FC2ブログ

18,10,18~20 水平歩道・下の廊下3days(ゲンジさんと)(1日目)

問題は下の廊下と水平歩道を歩く時に北上するか、南下するか。
阿曽原温泉小屋で小屋泊するなら、まあ、どちらでもいいが、阿曽原温泉小屋のたった30張りのテン場の争奪戦を繰り広げなければならないテン泊者にとっては大きな問題だ。
この30張りに食い込むことができないと、トイレの真ん前や水場の脇、温泉へ下りていく階段のちょっとしたスペースにテントを張り、一晩過ごさなくてはならない。


北上する場合は黒部ダムからのスタートとなる。
黒部ダムには扇沢からトロリーバスでアクセスする。
この時期のトロリーバスの始発は7時30分。黒部ダムには7時46分に到着する。
そこから阿曽原温泉小屋まで15.6kmの行程を標準CTの7時間45分で歩くと、到着は15時31分。

南下する場合、欅平からの歩きはじめる事となる。
欅平までのアクセスは、宇奈月から黒部峡谷トロッコ電車。
始発は7時57分。9時12分に欅平に到着する。
到着してすぐに、阿曽原温泉小屋までの9.3kmの道のりを標準CTの5時間20分で歩くと、14時32分にテン場にたどり着くことができる。

1泊2日で下の廊下と水平歩道を歩く場合は、黒部ダムスタートの北上より、欅平スタートの南下の方が早くテン場にたどり着けることを覚えておきたい。

また、交通費も考えとかなければならない。
仮に、宇奈月温泉に車を停めて黒部ダムまで南下し、公共機関を利用して宇奈月温泉に車を回収するプランだと、
宇奈月温泉~欅平(黒部峡谷トロッコ電車)1,980円
黒部平~立山駅(黒部ケーブルカー860円・立山ロープウェイ1,300円・立山トンネルトロリーバス2,160円・高原バス1,710円・立山ケーブルカー720円)合計6,750円
富山地方鉄道(立山~宇奈月温泉)2,100円
宇奈月温泉駅駐車場料金900円。
合計11,730円かかる事になる。
このプランの場合、人数割り出来るのは駐車料金の900円だけ。2人なら1人11,280円。3人なら1人11,130円になる。

また、宇奈月温泉で車の回送業者を利用し、扇沢へ車を回送してもらうプランだと、
宇奈月温泉~欅平(黒部峡谷トロッコ電車)1,980円
車の回送費17,000円(予約割り・JAF会員割り・軽料金)
黒部ダム~扇沢駅(関電トンネルトロリーバス)1,540円
合計20,520円となる。
ただ、複数人の場合、車の回送費は割勘にできるので、
2人の場合、1人12,020円。3人の場合9,186円になる。

2人なら、15km以上歩いて黒部ダムに到着し、公共機関を6回も乗り換えをして宇奈月温泉に車を回収に行くより、740円多く払って車の回送業者を利用する方がいいと思う。
3人以上なら迷う必要はない。
ソロの場合も・・・。差額の8,790円で時間を買うのが正解のような気がする。

ああだこうだと書いたが、このプランを2泊3日で考えると、南下か北上かはたいした問題でなくなる。
黒部峡谷トロッコ電車や関電トンネルトロリーバスの始発を利用して歩き出すハイカーさんより、2~3時間早く歩きだすことができるので、阿曽原温泉小屋のたった30張りのテン場の争奪戦は勝ったも同然。運が良ければ「日本一危険な温泉」と呼ばれている阿曽原温泉の一番風呂にありつける。
ロッジくろよんで前泊して北上するか。祖母谷温泉で前泊して南下するか。。。それなら祖母谷温泉でしょ!

偉そうに書いているが、このフランは2年前なっきー先輩に教えて頂きました。



当日8時に今回の山行を御一緒して頂けるゲンジさんをお迎えに行き、2年前も利用させて頂いた回送業者「日星さん」との待ち合わせ場所の、黒部峡谷トロッコ電車の宇奈月駅を目指す。
220181018.jpg
10:53 黒部峡谷トロッコ電車 宇奈月駅。
待ち合わせの11時には少し早いが、すでに日星さんは到着済み。温かく迎えてくれた。
数ある回送業者で、日星さんが最安値だと思う。

320181018.jpg
今日は欅平から祖母谷温泉まで。2.5km標準CT50分の行程を歩くだけ。
ウエットな食材をザックに詰め込んできた。

220181018 (1)
11時27分発のトロッコ電車に乗車。

220181018 (2)
ええ。もちろん庶民の味方、オープン席です。

220181018 (3)
紅葉はまだ下りてきていない。

220181018 (4)

220181018 (5)

220181018 (6)

220181018 (7)

220181018 (8)

220181018 (9)
12:45 欅平到着。

220181018 (10)
とりあえず、立ち食いそばでお腹を満たす。

220181018 (11)
2年ぶりの欅平。

220181018 (12)
欅平駅にある登山者相談所的なところにあった北ア北部の立体地図。
立体地図が欲しくて、見かけるたびに手に入れる方法を聞くのだが、係の方々も欲しいが手に入れることができないとの事。
国土交通省が作成しているようだが・・・。高額でも売れると思うので、販売を検討して頂きたい。

220181018 (14)
欅平も紅葉には時期が早い。

220181018 (16)
2.5kmの行程をまったりと歩く。

220181018 (17)

220181018 (21)
300m程標高の高い所は、いい感じに色づいている。

220181018 (22)
今年の春先に骨折したとは思えない歩きのゲンジさん。
入院中に気分転換とリハビリを兼ねて病院の周りをゆっくり一緒に歩いたのが懐かしい。

220181018 (23)
13:49 祖母谷温泉小屋。テン泊者は1人。
小屋の下、テン場の右端にあるのが露天風呂。その右に板で囲われているところが女性専用の温泉。

220181018 (24)
受付を済ませて。露天風呂は後のお楽しみ。

220181018 (25)
まず、シェルターの設営。
祖母谷温泉も阿曽原温泉も標高が低く風の影響を受けにくいので、クロスオーバードームで十分。

220181018 (26)
そして乾杯。

320181018 (2)
(ゲンジさん画像ご提供)
源泉と川の水でできた河原の露天風呂を期待して、少し歩く。

220181018 (27)
熱湯が湧き出ている。メチャメチャ熱そう。

320181018 (3)
(ゲンジさん画像ご提供)
2年前、なっきーさんと入った場所にはお湯がない。
川の水量が少ないからかな?、天然の露天風呂はあきらめて・・・。

320181018 (4)
(ゲンジさん画像ご提供)
いや~最高。祖母谷温泉のお湯はねっとりしていて新鮮。

220181018 (28)
雨が降ってきたが、屋根付きのスペースでまったり。

220181018 (29)
今日はおでん。

220181018 (30)
温めるだけ。

220181018 (31)
ゲンジさんはとりやさい鍋。

220181018 (32)
からしを持ってきて正解。

220181018 (33)
他のハイカーさん方も交え、山・温泉談義に花を咲かせる。

220181018 (38)
19:10 ちょっと飲み過ぎたかな?濡らしたくないものはしっかりと防水して寝る事にする。
お山では、早寝早起き。

明日は水平歩道。紅葉がキレイだといいな・・・。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント