FC2ブログ

18,5,4 北穂撤退2days(なっきーさんと)(1日目)

GW後半はなっきー先輩と残雪の北アへ。上高地より、お初の涸沢でテン泊2泊3日の予定。
強風だが、天気はまあまあ良さげな予報。北穂狙いで、時間があれば涸沢岳。条件が良ければ奥穂も。

180504_042432003.jpg
4:24 沢渡バスターミナル(市営第3駐車場)。1日600円。
バスターミナルに近い上の駐車場は満車。下の駐車場はガラガラ。

180504_043438004.jpg
始発のバスに乗るために、バスターミナルへ。
なお、強風予報なので、一眼は自宅待機。今回はコンデジで。

180504_051849005.jpg
バス乗り場にハイカーの列ができており、始発には乗れず次発のバスで上高地へ。

180504_054122006.jpg
5:41 上高地バスターミナル。雪が降っている。
もちろん冬山装備なので、全く問題なし。
上高地から蝶ヶ岳を目指すtoshi0113さんご夫妻とお会いする。

180504_054314007.jpg
雪が舞う上高地を涸沢目指し歩き出す。

180504_054814008.jpg
雪の上高地は新鮮。

180504_054952009.jpg
小梨平。

180504_055144010.jpg
モノクロの世界にテントが浮かび上がる。

180504_060024011.jpg
この時点では、この時期に雪の上高地が見れるのはラッキーと、本気で思っている。

180504_060253012.jpg

180504_062130013.jpg
望遠なら対岸のガスを撮れるのに・・・。

180504_062510014.jpg

180504_062938015.jpg
6:29 明神館。

180504_063851016.jpg

180504_063934017.jpg
カメラを構えていると、なっきーさんがどんどん小さくなっていく。

180504_065545018.jpg

180504_070023019.jpg
水面にきれいに映ってる。ここは時間をかけて、風がやむのを待つ。

180504_070243020.jpg
あ、なっきーさんがいなくなった(笑)。

180504_072048021.jpg
7:20 徳沢。

180504_072220022.jpg
薄っすらと雪。夏用のペグが刺さり、風も弱いので、快適にキャンプができそう。

180504_072651023.jpg

180504_080450024.jpg
フキノトウ。

180508_045709001.jpg
(なっきーさん画像ご提供)

180504_081947025.jpg
横尾大橋が見えてきた。

180504_082102026.jpg
8:21 横尾山荘。少し休憩して涸沢方面へ。

180504_084620027.jpg

180504_091255028.jpg
屏風岩。

180504_093542029.jpg
本谷橋。

180504_094629030.jpg
本谷橋を渡ったらアイゼンを装着。

180504_102648031.jpg
涸沢沿いを登って行く。

180504_105442032.jpg
テント場方面へ。もう、なっきーさんには追い付けない・・・。

180504_111021033.jpg
11:10 テン場に到着すると、なっきーさんがすでにスノーブロックで防風用の壁が出来上がっているベストポジションを確保してくれていた。ありがとうございます!

180504_121847034.jpg
スコップで整地してテントを張る。

180508_045709002.jpg
(なっきーさん画像ご提供)
涸沢の壮大な景色はなし。なんて日だ!

180504_123032035.jpg
涸沢ヒュッテで名物のおでん700円と生ビール800円。

180504_123140036.jpg
乾杯!めっちゃ寒いのに、冷たいビールが最高に美味いのは永遠の謎。

180504_134812037.jpg
吹雪の中、次々とハイカーさんが登ってくる。

180504_134842038.jpg
テン場と涸沢小屋。

180504_162530039.jpg
テントに潜り、ハッキンカイロで暖をとる準備。2つを比べて、ジッポよりハッキンの方が温かいと毎回感じる。

180504_163335040.jpg
少しでもテントを開けると雪が入り込んでくるので、禁止されているが、閉め切ってガスストーブを使用。
100均のまな板。テーブルとして大活躍。軽くて丈夫。いざとなったら燃料にもなる優れもの。

180504_164536042.jpg
「中華三味シリーズ」マジ美味いっす!

180504_163749041.jpg
時々テントのメッシュ越しに外の偵察。テントの数は増えていっているが、雪と風はおさまる気配がない。

180504_170001043.jpg
テント越しになっきーさんと話し、明日に期待する事に。
氷点下の夜は、温かいものをしっかり食べて寝るに限る。カレーはつゆだく派なので2袋。

180504_172516045.jpg
美味いっす。吹雪の中おトイレに行くのは嫌なので、ビールは我慢。

180504_170818044.jpg
ふと風がやみ外を見てみると、常念岳と蝶ヶ岳。明日は期待ができる!と思ったらすぐに吹雪が復活。
冬用のシェラフに潜り、暴風でテントが変形するのを眺めていると、睡眠不足と満腹感で直ぐにウトウトし始める。
テントが吹き飛ばさてても、少し歩けば小屋がある安心感は半端ない。

20180508054651.png
180508_054312003.jpg
180508_054339002.jpg
180508_054359001.jpg

低気圧が過ぎ、寒気が入ってきているみたいだ。明日、風がおさまるといいな。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント