18,4,28 赤岳2days(ツギロウさんと)(1日目)

GW前半はツギロウ兄さんと小屋泊で赤岳へ。個人的には撤退した昨年の2月のリベンジになる。
人気の赤岳鉱泉なので、激混みが予想される。小屋泊の予約の電話をしてくれたツギロウ兄さんによると、個室予約の確約はもらえなかったらしい。。。
2人で布団1枚だったらどうしよう・・・。兄さんとか・・・。一応ウォームアップシーツ、ザックに入れとくか。

180430_161426002.jpg
1日目は美濃戸口に車を停め、赤岳鉱泉にチェックイン。山小屋に余計な荷物をデポし、急坂の地蔵尾根を登りに使い、赤岳山頂へ。山頂からは文三郎尾根で下り、赤岳鉱泉に戻る。有名な晩ご飯を頂き、暗くなったら星空撮影の予定。

180430_161612003.jpg
2日目は午前3時にスタート。硫黄岳へ登り御来光撮影。横岳・赤岳と稜線を歩き、文三郎尾根・南沢で美濃戸口へ戻る予定。
まあ、あくまでも予定は予定ですが。。。

180430_154939001.jpg
当日午前0時にツギロウ兄さんを迎えに行き、362kmのロングドライブ。

180428_051041001.jpg
5:10 美濃戸山荘登山者駐車場(1490m)。車高の低い車はここまでが無難。
GWにもかかわらず、予想に反して駐車場はガラガラ。赤岳山荘の駐車場まで車で行っている人が多いのかな?

180428_051147002.jpg
八ヶ岳山荘。

180428_051248003.jpg
自宅で作成してきた登山届を提出。

180428_051259004.jpg
赤岳鉱泉を目指して歩き出す。

180428_051411005.jpg
2日とも快晴予報。

180430_195359001.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)
ザックはFREELIGHT SpinnZack35D。星空撮影の為に三脚を入れている。
アイゼン・メット・ピッケルは外付け。

180428_053130006.jpg
マリポサを担ぐ兄さん。小屋泊なのになかなかの重装備。

180430_195549002.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)
睡眠不足でちょっとフワフワする(笑)。

180428_055408007.jpg

180428_055946008.jpg
やまのこ村。

180430_195656003.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)

180428_060201009.jpg
6:02 赤岳山荘。

180428_060839010.jpg
赤岳山荘の駐車場もガラガラ。もしかして時間が早いから?

180428_061035011.jpg

180428_063422012.jpg
シカ。

180428_063800013.jpg

180428_064639014.jpg
平坦な道をゆっくりと歩く。

180430_195910004.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)

180428_070826015.jpg
日が登ってくると青空が広がる。

180430_200212005.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)

180428_072628016.jpg
しっかり整備されている登山道。

180428_072817017.jpg
北沢沿いを歩く。

180430_200410006.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)

180428_074133018.jpg
写真を撮りながら歩いていると、しばしば兄さんを待たせる事に。

180428_075815019.jpg
登山道に雪が現れ始める。

180430_200617007.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)
滑ってコケると嫌なので、トレッキングポールを使用。

180428_081539020.jpg
コケ。

180428_082236021.jpg
溶けかけのアイスキャンディー。

180428_082247022.jpg
放水して溶かしている。

180428_082517023.jpg
8:25 赤岳鉱泉(2220m)到着。

180428_083036024.jpg
早速受付。あ、ステーキ(喜)。限定Tシャツもゲット。明日の朝は3時スタートなので、朝食なしで。
「個室大丈夫ですよ。皆、北アルプス行くのでGW暇なんですよ~。」
「ありがとうございます!」
10時にならないとお部屋に入れない。

180428_083711025.jpg
赤岳。

180428_083723026.jpg
赤岳頂上山荘。

180428_084738028.jpg
阿弥陀岳。

180428_084036027.jpg
不要な荷物をデポしたいが、10時まで待つのは時間がもったいない。

180428_091217029.jpg
9:12 赤岳を目指すことにする。

180430_200750008.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)
12本アイゼン。

180428_092733031.jpg
兄さんはチェーンスパイク。

180428_094345032.jpg
まずは行者小屋へ。

180428_094611033.jpg

180428_095256034.jpg
9:52 行者小屋。

180428_095349035.jpg
阿弥陀岳。

180428_095448036.jpg
目の前に赤岳がそびえ立つ。あの頂上へ。

180428_095457037.jpg
赤岳天望荘。

180428_095604038.jpg
テン場は2,3張り。

180428_095746039.jpg
明日登る横岳。

180428_095929040.jpg
景色を満喫して、行者小屋を後にする。

180428_100457041.jpg
予定通り地蔵尾根で赤岳へ。

180428_101310042.jpg
兄さんも12本アイゼンで。

180428_102125043.jpg
なかなかの急坂。

180428_102729044.jpg

180428_103048045.jpg
振り向くと乗鞍岳。

180428_103053046.jpg
GW後半に登る予定の穂高岳。

180428_103108047.jpg
大キレットと槍ヶ岳。しばらく北アの雄姿を眺める。

180430_200939009.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)
歓喜の声を上げながら撮影するわたくし。

180428_103523048.jpg

180428_103851049.jpg
ミスったら下まで滑落する急斜面。

180430_201032010.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)

180428_104610050.jpg

180428_104748051.jpg
雪と岩場と階段のミックスルート。

180428_105019052.jpg

180428_105228053.jpg
地蔵尾根のお地蔵さん。

180428_105319054.jpg
阿弥陀岳。

180428_105325055.jpg

180430_201224011.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)

180430_201309012.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)

180428_110016058.jpg
赤岳天望荘と赤岳が近づいて来た。

180428_110028059.jpg

180428_110604060.jpg
地蔵尾根を登り切り、稜線へ出ると・・・

180428_110925061.jpg
2人の目の前には富士山。
やっぱり富士山は日本人にとって特別な存在。

180428_111342062.jpg
最高の景色。これ以上の景色を明日見れる気がしない。

180428_111613063.jpg
横岳。

180428_111717064.jpg
御嶽山。

180428_111723065.jpg
乗鞍岳。

180428_111733066.jpg
穂高岳・大キレット・槍ヶ岳。

180428_111807067.jpg
立山・剱岳かな?

180428_111825068.jpg
白馬三山だと思う。

180430_201358013.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)

180428_111950069.jpg
稜線を南へ。

180428_112424070.jpg
11:24 赤岳天望荘。
今さっき、明日歩く予定の硫黄岳の稜線で、緩んだ雪が崩れて滑落者が出たらしい。
幸いな事に、ハイマツに引っかかって大惨事を免れたの事。
そういえば、「あ~~~!」っていう大きな声がさっき聞こえた。
明日はもっと気温が上がる予報。。。ちょっと萎えるなぁ。。。

180428_113151071.jpg
早速お昼ご飯。

180428_114208072.jpg
醤油ラーメン。豚の角切りが美味い!

180430_201504014.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)
再び富士山を眺めながら歩き出す。

180428_120715074.jpg
赤岳方面へ。

180428_121548075.jpg
横岳・硫黄岳を振り返る。どの辺りで滑落者が出たのだろうか・・・。

180428_121741076.jpg
去年の年末に登った天狗岳

180428_122514077.jpg

180430_203055015.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)

180428_122924078.jpg
気温の上昇で羽虫が大発生。羽虫を食べながら絶景の中を歩く。

180428_123109079.jpg

180430_201632016.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)
明日はもっと気温上がるから、もっと羽虫が増えるんだろうな。。。ちょっと萎える。。。

180428_123323080.jpg
滑落すると、アイゼンで止めれるのだろうか・・。
僕も滑落する時大きな声を出すのだろうか・・。
なんて考えながらのぞき込んでも恐怖心はなかったので、大丈夫っぽい。

180430_201722017.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)

180428_123648081.jpg

180428_124712082.jpg
12:47 赤岳(2899m)山頂。

180430_202012018.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)
いえ~い!リベンジ達成!ありがとう、ツギロウ兄さん!
ああ~!標柱と被ってるよ~~!

