17,9,10 富士山(ソロ)

予定通り12時のアラームで目を覚ます。
朝食のコンビニで買っておいた助六とサンドイッチをよく噛んで食べ、モゾモゾと登山装備に着替える。

ふと、天ナビ(お天気ナビゲーター)を開くと
170911_172759001.jpg
雪・・・だと・・・。

170911_172759002.jpg
富士山に雨雲が迫ってきているが、通り過ぎれば問題なさそう。
山頂でのご来光をあきらめて、雨雲が去ってから登り始めよう。
2度寝をして、しばらくすると、雨音が聞こえて来た。

170910_034216014.jpg
3:42 雨は強く降ったがすぐにやんだ。

170910_034507015.jpg
東の方向に御殿場市の灯り。

170910_034550016.jpg
自宅で作成してきた登山届を提出。

170910_035145017.jpg
協力金を収めると、地図やらパンフレットやらを頂く。荷物になるので、それらを車に置きに行く。

170910_035923018.jpg
3:59 御殿場口新五合目(1440m)。5年前に最終目標にした富士山に登り始める。

170910_040021019.jpg
御殿場ルートは初っ端からフカフカの砂地。

170910_040105020.jpg
山頂まで10.5kmか。そんなに長くないと思えるのは5年間お山と向き合ってきた証。

170910_040719021.jpg
さすが富士山。案内板が多い。

170910_040921022.jpg
4:09 大石茶屋。

170910_040939023.jpg
自販機にはビールも。

170910_041040024.jpg
大石茶屋を過ぎると、すぐに登山道と下山道の分岐。分岐には警備員の姿が。お話を伺うと交代で24時間体制らしい。

170910_042114025.jpg
御殿場ルートは緑色が目印。他のルートに迷い込まないように工夫されている。

170910_043600026.jpg
月明かりに照らされ、富士山の姿が。何人ものハイカーのヘッデンの灯りも見える。

170910_044834027.jpg
振り返ると、東の空が少し明るくなってきた。

170910_045717028.jpg
今日は満月かな?

170910_050214029.jpg
下の方に雲があるので、ご来光の時間は遅そう。

170910_050632030.jpg
山頂にガスな~し!やはり早朝はガスがない。

170910_051303031.jpg
5:13 標高2,000mの標識がポツンと。あと1775.6m!やっぱ富士山は高い(笑)

170910_051743032.jpg
砂地を1時間以上登っている。ゆっくり上っているので、今はそれほどでもないが、後半が辛そう。

170910_051747033.jpg
山頂に近づいている気が全くしない。

170910_051917034.jpg
同じような画像ばかり。。。同じような景色だから仕方がないか。。。

170910_052602035.jpg
荷揚げのブルドーザーが通るブルドーザー道を横切る。

170910_053010036.jpg
ご来光が気になって何度も振り返ってしまう。

170910_053047037.jpg
山頂付近に日が射し始める。

170910_053113038.jpg
おお!くるか?

170910_053154039.jpg
きた~!ばんざ~い!

170910_053253040.jpg
砂地にも日が射す。

170910_054008042.jpg
北東方向に見えるのは山中湖。

170910_054248043.jpg
デニムで登っている。先行者を追い越すのが当面の楽しみ。


170910_055007044.jpg
景色が変わらない苦痛を紛らわす為に、先行者にそっと近づき、写真を撮って追い越す。

170910_055625045.jpg
先行者にそっと近づき、写真を撮って追い越す。休憩するポイントはいくらでもある。

170910_060348047.jpg
また、先行者にそっと近づき、写真を撮って追い越す。単独行のハイカーが多い。

170910_061718048.jpg
またまた、先行者にそっと近づき、写真を撮って追い越す。
この全く意味のない一連の動作を極めようと努力しながら登る。

170910_062105049.jpg
さらに、先行者にそっと近づき、写真を撮って追い越す。小屋が見えてきた。

170910_062153050.jpg
6:21 新六合目(2590m)。

170910_062539051.jpg
先行者がいなくなった・・・。

170910_063703052.jpg
振り返ると、昨夜降った雨に太陽光があたって、水蒸気が発生している。
これが集まってガスになるのか・・。

170910_064618053.jpg
足が重くなってきたのでチャージ。

170910_065126054.jpg
どんどんガスが上がってくる。

170910_065619055.jpg
道端で普通に寝ている(結構たくさん見かける)
行政が弾丸登山を禁止する気持ちがよくわかる。

170910_065635056.jpg
6:56 六合目(2830m)。右に見えるピークが宝永山(2693m)。

170910_070934057.jpg
山頂はなかなか近づいてこない。

170910_072128058.jpg
7:21 標高3,000mを通過。あと775.6m!。

170910_072459060.jpg
7:24 大砂走り分岐。下りは大砂走りを駆け下りる予定。

170910_072521061.jpg
砂の地面がやっと固くなってきた。

170910_072805063.jpg
7合目「日の出館」休業中。

170910_073512064.jpg
7:35 「わらじ館」御殿場ルートで唯一営業している小屋。

170910_073515065.jpg
大賑わい。

170910_073951066.jpg
完全に雲の上の世界。

170910_074305067.jpg
空気が薄いせいか、息が切れる。

170910_075527068.jpg
止まらずにひたすら足を上げる。土が赤くなってきた。

170910_080627069.jpg
8:06 赤岩八合館(3300m)。とっくに北岳の標高3193mを超えている。

170910_080722070.jpg
雲。

170910_081636071.jpg
砂地を歩いているとき、地面が固くなったらスピードが上がるかと思っていたが、全く上がらない。

170910_082216072.jpg
8:22 八合目(3400m)。

170910_082225073.jpg
山小屋跡。

170910_082335074.jpg
高山病の気配は全くない。栄養補給。

170910_082608075.jpg
長田尾根レリーフ。

170910_082618076.jpg
なかなかの高地トレーニング。

170910_082652077.jpg
遭難碑。

170910_083003078.jpg
最後は九十九折りにひたすら標高を上げる。

170910_085145079.jpg
筋肉の乳酸が溜まりまくる。乳酸地獄。

170910_090424080.jpg
GPSで、登りがもう少しなのはわかっているが、なかなか見えてこない。

170910_091055082.jpg
あの鳥居をくぐったら長かった登りが終わる気がする。

170910_091227083.jpg
9:12 御殿場口頂上。ひたすら登り続けた御殿場ルートも5時間13分で終了。標準CTの63.2%。

170910_091355084.jpg
銀明水。霊水が湧き出ているらしい。飲んでみたい。

170910_091436085.jpg
最高峰の剣ヶ峰があるの北へ。神々しい雰囲気が漂う。

170910_091553086.jpg
頂上浅間神社奥宮。

170910_091617087.jpg
奥宮に参拝。今日までなのか、閉める作業で忙しそう。

170910_092310088.jpg
最高峰を目指してさらに標高を上げていく。

170910_092432089.jpg
お鉢(火口)はガスガスで何も見えず。

170910_092959090.jpg
あの建物が富士山特別地域気象観測所か。

170910_093247093.jpg
9:32 日本最高峰富士山剣ヶ峰(3775.6m)。これで日本三大霊山をすべて登拝させていただいた。

170910_093502095.jpg
日本で一番標高が高い地点はここかな?触っておこう。

170910_093610097.jpg
二等三角点「富士山」

170910_094123102.jpg
ガスガスの日本最高峰を十分満喫したので、お鉢めぐりへ。

170910_094309104.jpg
西安河原。剣ヶ峰から東の方向へ歩いていくと、人が激減する。

170910_095144105.jpg

170910_095152106.jpg
なかなかの雰囲気。

170910_095317107.jpg
火口側はスパッと切れている。

170910_100120108.jpg
あれが霊水が湧く金明水か!行きたいけど、登山道を外れるわけにいかないので行けない・・・。

170910_100540109.jpg
久須志岳かな?

170910_100913112.jpg
吉田ルート・須走ルート登山道。

170910_100737110.jpg
久須志神社へ参拝。

170910_100826111.jpg
付近の小屋はすべて閉まっている。

170910_101011114.jpg

170910_101139115.jpg
大勢のハイカーたち。

170910_101208116.jpg
吉田ルート・須走ルート下山道。

170910_101212117.jpg
御殿場口頂上方面へ。

170910_101510118.jpg
荒巻。ふとガスが晴れてくる。

170910_101523119.jpg
吉田ルート・須走ルートで下山していくハイカー。

170910_101728120.jpg
青空が見える。

170910_101837121.jpg
雲が凄い。

170910_101852122.jpg
溶岩石がゴロゴロ転がっている。

170910_102108123.jpg
火口が見える。

170910_102635124.jpg
ぐるっと一周した。東安河原で休憩。

170910_102742125.jpg
山頂の小屋で食事を頂きたかったが閉まっていたので、担いできたおにぎりを。

170910_102910126.jpg
朝からドーピング剤2個だけなので、腹が減る。

170910_103052127.jpg
おにぎりは5つ担いできている。残り2つは非常食として残しておこう。

170910_103810129.jpg
火口壁に氷柱。

170910_104248130.jpg
ガスが晴れて火口がよく見えるようになる。すごい迫力。

170910_104342131.jpg
剣ヶ峰。虎岩。

170910_104813133.jpg
白山岳(3756m)。

170910_104442132.jpg
おトイレを借りて下山しよう。300円也。

170910_104821134.jpg
最後に剣ヶ峰の姿を目に焼き付ける。

170910_105309138.jpg
10:53 御殿場口頂上。登りと同じく御殿場ルートで下山。

170910_105639139.jpg
七合目(3040m)までは登山道と下山道は同じ。

170910_110008141.jpg
ゆっくりと下りていく。

170910_111139142.jpg
あ、朝追い越したハイカーさんだ!

170910_111152143.jpg
まだまだたくさんのハイカーさんが登ってくる。

170910_112203144.jpg
山頂を振り返る。

170910_112811145.jpg
いきなりガスが!

170910_113117146.jpg
オンダテ。

170910_113203147.jpg
イワツメグサ。

170910_115234149.jpg
11:52 「わらじ館」

170910_115358150.jpg
食事を頂けるが、今日で営業終了。

170910_115414151.jpg
水分は700ml程残っているが、念のため購入。500円也。

170910_115727152.jpg
オンダテしかない。

170910_120116153.jpg
12:01 いよいよ大砂走り。

170910_120248154.jpg
石がゴロゴロしているので走りにくい。

170910_120721155.jpg
ゲイターは必須。

170910_120733156.jpg
みんなが走っている黒い部分は石がない。スピードが上がる。

170910_121224157.jpg
一直線にダーーシュ!傾斜がきつく速く走れる。1歩3メートルって言うのも嘘ではない。

170910_122115158.jpg
ガスが!先行しているハイカーにぶつからないように気をつけて走る。

170910_123252159.jpg
しんどい。惰性で走っているのにしんどい。でも止まれない。

170910_123431160.jpg
右手に二ツ塚。

170910_123553161.jpg
フジアザミ。でか!

170910_124823162.jpg
12:48 大石茶屋。戻り。

170910_125334163.jpg
12:53 御殿場口新五合目登山口。御殿場口頂上からちょうど2時間で下山。標準CTの44.4%(笑)。

170910_125503164.jpg
水分も取らずに走っていたので、喉はカラカラ。

170910_134320165.jpg
帰りはガイドブックに載っていた「御胎内温泉健康センター」へ。
たくさんの人が利用しているので仕方のいないことだと思うが、塩素の匂いがきつい。

170911_092421166.jpg
5年前、富士山登頂を目指してお山を歩きだした。
いつからかお山を歩く理由は変わってきたが、お山を歩くきっかけになった富士山は、僕にとっては特別な存在。
「富士山は登るお山でなく眺めるお山」という方が多いが、さすが日本三大霊山の一つ。
神々しい雰囲気が漂っていて、すごく良かった。登ってよかったと思う。

さて、ブログのタイトル、代えないとなぁ・・・。

170911_165408002.jpg
今日のログ。沿面距離22.696km。累積標高2622.2m。

170911_165537001.jpg
今日の標高グラフ。

今日も無事下山出来ました。感謝。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

一つの区切り

あつぷりさん、おはようございます
当初の目標達成おめでとうございます
まぁ日頃の山行を拝見してると楽々登られるのは判っておりました
次なる目標は「びわ100」ですね
更なるチャレンジに敬服いたします(^_-)-☆

祝!

お久しぶりです!

目標達成おめでとうございます!

次は「目指せ!セブンサミット!」ですね 笑

No title

あつぷり師匠!
富士山登頂成就おめでとうございます㊗️
同時に、秘儀「そっと背後撮り居合い抜き」もマスターされるとはさすがです!
ブログのタイトル、色んな案が出ているようですが
やはり、「破線」がらみも捨てがたいと思います(笑)
師匠のご英断を楽しみにしております。

おめでとうございます!

