動食を頬張りながら休憩って、精神的に辛そう(笑)。

あの時間に逢ったご夫婦は室堂で宿泊されてたのでしょうかね?
無事着いたでしょうね。

あつぷりさん、大汝峰ポーズ~ぅ。(笑)


しかし30km超え、行動時間16時間凄いな~。
本当に2年でここまで進化するんですね。
私、他人事ですが(笑)。
あと、毎度の事ながらあつぷりさんの徹底した下調べと準備は感心します。
見習わなければ。

No title

本当にお疲れ様でした。

以前白山三山周回をおススメしましたが、本当にやってしまわれるとは。。。
健脚のあつぷりさんでも16時間の山行、私だといったい何時間かかるのだろう?
というかまず1日では間違いなく無理ですね。

真っ暗なチブリ尾根を登られたのもさすがです。
怖くなかったですか?

ナイトハイク

白山三山登拝おめでとうございます。
二年で凄い進化ですね。

足の裏は自分あまり痛くなりませんが左膝をすぐ痛めます・・・
あつぷりさんは膝が丈夫そうで羨ましいです。
しかし真夜中のチブリ尾根に突撃するとはあつぷりさんも結構イケイケですね!
白山のご来光ナイトハイクお奨めですよ^^

No title

あつぷりさん こんにちは。

最初、ブログを開いたとき、ヘッデンの写真が目にはいったので、道具のレポかな?と軽い気持ちでよみはじめたら。。。衝撃の内容でした!

昼間歩いても恐ろしい別山の尾根を、暗い中走破されたり、トンビ岩登って、3山制覇して、市ノ瀬に3時すぎに戻られたり(@_@;)

あつぷりさんの二年間に敬意を表します!

Re: タイトルなし

のぶ~さん こんにちは。

白山三山登拝、疲れました。ここまで来ると、アスリートの方々の領域かもしれません。

あのご夫婦は、室堂泊まりだったと思います。奥さんの方は、体力に余裕があったので、無事到着していると思います。

いやいや、大汝峰ポーズ無理ですから・・・(笑)

Re: No title

よっし~さん こんにちは。

白山三山登拝、やっちゃいました。

山行計画をたてているときは、真っ暗なチブリ尾根を数時間登るのは不安がありましたが、いざヘッドランプを付けて歩きだすと、全く怖さはありませんでした。
でも、天池あたりで少しずつ明るくなってきた時は、やっとナイトハイクが終わったと思いました。
暗い山道を歩いている時は、すごく緊張していたんだと思います。

Re: ナイトハイク

なっきーさん こんにちは。

ありがとうございます。恥ずかしいタイムですが、無事予定のコースを歩く事ができました。今の僕の実力では、ほんとに頑張ったと自分を褒めています。

ナイトハイクができるようになると山行計画の幅が広がるので、やってみたかったです。
これで、六甲全山縦走のイメージができました。

膝は時々痛くなりますが、今回は大丈夫でした。問題は足の裏です。
インソールをいろいろ試してみたり、靴下をいろいろ試してみたり・・・。これさえなければと、苦労しています。

ご来光ナイトハイクは、もう少し遅い時間にスタートで行けそうです。

Re: No title

ツギロウさん こんにちは。

僕も山に登り始めた頃は、2年間でここまで歩けるようになるとは思っていませんでした。
ブログを通じて知り合った先輩方が、無責任に背中をグイグイ押してくれたおかげです。

単独行が多いので、ブログをしていなかったらここまでできる事はなかったと思います。
僕はアスリートではないので、記録は求めませんが、自分なりの挑戦はしていきたいです。
ツギロウさんも、これからが楽しみですね。

No title

あつぷりさん、こんばんわ。

ぎゃー!!!あつぷりさんやっちゃった。このおそろしーコースを夜中から歩き始めて。。。益々どえむっぷりが加速されていらっしゃるように感じるのは、青レンジャーだけでしょうか???夜中の登山道は静かで少しガサガサ草が揺れただけでもきょわい。。。凄いです、あつぷりさん。今年はブナが不作でクマさんがよく人里に出没しているので、余計に怖いです。。。

ブラックダイヤモンドいいですよね~。青レンジャーも90ルーメンでは物足りず、ブラックダイヤモンドStormを買いました~。ちょっと重いけど。。。

時々、大丈夫かな?(まあ、青レンジャー自身も思われているかもしれないが。。。)という人、いますよね?でも、声をかけられない限り何ともできないですよね。。。いや・・・今日行ったお山でそういった人達を見たので、やっぱり声をかければよかったのかな。。。

Re: No title

青レンジャーさん こんにちは。

やっちゃいました。標準CTギリギリでしたが、なんとか歩きました。
「どえむ」?「すといっく」の間違いでは?
今年はクマさん、凄く多いみたいですね。「130ルーメンで眼つぶし!」とか思ってましたが、考え直します。

お!ブラックダイヤモンドのストームですか!スポットと迷ったんですが、安い方にしてしまいました。ストームだと、ハイレベルな防水ですし、さらに強力な「眼つぶし!」ができますね。

あの御夫婦、最初は早口で何言っているのか解らないぐらい情緒不安定でした。でも、向こうから困っていると意思表示してくれたので、よかったです。こちらから見た目で判断して、声をかけるのは難しいと思いますよ。
プロフィール

あつぷり

Author:あつぷり
1973年生まれの普通のおっさんです。長女(看護学校3年)次女(短大2年)長男(高1)の父もやってます。

2012年11月本屋で「わくわく登る福井の50山」に出会い、嫁さんとトレッキングを始めました。最終目標は富士山登頂ですが・・・・。

自己満足の為の自己記録のブログですが、温かい目で見守ってやってください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる