17,6,24 市ノ瀬~別山~赤兔山周回(ソロ)

まったり山行もいいが、たまには30kmを越えるロングを歩いて、自分を"いぢめ"なければならない。
近場でロングコースを楽しめる白山。1番メジャーななロングコースは標準CT16時間40分、沿面距離約32km、累積標高3000m以上の「白山三山登拝」。が、「釈迦新道」の「湯の谷橋付近」の林道で崩落が再度確認されて、当面の間通行止めとなっているので、今は歩けない。
北部はまだまだ雪が多い。。。う~~ん。

お!あ、あるじゃないか。この時期にッピッタリの昨年nakkiさんとkabukiyaさんが歩いたロングコース「市ノ瀬~別山~赤兔山周回」。
杉峠~赤兔山は以前から歩いてみたいと思っていたので丁度いい。

170625_13583502.jpg
「やまプラ」で線を引っ張ってみたが、どうしても三ッ谷と市ノ瀬が繋がらなかったので中途半端なコースになってしまった。
標準CT15時間30分ぐらい。午前3時に歩き出したら遅くとも18時には周回できそうだ。
杉峠を12時までに到着できなければ、杉峠から直接三ッ谷に下りる。

なんか萌えてきた。

前日の午後8時頃に自宅を出発。車中泊をして明日に備える。

170624_03184701.jpg
3:18 車中泊が心地良すぎて少し2度寝をしてしまった・・・。予定より少し遅れて出発。

170624_03200502.jpg
その前に自宅で作成した登山届を提出。

170624_03202003.jpg
石川県も来月から義務化される。

170624_03331104.jpg
まずは、チブリ尾根で別山を目指す。

170624_03332205.jpg
日の出を待って歩き出し、体力や判断力の弱った終盤で闇の中を歩くより、元気な時にナイトハイクをして、明るいうちに歩き終えるプランの方が安全。

170624_03383806.jpg
チブリ尾根は何度も歩いているので、暗くても平気。

170624_03420807.jpg
フタリシズカ。

170624_03442308.jpg
3:44 猿壁。

170624_04004409.jpg
サンカヨウは実になっている。

170624_04014010.jpg
アカショウマかな?

170624_04252811.jpg

170624_04255112.jpg
4:25 水場。このコース、ここからゴール手前の小原峠を過ぎたところまで水場がない。

170624_04382113.jpg
タニウツギ。明るくなってきた。

170624_04572814.jpg
御前峰はどんよりしている。

170624_05095015.jpg
最近下草を刈ってくれたみたいだ。感謝。

170624_05153916.jpg
アカモノ。

170624_05175517.jpg
後方に今日のターゲット「赤兔山」確認。

170624_05225518.jpg
ゴゼンタチバナ。

170624_05230219.jpg
マイズルソウ。

170624_05243820.jpg
ツマトリソウ。

170624_05355321.jpg
ハクサンチドリ。

170624_05371522.jpg
前方に別山確認。

170624_05400123.jpg
コイワカガミ。

170624_05434624.jpg
御前峰の山頂にガスがかかっている。

170624_05435025.jpg
御舎利山と別山の雪はほとんど溶けている。

170624_05441926.jpg
鳩ヶ湯新道の向こうにポコッと見えるお山は願教寺山。

170624_05461927.jpg
イワナシ。

170624_05514228.jpg
トレイル上に残雪。問題なく歩ける。

170624_05540329.jpg
5:54 チブリ尾根避難小屋。

170624_05553530.jpg
アミノ酸注入。

170624_06273231.jpg
ダークなショウジョウバカマ。

170624_06344432.jpg
御舎利山の取りつきにも所々残雪。

170624_06535033.jpg
その後は完全に夏道。

170624_06541334.jpg
コメバツガザクラ。

170624_06591935.jpg
6:59 御舎利山(2380m)山頂。

170624_06592436.jpg
御前峰方面。

170624_06593537.jpg
別山方面。

170624_07021838.jpg
ミヤマダイコンソウ。

170624_07054339.jpg
ハクサンイチゲ。

170624_07104940.jpg
別山神社へ参拝。

170624_07120541.jpg
7:12 別山(2399m)山頂。

170624_07121442.jpg
別山平・三ノ峰方面。かなり雪が少なくなってきている。

170624_07123943.jpg
御前峰方面。

170624_07173044.jpg
ハクサンイチゲが凄い。

170624_07191745.jpg
かわええ~。

170624_07242846.jpg
天気は良くないが、視界は良好。

170624_07284847.jpg
ハクサンイチゲ全盛期。

170624_07310448.jpg
少し御手水池が現われている。逆さ別山のチャンス。

170624_07351549.jpg
逆さ別山。ええ感じ。

170624_07482350.jpg
ムラサキヤシオツツジ。

170624_07502851.jpg
ハクサンタイゲキ。

170624_07552752.jpg
ニッコウキスゲの蕾。

170624_08110353.jpg
別山を振り返る。

170624_08123554.jpg
8:12 三ノ峰(2128m)山頂。

170624_08144155.jpg
三ノ峰避難小屋。ハイカーの姿が増えてくる。

170624_08155856.jpg
少し開いているニッコウキスゲ。

170624_08212657.jpg
赤兔山、遠い!

170624_08272258.jpg
今から歩く鳩ヶ湯新道の稜線。今日は羽虫がすごい。

170624_08281059.jpg
ツバメオトモ。

170624_08292060.jpg
ハクサンイチゲ。

170624_08364161.jpg
ニガナ。

170624_08383062.jpg
第2ベンチ。

170624_08383663.jpg
荷物がデポしてある。辛くて荷を軽くしたのかな?

170624_08402464.jpg
ここで行動食。マヨ系のおにぎりはカロリーが高い。

170624_08421065.jpg
赤兔山が近くなった気がする。

170624_08474566.jpg
グンナイフウロ。

170624_08485067.jpg
ハクサンチドリ。

170624_08514168.jpg

170624_08564369.jpg
カラマツソウ。

170624_09083170.jpg
アカモノ。

170624_09110171.jpg
ちょいちょい赤兔山を確認してしまう。

170624_09244972.jpg
9:24 六本檜。少し休憩。

170624_09272973.jpg
やはり六本檜を過ぎると、トレイルの雰囲気が変わる。

170624_09395374.jpg
クマザサゾーンはトレイルが不鮮明になる。
前方からソロの山ガール(20代だと思う)が。三ノ峰に行くつもりが、六本檜で間違えて赤兔山方面へ歩いていたらしい。
普通では考えられない間違いだが、お山の中では起きてしまうって事か・・・。
まだまだ体力が残っていそうだったので、見送る。

170624_09511475.jpg
暑い。。。ミネラル補充。
スマホを片手に歩いているソロの男性ハイカーさんに追い付く。上小池から赤兔山を目指しているが、予想外のアップダウンに戸惑っているご様子。しばらくお話をさせて頂いて、いけるところまで行って引き返すとの事。
僕もやんわりと引き返す事を勧めておく。

170624_10002976.jpg
容赦なく気温が上がって来る。

170624_10133377.jpg
10:13 杉峠。12時までに到着したので、予定通り赤兔山を目指す。

170624_10182878.jpg
杉峠を過ぎても微妙なアップダウン。普段なら何とも思わないような登りでも辛い。

170624_10263979.jpg
こまめに行動食を摂る。

170624_10361480.jpg
ギンリョウソウ。

170624_10412181.jpg
滝汗が止まらない。ポカリを3.5リットル担いできてよかった。

170624_10560182.jpg
久々の標柱も読めず。

170624_11054483.jpg

170624_11124184.jpg
展望がない、同じような景色が続く。

170624_11251285.jpg
滝汗をかきながら同じ様な景色を歩いていると、刺激が欲しくなる。
超高級ドーピング剤「SUPER ENERGY!」
フルーツ&ジンジャー味のマズさは刺激十分。マズくて笑えてきたのは久々。
まとめ買いしたことを後悔。

170624_11335786.jpg
ツクバネソウ。

170624_11453487.jpg
登りが増えてきた。裏赤兔山に近づいてきたみたいだ。

170624_12104888.jpg
ああ!ついに赤兔山避難小屋確認!
その前にあの急坂を登らなければならない。。。
トレイルの真ん中に座り込んで体力を回復させる。

170624_12271789.jpg
ベニドウダン。

170624_12293390.jpg
急坂の途中で休みながら別山を眺める。遠くから歩いてきた。

170624_12401591.jpg
急坂を登りきるとキスゲ。

170624_12432093.jpg
12:43 赤兔山避難小屋。ハイカーの多さにびっくりする。
赤兔山に来たのは4年ぶり。

170624_12444794.jpg
ここは公園か?

170624_12454695.jpg
赤池湿原はカエルだらけ。

170624_12455496.jpg
ここは天国か?

170624_12493897.jpg
こんな階段はなかった。

170624_12505198.jpg
赤兔山はオサレなハイカーさんが多い。女性はもちろん男性もカラフルだ。真っ黒のオレって・・・。

170624_12573799.jpg
今日1番のベッピンさん。

170624_125841100.jpg
12:58 赤兔山(1628m)山頂。ついに別山と赤兔山を繋いだ。

170624_125951101.jpg
あそこから歩いてきた達成感を噛みしめる。
まだゴールではない。歩こう。

170624_130850102.jpg
大船分岐。4年前は、「この先ルート不鮮明」の注意書きがあったが、今はない。しかも標柱に「経ヶ岳5.1km」の文字が。
赤兔山はお子様や見るからに初心者ハイカーさんが多いが、下りは段差が大きい所があり、危険な個所もある。
にもかかわらず、マニュアル通り道を譲ってくれようとする。まあ、汗と埃まみれの真っ黒なオッサンが熊鈴を鳴らしながら後ろから来たら、道を譲りたくなる気持ちはわかるが、もっと安全な所まで下りてから譲ってくれていいと思う。
激混みの登山道で、「お前ら遅いから道を譲れよ」なんて思うやつはあんまりいないと思う。
「お待たせしました」って嫌味っぽく道を譲ってもらった時は、「待ってねーよ!」って笑顔で心の中でつぶやいた。

170624_132319103.jpg
13:23 小原峠。
たくさんのハイカーさんが休憩している中、1人だけ越前禅定道へ歩いて行く。キジ打ちではないですよ。

170624_132450104.jpg
これが地図にも載っている「石仏」か。手を合わせる。

170624_132502105.jpg
ここからも初めて歩く。

170624_132735106.jpg
急坂にはまあまあ新しいロープ。

170624_133054107.jpg
トレイルは鮮明。

170624_133219108.jpg
ミヤマカタバミ。

170624_133410109.jpg
シナノキンバイかな?

170624_133652110.jpg
越前禅定道、なかなかいい雰囲気。

170624_134807111.jpg
ナノタオルを冷やしてお顔と身体を拭く。生き返った!もう一周行けそうだ。(ウソ)

170624_135912112.jpg
13:59 川上御前社。
1500年前に越前和紙の紙漉きの技を教えてくれた女神さまが祀られているそうだ。

170624_140320113.jpg
1ヵ所だけ崩落しているがロープがある。

170624_141045114.jpg
「越前禅定道」

170624_141245115.jpg
登山者通路は・・・。

170624_141255116.jpg
あの石を渡って対岸に。

170624_141518117.jpg
14:15 作業道終点。

170624_144931118.jpg
走る余力は残っていない。。。

170624_145248119.jpg
14:52 三ッ谷。

170624_151033120.jpg
ゲートをくぐって車道へ。

170624_152501121.jpg
やっと市ノ瀬ビジターセンターが見えてきた。

170624_152621122.jpg
15:26 無事駐車場着。12時間8分で周回完了。
今日はメチャメチャ暑かった。念の為3.5リットル担いでいたポカリを3リットルも飲んでしまった。(当分ポカリは飲みたくない。。。)
そして疲れた。"自分いぢめ"にはバッチリのコースだと思う。
六本檜から赤兔山までの3時間は単調過ぎて精神的に辛かった。
別山から赤兔山まで繋いだので満足だ。次はないな。

170625_13522503.jpg
今日のログ。沿面距離32.118km。累積標高2888.7m。

170625_13531801.jpg
今日の標高グラフ。

今日も無事下山出来ました。感謝。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

流石です^^

お疲れ様です 凄い距離を歩きましたね!市ノ瀬車泊の密かに憧れていたロングコース 登山道の状況も参考になります^^ 赤兎は解禁になって賑わってるようですね 私も前に先行者いる場合は距離をあまり詰めず圧はかけないようにはしてますが長い事通せんぼされるとね・・^^; 不味いドーピング材ウケましたw 

1泊2日のコースでしょー

お久しぶりです。

流石としか言えないです・・。

通常は1泊2日~2泊3日で行くコースを1日で行くとは・・・。もうアツプリさんは何処に向かっていくのか、興味深々ですよ 笑(富士山ですかね?)

実はこのコースは私も調べていましたが、ブログを読んで「今の自分では絶対無理」と確信しました・・。

さぁ次は何処に行かれるか楽しみです。

充実されていますね!

あつぷりさん、こんにちは。
別山〜赤兎周回お疲れ様です。最近凄く精力的ですよね⁉︎充実されているんだなぁと思いながら拝見しております。
ご存知の通り私もnakkiさんと昨年このルート行きましたが全く同じ感想で六本檜〜赤兎間がダラダラ長く辛かったです。三山周回の方が好み♪

あつぷりさんって登山のルール・マナー等結構強く書きますね。道の譲り方譲られ方、抜き方抜かれ方は難しい問題ですし私も色々思うところはあります。でも1番の解決策は人の居るところに行かないことですかね(笑)

そうそうガーミンのバックパック!このブログ見て買っちゃいました(^。^)私もGPSのポジション苦慮していましたが良いものご紹介してくれありがとうございます。
あつぷりさんのブログ見て購入したのは2度目(前回は虫除けスプレー)で思いっきり参考にしております(^◇^;)

凄いです!!

あつぷりさん こんにちは

このコース、12時間で周回されたのですね。流石です。
六本檜から杉峠の方には行ったことがないのですが、どうもビミョーな感じのトレイルのようですね(笑)
でも画像からだと避難小屋が確認できたあたりからテンション上がってきそうです。

赤兎山の山頂から別山見えた時って達成感いっぱいだったでしょうね(^^)
お疲れ様でした!

No title

あつぷりさん、こんばんは。

ぶったまげました!圧巻です。
あつぷりさんだったら問題なく歩けるだろうと思ってましたよ、思ってましたが12時間8分ですか・・・朝6時に出発したら夕方6時には帰って来てるんですよね(当たり前ですが)、凄いとしか言いようがないです。

赤兎山から歩いて来たトレイル見て、まあまだ市ノ瀬まで残ってるとはいえ、ホント感慨深かったでしょうね。

愚問ですが、小原峠下ってからの市ノ瀬までの長い林道、終盤なので辛くなかったのかな?

タイムリー

ビックリです、実は今日この周回コースにプラス大長山の予定で深夜に起きたのですが急にやる気がなくなり二度寝、昼から荒島岳になりました^^;
次はないって・・・そんな~!
私は結構森歩きが好きなので今後も行きたいコースです(笑
でも今日行っていたら蒸し暑さ&ガスガスの展望なしでもう次はない・・・になっていたかも。

Re: 流石です^^

かつさん こんにちは。

杉峠から赤兔山の間が凄く気になっていたので、歩けて良かったです。この時期ならしっかりとルートを目視できるので、危険なポイントはなありません。

ハイカーが少ない時の道の譲り合いは、お互い目を合わせて軽くコミュニケーションをとりながらスムーズにいきますが、先日の赤兔山のように、お子様や初心者がい多い時は、譲り合いよりも安全を優先すべきかなって思いました。
イヤホンで音楽を聴きながらお山を歩いていて後続者に全く気付かないAHOには、ガンガン圧をかけちゃって下さい(笑)

「SUPER ENERGY」なかなかでした(笑)。お値段もなかなかです!
ただ、カフェインが入っているので、助けてもらいました。集中力が散漫になる程のロングにはいいかもしれません。

Re: 1泊2日のコースでしょー

よっしゃさん こんにちは。

昨年に僕とは比べ物にならない位スーパーなお二人が歩いていて、コースの状況とか参考にさせて頂いたので、1dayで挑戦できました。辛かったですが、白山の地図を見るたびに気になっていたコースが歩けて良かったです。
時計回りに回ると杉峠をエスケープ地点にできますし、コース上に避難小屋が3つあるので、チョットだけ安心です。

梅雨の間は体力づくり。梅雨が明けたら北アに通います!

Re: 充実されていますね!

kabukiyaさん こんにちは。

今回も大変お世話になりました。1年前、kabukiyaさんのnakkiさんへの無茶ぶりがなければ、僕がこのコースを歩く事はなかったと思います。感謝してます。なかなか踏み出せないですよ・・・このコースは。
僕も三山周回の方が好みです。コンパとかしたらかぶりそうですね(冗談です)

「あつぷりさんですよね」とか言われるので、ちょっと「好感度」を気にしないといけないのでしょうが・・・(笑)
しっかりとオブラートに包んで、奥歯に物が挟まったような書き方をしてますし、「AHO」とか「ks」とか書いていないので「弱め柔らかめ」です。他人に厳しく、女性に甘く、自分に緩く生きています。
m(__)mスミマセン

おお!ガーミンのバックパック!ご購入されたんですか!なかなかいいですよね。
「マジックテープかよ・・・」って思いましたが、今では「マジックテープで正解!」って思っています。
本体と子機を繋ぐコードがちょっとアレなんで、工夫してみます。

Re: 凄いです!!

としパパさん こんにちは。

距離と累積標高だけを見ると12時間もって感じですが、時間を気にせず周回を失敗しないように歩いたので満足しています。
六本檜から赤兔山までは、危険ポイントも迷いそうな所もなく単調すぎて(笑) でも、達成感は半端ないコースです。
避難小屋見えてテンション上がりますが、そこまでの急坂も目に入るので、すぐに下がってしまいます。。。あ、としパパさんは急坂を見るとテンション上がるタイプでしたね(笑)

大舟分岐にある標柱に書かれていた「経ヶ岳5.1km」の文字が気になって夜も眠れません。
以前は「この先ルート不鮮明」って看板があったと思うんですが・・・。
整備されたって事ですかね・・・?としパパさん!

Re: No title

しろべさん こんにちは。

コースにつま先で体重を支える岩場がないのとザックが軽いので、ソールの柔らかいトレランシューズで歩きました。終盤の林道は長いですが問題なかったです。
ただ、ローカットは歩いていると足首が微妙にぶれるのと同時に、ひざが微妙にぶれるので、しっかりと筋肉で関節を保護できている健脚者向きだと思います。
ローカットを履き始めてひざの違和感が気になり出しましたが、強めのサポートタイツを履くと違和感がなくなりました。
柔らかくて軽いのは魅力的ですが、足首とひざを痛めやすいような気がします。アスリートでない普通のおじさんにとっては「諸刃の剣」なんでしょうね。。。

Re: タイムリー

なっきーさん こんにちは。

今回もお世話になりありがとうございました!
スーパーな方々が身近にいるので、僕は幸せ者です。(←ホントに思ってますよ!)

この日、ホント暑かったんです。雨が降ると思っていたので、厚めの装備をしていたのも失敗でした。

今回のコースは、たぶんもうないです(涙
このコースは、あの「白山セブンマウンテン」(七倉山~大汝峰~御前峰~御舎利山~別山~三ノ峰~赤兔山周回)の浮石ですよね!(僕は南竜泊で)