17,12,21 「FREELIGHT」BLAST BURNER(ブラストバーナー)

171221_121545001.jpg
「FREELIGHT」BLAST BURNER(ブラストバーナー)。
密閉加圧の低燃費の噴射方アルコールバーナー。

171221_120417025.jpg
銅製のパイプを用いて気化を促進させ、気化ガスを再びタンク内ヘ戻し高い内圧を得る構造。

171221_120345024.jpg
中央の小さな穴から気化ガスを噴射させる「シングルジェット」。

171221_095816003.jpg
重量は33.3g。軽!

171221_100528006.jpg
ちなみに、「EVERNEW」 チタンアルコールストーブ EBY254 は35.8g

171221_095829004.jpg
付属しているスタンドは9.8g。

171221_121545002.jpg
こんな感じで使う。

171221_100047005.jpg
アルコールはここに入れる。

171221_100904007.jpg
ふたを閉めて、「EVERNEW」 mulTidish EBY280に乗せて、少量の余熱用のアルコールを垂らす。

171221_101000008.jpg
点火!

171221_101028009.jpg
熱で内部のガスの気化が促進され、中央の穴から気化ガスが出てくるのを待つ。

171221_101129010.jpg
しばらく待つと、「ゴーー」という音と共に気化ガスの噴射が始まる。

素晴らしい。アルコールバーナーとは思えない炎のまとまり感。そして「ゴーー」っていう音も新鮮で良い。
音と炎の勢いを見ていると「低燃費」とは思えない。

さて、実験してみよう。

171221_104437011.jpg
使用するアルコールは30ml。

171221_104755012.jpg
「EVERNEW」 チタン パスタもクッカーS RED ECA521R
に10.8℃の水道水を400ml入れて沸騰させてみる。

171221_105033013.jpg
本燃焼が始まってからスタート。

171221_105052014.jpg
炎がまとまって噴射されているのでロスは少なそう。

171221_105826015.jpg
勢い良く沸騰。

171221_105828016.jpg
時間は8分9秒。

171221_110409017.jpg
30mlのアルコールの燃焼時間は13分51秒。
計算上、400mlの水を約18CCのアルコールで沸かすことができるという事になる。
素晴らしい!

171221_111040019.jpg
比較の為、、「EVERNEW」 チタンアルコールストーブ EBY254でも同じことをやってみる。

171221_110951018.jpg
「EVERNEW」 チタン パスタもクッカーS RED ECA521R に9.0℃の水道水を400ml。
さっきより少々冷たい。

171221_111608021.jpg
本燃焼が始まってからスタート。ゴトクは「EVERNEW」チタンアルコールストーブ用ゴトク EBY253を使用。
炎がゆらゆら動いて、熱伝導効率は悪そう。

171221_112034022.jpg
沸騰直前まで行ったが、8分36秒でまさかの燃料切れ(笑)

同じ時間で沸騰していたとするなら、燃費は156%UPってことか。
今までアルコールバーナーは日帰り専用って感じだったが、これなら連泊の山行でも使えそう。

171221_114127023.jpg
その日が来るまで、ここで待機。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

あつぷりさん

そろえましたねー。
トランギア、エバニュー・チタン、カタディンストーブにこれですね。

ちょっとチェックしないうちに、えらく進化してるんですね。

ちょっと早速、このストーブをググってみます。

Re: No title

目目連先生、コメントありがとうございます。

目目連先生にアルコールストーブを教えて頂き、早や5年。
いろいろ浮気もしましたが、やはり「エバーニュー・チタン」だと確信した矢先に、
またまた新しい出会いが・・・。

耐久性があれば、もしかして最強のアルコールストーブかもしれません。