あつぷりさん、目標達成おめでとうございます‼︎
これはドラクエに例えるとLv40くらいで倒せるラスボスにLv80くらいで倒しに行った感じでは無いでしょうか??もう富士山が可愛そうにさえ見えます(笑)。

しかし恐ろしく早いですね、トータルでもCTの半分くらいでは。
次のタイトルは「目指せTJAR!」とかどうでしょう?・・まあさすがに無理があるので「目指せUTMF!」はどうでしょう?コレなら結構現実的、100キロも165キロも似たようなもんですって(笑)。
個人的希望は「目指せ槍ヶ岳・北鎌尾根!」です。

タイトル楽しみにしていますよ♪

登頂おめでとうございます!

あつぷりさん こんにちは

toshiさんの仰る通り一つの区切りの達成ですね!
今まで数々のタフな登山を有言実行で踏破されてきたので
これからのチャレンジも楽しみにしています(^^)

どんなタイトルになるのかワクワクです♪

Re: 一つの区切り

toshi0113さん いつもありがとうございます。

もう行けるでしょうと言われ続けてきた富士山、やっと登ってきました。
山頂は歴史を感じさせ、厳かで、神々しくて、凄くいい空間でした。
が、登山道と下山道は、お花む少なく、砂ばかりで・・・・。
いいトレーニングになりました。

まだまだ登りたいお山、歩きたい道がたくさんありますが、
ひとつづつ、挑戦していきます。

Re: 祝!

よっしゃさん、ありがとうございます!

5年前の大きな目標、達成してきました。

「セブンサミット」は究極ですね。募金でも募りましょうか・・・(笑)

次の大きな目標を見つけるために、小さな目標達成を積み重ねていきます。

Re: No title

ツギロウ兄さん、ありがとうございます!

ええ、歩いても歩いても景色が変わらない苦痛を紛らわす為に、無駄な秘儀を身に着けてしまいました・・・。
兄さんも背後には気を付けてくださいね~(ニヤニヤ

タイトルですよね!考えてますとも!
「福井 山登り日誌」なんかどうでしょう?
「よろよろ歩き(仮)」
「やまっぷる」
アイデアが止まらない・・・

Re: おめでとうございます!

かぶきやさん ありがとうございます!!

そこまで余裕なかったですよ(笑)
砂地でスタミナ削られまくりで、酸素が薄くて乳酸溜まりまくりで。
御殿場ルートは、間違いなく健脚者コースでした。

「TJAR」?
「ツギロウさんとジャンケンして遊んだらろくでもなかった」の略ですよね。
ジャンケンする時は気を付けます!

「ウルトラトレイル・マウントフジ」これ、凄いですよね!
2日間で累積標高8,000m!どこが現実的なんですか!
「STY」でも相当ヤヴァイです。
かぶきやさんから「どS」な香りが漂ってくるんですが・・・嫌いじゃないですけど・・・。

タイトル、ハードル上げないでください(笑)

Re: 登頂おめでとうございます!

としパパさん、ありがとうございます!
5年越しの目標、達成してきました。
ホントに、一区切り終えた気分です。

ええ、タイトル、考えてますとも!
「稜線を歩こう。」
「浪漫自粛」
「あつぷりの野外活動日記」
「居酒屋あつぷり」
まだまだ出てきそうです!

おめでとうございます

念願の富士山登頂おめでとうございます!詳細な計画とレポートでとても参考になります^^ 流石に酸素薄いのが実感できるんですね 白山以上登った事がないので高山病が心配されますね^^;五合目で車中泊の高度順応なるほど~~ 私も富士山へ登りたくなりました しっかりトレーニング励みます(^_^)/ ブログタイトル楽しみにしてますねw

Re: おめでとうございます

かつさん ありがとうございます!

5年前は念願のお山だったのですが(笑)
白山よりさらに1,000m高いので、空気薄くてハ~ハ~でした。乳酸の溜まりも激しかった気がします。

高山病は、体質らしいです。なる人はなるし、ならない人はならないそうです。
高度順応も全く必要ない人もいますし、30分のひとも、一晩の人もいるそうです。高度順応できない人もいるみたいです。
自分がどのタイプの人間か知る上でも、富士山は一度登っておくといいお山ですね。

ブログのタイトルですよね・・・
宣言すると、自分でハードルを上げてしまうことになると気付きませんでした(汗
しな~と代えたら良かったと後悔しています。