13,4,22 火燈山・小倉谷山・富士写ヶ岳周回(ソロ)

今日は1日仕事の休みを頂いて火燈山・小倉谷山・富士写ヶ岳周回にチャレンジしてみる。
朝6時に自宅を出発。大内峠を目指す。

P4220001_convert_20130422204613.jpg
6:45 火燈山古道登山口の駐車場に到着。この隣にも10台ぐらい停めれる駐車場があり、そこにはトイレもある。

P4220002_convert_20130422204622.jpg
6:59 火燈山古道登山口。気温は1度。アウターを着込み準備をすませて出発だ!

P4220003_convert_20130422204635.jpg
お守りを買ってしまいました。「GARMIN eTrex 30J」
「ガーミンハンディGPS春の購入キャンペーン」をやってたから・・・

P4220004_convert_20130422204649.jpg
登山口からすぐある白山神社。今日のトレッキングの無事を祈願。

P4220005_convert_20130422204702.jpg
神社を過ぎるとすぐに本格的な登山道となる。

P4220006_convert_20130422204715.jpg
7:05 大内峠。ここからの道が難しかった。峠を過ぎてすぐ左後ろの上にマーキング。マーキングの崖を登ると登山道。

P4220007_convert_20130422204723.jpg
大内峠の崖を登ったら尾根伝いに緩やかに上って行く。日差しが暖かくなってきた。

P4220008_convert_20130422204735.jpg
鉄塔をくぐって・・

P4220009_convert_20130422204743.jpg
さらに尾根伝いに進む。

P4220011_convert_20130422204836.jpg
暑い。アウターを脱ごう。

P4220012_convert_20130422204844.jpg
火燈山の山頂が見えてきた。

P4220013_convert_20130422204900.jpg
8:24 火燈山(標高803m)山頂到着。

P4220014_convert_20130422204908.jpg
この道を通ってきて・・

P4220015_convert_20130422204919.jpg
こちらの道へ行く。

P4220018_convert_20130422205034.jpg
火燈山から小倉谷山へ向かう途中。4月5日に来たときより雪が格段に少なくなっている。

P4220019_convert_20130422205054.jpg
雪がちらほら積っている。この雪は今日の早朝降ったものか?

P4220020_convert_20130422205110.jpg
8:47 小倉谷山(標高910m)山頂到着。

P4220021_convert_20130422205129.jpg
小倉谷山三角点。

P4220022_convert_20130422205143.jpg
ここからの眺めはほんと素晴らしい。嫁さんに見せてあげたい。

P4220023_convert_20130422205154.jpg
8:56 ザックを下ろし休憩。次の山へ向かう。あれが富士写ヶ岳か。

P4220025_convert_20130422205211.jpg
小倉谷山から富士写ヶ岳に向かう登山道は雪が多く積っていた。動物のトレースをたどって行く。

P4220028_convert_20130422205310.jpg
木々に雪が積もっていてまるで冬山のようだ。

P4220030_convert_20130422205341.jpg
動物のトレースが消えて雪崩を起こさない様に細心の注意を払って真っ白な雪の上を歩いて行く。

P4220032_convert_20130422205435.jpg
10:37 富士写ヶ岳(標高942m)山頂。

P4220033_convert_20130422205448.jpg
P4220034_convert_20130422205502.jpg
富士写ヶ岳一等三角点。

P4220036_convert_20130422205517.jpg
ここもまた素晴らしい眺め。なんか空が近い・・。

P4220037_convert_20130422205531.jpg
10:55 山頂におられた単独行動の男性と雑談をした後、お昼には早いので下山することにする。

P4220038_convert_20130422205549.jpg
深く掘られた登山道を下る。

P4220039_convert_20130422205602.jpg
滝を発見。しばし癒される。

P4220040_convert_20130422205622.jpg
12:02 富士写ヶ岳大内登山口。

P4220042_convert_20130422205633.jpg
しばらく林道を歩くと車道へ出る。車道を150mほど歩くと車を停めた火燈山古道前駐車場へ着く。

P4220043_convert_20130422205646.jpg
富士写ヶ岳大内登山口駐車場。

P4220044_convert_20130422205700.jpg
12:12 火燈山古道前駐車場到着。

・泥_convert_20130422204005
繝ュ繧ー繧ュ繝」繝励メ繝」_convert_20130422204510
今日のログ。カシミール3D(有料版)すげ~~。

鬮伜コヲ繧ー繝ゥ繝輔く繝」繝励メ繝」_convert_20130422204527
今日は本格的なトレッキングをした気分だ。お守り(GPS)を持っているだけで初心者にとってはすごい安心感だ。
富士山登頂に大きく前進した様な気がする。早起きが大きな勝因になっているに違いない。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

最近、情報にうとくなってしまい、「火燈古道」なんてのがあるのですね。登山口はどの辺りなんですか?

私などGPSなんていう優れものもないので不安ではありますが一度歩いてみたいですね。「大内峠」に引かれます。
今回はえらく寒そうですが花などはどんな様子でしたでしょうか。

Re: No title

つかさん こんにちは。

火燈古道の登山口は、丸岡から県道10号線で丸岡温泉「たけくらべ」を越えたとこで、国道364号線を加賀・山中温泉方面に行きます。丸岡・山中温泉トンネルを出てすぐ右に入れる道路があるので、そこを右折してしばらくすると看板が見えてきます。
わかりにくい説明でごめんなさい・・・><

花も山登り同様勉強中なので、具体的な名前とかはわかりません。山頂でご一緒させていただいたベテランさんが今年は全然少ないとおっしゃってました。

はじめまして~^^

あつぷりさんはじめまして~^^

ちょくちょく覗かせていただいておりましたが、なんかどんどん本格的な装備が増えていくな~と感心しておりましたが、GPSにカシミール活用されて、ちょっと羨ましくなり初コメントを(笑)

というか、目指せ!富士山登頂とありますが、多分、あつぷりさん楽勝だと思いますよ^^;←これをずーっと言いたかった(笑)

普通に槍ヶ岳、剱岳、穂高岳行けると思います^^

はじめまして~

はるごんさん はじめまして。
いつも心の栄養たっぷりの画像ありがとうございます。

山の装備って楽しいですよね。カシミールの軌跡は自画自賛の極みです。あとテントとお泊まりセットを2人分買わないと今年の目標(嫁さんと白山でテント泊)が達成できません^_^;宝くじ当たらないかな~?(笑)

富士山は2,3年後にと考えています。それ以上の難易度の高い山々はいずれ行ってみたいですね。

自己満足の為のブログですが、温かく見守ってやってください。
コメントありがとうございました。

おぉ!

あつぷりさん、こんにちは!

縦走されたのですね!
「GARMIN eTrex 30J」カッコいいですね〜!!(≧∇≦)あの〜、差し支えなければ、いくら位で購入できるのですか?(*゚ェ゚*)
雪がかなり残っていますね。軽アイゼンを使用されたのでしょうか。

はるごんさんも、おっしゃっていますが、あつぷりさん、富士山は楽勝だと思いますよ(笑)ふふ。

たまねぎさん こんにちは。

「GARMIN eTrex 30J」本体が定価の59,800円。
ソフトの「日本登山地図 TOPO 10M Plus V2」が定価17,850円をキャンペーン価格の5,250円で購入しました。
詳しくは好日山荘のHPへGO!(笑)

僕はこれぐらいの積雪量の少ない柔らかい雪だと、滑らないのでアイゼンは装着しません。防水で保温性能が高い登山靴ならぜんぜんOKです。むしろ、雪と土の間にある「落ち葉の層」が滑りやすくて怖いです。この日、単独行動の男性4人とすれ違いましたが、アイゼンを装着している人はいませんでした。カチカチに凍った雪を歩く場合は装着した方がいいと思います。

ほんと富士山を登るのが楽しみです。それに向けてコツコツ準備していきます。

富士写ヶ岳!!!

あつぷりさん、こんにちわ。

隣の県在住の山ガールの青レンジャーです。よくご訪問させて頂いておりましたが。。。

あつぷりさん、火燈山~富士写ヶ岳まで縦走されたんですね。不惑新道って、今の時期はこんなんになっているんですね。すご~い。私が富士写ヶ岳を初めて登った時は、この大内コースを行きました。しかもシャクナゲ咲く5月のいい時期に。2、3年前くらいに、富士写ヶ岳の頂上でお会いしたオジサマが、不惑新道を整備した方で、「綺麗な登山道になったよ。シャクナゲも一番咲いているよ。」と言われていました。教科書には整備されていないと書かれておりましたが。しかし、クマさんの住処だとか。。。それを聞いて、青レンジャーは不惑新道を躊躇しております。。。あつぷりさん、だいじょうぶでしたか?

私も今年、シャクナゲ咲く富士写ヶ岳に行こうと思っております。これからも、地元山ネタを参考にさせて頂きますね。

Re: 富士写ヶ岳!!!

青レンジャーさん はじめまして。
僕もちょくちょくブログ拝見させていただいております。

ふわく新道のふわくって漢字で書くと『不惑』なんですね!思わずググってしまいました。「物の考え方などに迷いのないこと」という意味だそうです。なんかすごい意味のある道を歩いたんだな~って今更うれしくなりました。もう1つ「40歳のこと。」という意味もあるそうです。

クマさんの住処なんですか?知りませんでした^_^;出会わなくてよかったです。熊鈴必須ですね。

富士写ヶ岳は登山道も景色も綺麗でとても気に入りました。次回は富士写湖のあの赤い橋を渡って、我谷コースで登ってみたいです。

登山歴半年の若輩者ですが、今後も温かく見守ってやってください。コメントありがとうございました。