FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

19,1,28 雲取山2days(ソロ)(2日目)

Posted by あつぷり on   0 

ダブルウォールの4シーズンテントは温かかった。外気はマイナス10度だったが、テント内は3度~5度程あった。
シングルだと、テント内はほぼ外気温と同じになってしまう。厳冬期のテント泊において、ダブルの4シーズンテントが、ここまで温かいとは正直驚いた。
厳冬期用のスノーフライとか内張りとか、対応しているテントに興味が湧いてきた。

20190128C.jpg
朝ご飯はチキンラーメンと卵2つと昨日の残り物のネギ。

20190128C (1)
7:44 パッキング完了。雲取山は花の100名山なので、お花の時期にもう一度訪れる事となるが、その時は日帰りかな。

20190128C (2)
雲取山荘を後にする。

20190128C (3)
帰りは山頂に寄らず巻き道で。

20190128C (4)
北斜面の登山道は凍っているところが多いので、チェーンスパイクを装備。

20190128C (5)
昨日ほどではないが、富士山が良く見える。

20190128C (6)
太陽の方向がおかしいので、地図で確かめるとルートを外している事に気付く。引き返さなくても復帰できるので、そのまま歩く。

20190128C (7)
7:53 奥多摩小屋。

20190128C (8)
奥多摩小屋のテン場からは、富士山が見える。閉鎖はもったいないと思うが、いろいろ事情があるのだろう。

20190128C (9)
昨日巻いた七ツ石山方面へ。

20190128C (10)
9:35 七ツ石山(1757m)山頂。

20190128C (11)
東京都。

20190128C (12)
七ツ石山からも富士山が良く見える。

20190128C (13)
雲取山と歩いてきた稜線。

20190128C (15)
20190128C (14)
山頂から少し下りると七ツ石神社。

20190128C (16)
この岩も七ツ石のひとつだろうか。

20190128C (17)
奥多摩駅の方に伸びる縦走路。

20190128C (18)
七ツ石小屋上部の水場は何とか機能している。

20190128C (19)
9:55 七ツ石小屋。

20190128C (20)
入る時は、鐘を鳴らして「こんにちは!」ですね。

20190128C (21)
お留守のようだ。

20190128C (23)
料金箱にお金を入れて・・・。

20190128C (24)
コーラを頂く。

20190128C (25)
後半はスピードが出る道。

20190128C (26)
黙々と歩く。

20190128C (27)
11:34 雲取山登山口。

20190128C (28)
11:40 丹波山村村営駐車場戻り。

20190128C (29)
車のAC電源を利用して

20190128C (30)
ツギの山行に向けてバッテリーを充電しながら移動。

20190128C (31)
道の駅「たばやま」にある

20190128C (32)
のめこい湯へ。

20190128C (33)
いい施設で、いい温泉でした。

20190128C (34)
気になっていた「鹿ばぁーがー」。1個700円もするハンバーガーなので期待が膨らむ。

20190128C (35)
わざわざ敵を作るようなことは書かなくてもいいのだが。
何度か鹿肉を頂いたことがあるが、これは酷い。とんかつソースとケチャップを混ぜた味しかしない。しかも肉が非常に硬く冷たい。ジビエ料理はハードルが高いと思うが、これは命を頂いた鹿さんに対して失礼な調理。もちろんお金を払ったお客様に対しても失礼だと思う。他人様からお金をもらうなら、ハンバーガーとはいえプロ料理人としての研究と努力をし続けなければいけないと思う。鹿さんは罪がないのですべて頂いたが。不味いものを不味いと思いながら食べたのは何年ぶりだろうか。
「ジビエ料理」が美味しくないと思う方々が増えないことを願う。

20190128C (36)
夜ご飯は、中央道「双葉SA」で甲州名物の「ほうとう」。
もう少し質素なイメージだったが、具だくさんで大変美味しゅうございました。

20190128D.jpg
20190128D (1)
20190128D (2)
20190128D (3)
今日も無事下山出来ました。感謝。

関連記事
あつぷり

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。