180428_124917083.jpg
北岳・甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳。
凄い景色。もうお腹いっぱい。明日、もういいかな・・・。

180428_130120084.jpg
下山開始。

180428_130316085.jpg
まだまだ雪の上を歩かないといけないので、アイゼンは着けたまま。

180428_130609086.jpg
登ってくるハイカーとのすれ違いは慎重に。

180428_130743087.jpg

180428_131855088.jpg
岩場では接地点の多い12本アイゼンの方が安定する。

180430_202257019.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)

180428_132335089.jpg

180428_132849090.jpg
文三郎尾根へ。

180428_133512091.jpg

180428_134022092.jpg
文三郎尾根も雪が多い。

180430_203333020.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)

180428_134329093.jpg
眼下に行者小屋。

180430_202346021.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)

180428_134621094.jpg

180428_135421095.jpg

180428_135625096.jpg
慎重に下りてくる兄さん。

180428_141143097.jpg
14:11 行者小屋戻り。

180430_202459022.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)
少し休憩。

180428_144406098.jpg
赤岳鉱へ。

180428_144832099.jpg
14:48 赤岳鉱泉戻り。個室に案内してもらう。

180428_151203100.jpg
ビールの前にお風呂。貸し切り。貸し切りなら・・・

180430_202602023.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)
お決まりの記念撮影。まあ、お決まりなので・・・。

180428_153559101.jpg
いや~美味い!

180428_154610102.jpg
こっちも美味い!明日の御来光登山は中止!朝ご飯予約しに行こう!

180430_202722024.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)
晩ご飯まで爆睡。個室は素晴らしい!

180428_175256104.jpg
ちょっと早く目が覚めたので、眠気覚ましに散歩。

180428_175408105.jpg
今日はテン場も空いているようだ。

180428_180547106.jpg
そしてお楽しみの晩御飯。標高2000mでこのクオリティ。

180428_183235107.jpg
晩ご飯は1回で、席も余裕がある。赤岳鉱泉、GWは穴場化かも。

180430_202808025.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)
いったん部屋に戻って暗くなるのを待つ。

180428_183450108.jpg
そろそろいいかな?

180428_193055109.jpg
(30秒 F/2.8 20 mm ISO400 三脚)
北斗七星。月の明りがあるのに、なかなかよく撮れた。さすが三脚。

180428_202904110.jpg
(30分ぐらい F/2.8 20 mm ISO100 三脚)
失敗作。月齢12の月明かりや他のハイカーのヘッデンやシャッターの光害にやられまくり。
バルブ撮影する時は、慎重に場所と時間を選ばないと。いい勉強になった。
新月前後で人の来ない場所で再チャレンジしよう。

さて、朝ご飯ギリギリまで寝るぞ~!

20180501043153.png
180501_163033003.jpg
180501_163105002.jpg
180501_163125001.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

心残り

あつぷりさん こんにちは。

今回は我々、一皮むけた大人の山旅でしたね~
ピークやタイムに囚われず心の赴くままシャッターを切る・・・う~ん、マンダム(笑)

ただ、唯一心残りだったのが、師匠と布団一枚で添い寝できなかったことです。ワタクシは身も心もお尻も覚悟はできていたんですが・・・

ツギは、お盆の燕山荘か紅葉の涸沢ヒュッテで・・・是非っ(笑)

Re: 心残り

ツギロウ兄さん、お疲れさまでした。

写真がメインの山旅も面白いですね。これからこんな山行が増えるような気がします。
赤岳鉱泉、風呂も飯も良かったですが、夕日と御来光が拝めるロケーションだったら最高でしたね。
次回は歩かず夕日と御来光を・・・(笑)。

いえいえ、次回も資本主義の精神に忠実に、個室で。
テーブルを挟んで布団をひきましょう(笑)。