FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

19,1,29 北横岳(ソロ)

Posted by あつぷり on   0 


中央道双葉SAで車中泊。午前4時に起き、フードコートでカレーを頂く。

20190129A.jpg
諏訪ICで中央道を下り下道を走っていると、パトカーに追いつく。しばらく後について行くと、前方にひっくり返った乗用車が。
気を付けて運転しよう。

20190129A (1)
外気温はマイナス11度。樹氷の期待が膨らむ。

20190129A (2)
6:59 ピラタス蓼科スノーリゾート駐車場。
北八ヶ岳ロープウェイとリフトは午前9時からの営業なので、駐車場はガラガラ。

20190129A (3)
駐車場の東側に大きな登山口の標柱。樹氷確認!よかった!

20190129A (4)
7:02 北横岳へ向けてツボ足で歩き出す。

20190129A (5)
先行者はスノーシュー1名。

20190129A (6)
まだ陽が届いていないので、どんよりとした空。

20190129A (7)
緩やかに登って行く。

20190129A (8)
蓼科山は風がきつそう。

20190129A (10)
振り返ると中央アルプス。

20190129A (11)
前方に山頂駅。

20190129A (12)
ロープウェイで登ってしまうのはもったない良い道。

20190129A (13)
八ヶ岳ブルーに出会えそうな予感。

20190129A (14)
ゲレンデを横切る。

20190129A (15)
こんな景色を見ると、スキーをしたくなる。

20190129A (17)
昨晩、雪が降って風がきついので樹氷がいい感じ。これで空が蒼かったら完璧。

20190129A (18)
全く必要ないが、気分を盛り上げるためにスノーシューを装着。

20190129A (19)
ゲレンデの横を登って行く。スキーヤーさんはまだいない。

20190129A (20)
やっと太陽が来た!

20190129A (21)
陽がとどくと世界が一変する。

20190129A (22)
予定通り八ヶ岳ブルーと樹氷。今日を北横岳にして正解。

20190129A (24)
樹氷は陽があたった瞬間から少しづつ融けだすので、早朝が一番きれい。

20190129A (25)
低温でカメラのバッテーリーがすぐになくなるが、温めるとなぜか復活する。
4つのバッテリーを2つのハッキンカイロで温めながらローテーションする。

20190129A (26)
8:32 山頂駅。

20190129A (27)
キツツキ。

20190129A (28)
先行者さんは山頂駅で休憩中。ノートレースを頂きます。

20190129A (29)
先行者さんはお仕事中だったのか。邪魔をしたら悪いのですぐに道を譲る。

20190129A (30)
ラッセルって程でもないので、写真を撮りながらゆっくり進もう。

20190129A (31)
坪庭。

20190129A (33)
やっぱ八ヶ岳は凄い。

20190129A (34)
坪庭はルートを外さないように柵がある。

20190129A (35)

20190129A (36)
モフモフ。

20190129A (37)

20190129A (38)
ここから登山道らしい。

20190129A (39)

20190129A (40)
小さいのに頑張っている。

20190129A (41)

20190129A (42)

20190129A (43)
坪庭と山頂駅を振り返る。

20190129A (44)
THE八ヶ岳ブルー。

20190129A (45)
お仕事中の先行者さんが休憩されていたので、トレースの礼を言い、先頭に出る。

20190129A (46)
北横岳方面へ。

20190129A (47)
やっぱノートレースは気持ちがいい。

20190129A (48)
スノーシューは足首ほど埋まっているが、雪が軽いので楽。

20190129A (49)

20190129A (50)
9:28 北横岳ヒュッテ。

20190129A (51)
その通りだと思う。

20190129A (53)
山頂方面へ。

20190129A (54)
まあまあ沈むが雪が軽いので、ラッセル感が少ない。

20190129A (55)
そろそろ山頂かな?

20190129A (56)
9:44 北横岳南峰(2471m)。

20190129A (57)
北峰へ。

20190129A (58)
あそこが北峰か。

20190129A (59)
9:50 北横岳北峰(2480m)。

20190129A (61)
風速は17mの予報だったので、そこまで強くない。

20190129A (62)
気温はマイナス11度。

20190129A (60)
蓼科山。戻ろう。

20190129A (63)
縞枯山方面。

20190129A (64)
風で樹氷が飛ばされてくる。樹氷の見頃は過ぎたみたい。

20190129A (66)
10:07 北横岳ヒュッテ戻り。

20190129A (65)

20190129A (67)
雨池峠から縞枯山を目指そう。

20190129A (69)
先ずは三ッ岳へ。

20190129A (71)
八ヶ岳、やっぱスゲー。

20190129A (72)
岩岩しい。

20190129A (73)
中途半端な積雪なので、岩場が歩きにくい。無理はしたくないので引き返す。

20190129A (74)
坪庭。

20190129A (75)
朝に比べて樹氷が小さくなっている。

20190129A (76)
スキーの方かな?

20190129A (77)
リフトを使えば、手軽に本格的な雨氷を楽しめる。

20190129A (78)
だいぶ小さくなっている。やっぱ樹氷は早朝がいい。

20190129A (79)
11:10 山頂駅。

20190129A (80)

20190129A (81)
あかん子でカップラーメン。

20190129A (82)
お腹が膨れると、温泉に入りたくなる。

20190129A (83)
帰りも歩きで。

20190129A (84)

20190129A (85)
ゲレンデはメチャメチャ空いている。お昼時やからかな?

20190129A (86)
北八ヶ岳ロープウェイ。

20190129A (87)
標高の低い樹氷は既に溶けている。

20190129A (88)
12:39 ピラタス蓼科スノーリゾート駐車場戻り。

北横岳。ホンマに素晴らしかった。ロープウェイを使わなくても、冬季の取立山より体力は使わないと思う。
ロープウェイを使えば足羽山より楽かな?天候が良ければ、手軽に2,000m級の冬山を楽しめる。正直、先頭に立たなければワカンで十分。人が多ければチェーンスパイクで行けるかも。当たり前のことだが、天候が悪ければ難易度は格段に上がる。
もし、前日に雪が降って、風がそこそこ強く、気温の低いいい天気の北横岳に行けるチャンスがあれば是非!

20190129A (89)
白樺湖温泉「すずらんの湯」で汗を流し、道の駅「マルメロの駅ながと」で車中泊。
明日は遠征最終日。晴れるといいな。

20190129B.jpg
20190129B (1)


今日も無事下山出来ました。感謝。
関連記事
あつぷり

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。