FC2ブログ

18,2,23 FREELIGHT SpinnZack50tifwf

FREELIGHTのバックパックは登山用品です 荷重制限はありません。
通常使用する登山用品はキャパシティー内で御利用ください。

「あなたが今お持ちのザックであなたが背負えるだけの荷物の重量は
 たいてい背負えますので、安心して使ってください」

「FREELIGHT」 HPより

「軽と剛のバランス」を根底から覆すような発言。

201502230918001.jpg
FREELIGHT SpinnZack50tifwf

本体重量  本体+フレーム重量 490g(ウエストベルト バンジーなど全てを装着した場合 総重量約650g)
荷重制限  なし
大型のヨットにも使われる頑強なスピンネーカー生地を採用。

20180223918002.jpg
幅34cm 奥行き16cm 容量50ℓ~

20180223918004.jpg
直径8mmのチタンフレームを採用。この曲線が腰にバッチリフィットしてなかなか気持ちいい。

180222_215841002.jpg
高さはMAX80cm。最大容量は70ℓ以上あるように見える。

180223_071955006.jpg
ロールトップクロージャー方式。センターストラップがあるので、ヘルメットなど、トップに外付けできる。

180223_071933005.jpg
幅75mmのショルダーベルト。ポーチやホルダーの取り付けも簡単。

180223_072749007.jpg
大きなフロントポケット。トレッキングポールやアウターなどザックリ収納できる。
袋状になっていないので「入れる」というより「はさむ」って感じ。

180223_072912008.jpg
サイドポケットは余裕で500mlのペットボトル3本。

180223_071922004.jpg
50mmのベルトによるウエストベルト。取り外し可能。

180223_073756009.jpg
山と道の「Zip Pack」がよく合う。

180223_071825003.jpg
少々お高いのは、チタンフレームを採用しているので仕方がないかな・・・。
総重量650gで荷重制限なしは「ホンマかいな?」っていうレヴェル。
軽と剛の両立。テントを背負ってお山を歩くのが、さらに楽しくなりそう。

マリポサちゃんが・・・。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント