FC2ブログ

13,4,28火燈山・小倉谷山(妻と)

GWの前半の今日、嫁さんとトレッキングに出かける。嫁さんも今年の目標の白山登頂に向けてトレーニングをしなければならない。
行き先は僕の最近のお気に入り小倉谷山(標高910m)。ここの山頂からの景色を嫁さんに見せてあげたい。
でも、今まで登った一番高い山が文殊山(標高365m)なので決して無理をさせない様にしよう。

午前8時に自宅を出発。

P4280001_convert_20130428160752.jpg
8:58 火燈古道駐車場。トイレがある駐車場はすでに満車。登山口近くの駐車スペースににぎりぎり滑りこむ。
こちらの駐車場に駐車人たちのほとんどの方が火燈古道を登るのではなく、いったん富士写ヶ岳の大内登山口まで引き返して富士写ヶ岳を登るらしい。富士写ヶ岳の大内登山口駐車場もすでに満車だったせいだろう。

P4280002_convert_20130428160823.jpg
9:15 トレッキング開始。天気予報通り快晴だ。

P4280003_convert_20130428160833.jpg
白山神社。今回のトレッキングの無事を祈願。

P4280004_convert_20130428160841.jpg
9:20 大内峠。

P4280005_convert_20130428160854.jpg
大内峠から見える火燈古道の標識。

P4280006_convert_20130428160903.jpg
本格的なトレッキングに少々興奮気味の嫁さん。今回はザックの中に雨具やコップ・ざぶとんなどが入っている。

P4280007_convert_20130428160915.jpg
木の根っこで歩きにくい個所も。

P4280008_convert_20130428160925.jpg
僕。嫁さんが撮ってくれた。

P4280009_convert_20130428160938.jpg
シャクナゲ

P4280010_convert_20130428160946.jpg
ほとんどしおれていたが、きれいに咲いているのを見つけた。

P4280011_convert_20130428160955.jpg
嫁さんが見つけた小さな花。なんていう花だろう。

P4280013_convert_20130428161004.jpg
10:58 ペースはゆっくりだがほとんど休憩することなく火燈山山頂到着。嫁さんも余裕の表情。P4280014_convert_20130428161020.jpg
しばらく休憩した後、小倉谷山を目指す。

P4280015_convert_20130428161030.jpg
ここからは残雪もチラホラ見えてくる。登山道には全く雪はない。

P4280016_convert_20130428161044.jpg
11:31 小倉谷山山頂到着。こじんまりした山頂に団体さんがおられてほとんど身動きが取れない状態。

P4280017_convert_20130428161056.jpg
団体さんが移動した後、景色を満喫。しかし次から次へと登山者が山頂に到着。立ったまま行動食を口にほりこみ追い出されるように山頂を後にする。

P4280018_convert_20130428161111.jpg
火燈山の山頂に戻るがここも満員状態なのでスルー。火燈古道を下りる。

P4280019_convert_20130428161134.jpg
13:36 嫁さんとしゃべりながら、立ち止まって景色を見ながら、他の登山者としゃべりながら歩いていると、大内峠に到着。

P4280020_convert_20130428161147.jpg
13:50 火燈古道駐車場着。駐車場は歯抜け状態。路上に駐車している車もある。駐車スペースが完全にうまってしまったのだろう。GWの混雑はここでもすごかった。

それより驚いたのは嫁さんの体力。文殊山からいきなり標高をあげても全く問題なさそう。

繧ュ繝」繝励メ繝」_convert_20130429053614
繧ュ繝」繝励メ繝」+繝ォ繝シ繝・convert_20130429053557
今日のログ。

繧ュ繝」繝励メ繝」+繧ー繝ゥ繝廟convert_20130429053627
高度グラフ。

帰る途中に中華料理店を予約。家族で食べに行こう。もちろん生ビールはピッチャーで(笑)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

火燈山再び

あつぷりさん、こんにちわ。

またまた火燈山・小倉谷山に行かれたんですね。青レンジャーも同じ日にお山に行きました~。この日は本当にいい天気で、白山がキレイに見えましたよね。

富士写ヶ岳一帯のお山のシャクナゲは、やや下火ですか?・・・青レンジャーが行く頃にはピークを過ぎていますかね。。。

ピンク色の小さいお花ですが、トクワカソウですね。トクワカソウについて、青レンジャーのブログに載せてみました~。

http://oomisumisou.blog.fc2.com/

と、ちゃっかり宣伝をしてみました~。

また、地元の山ネタの情報を楽しみにしています。

恐るべし。。。

奥様も火燈山・小倉谷山を余裕で踏破とは凄いですね。
多少ペースは落とされたんでしょうが、スーパー健脚のあつぷりさんに付いていくとは。。。

お嬢さんも含め、恐るべし、あつぷり一家!(笑)

Re: 火燈山再び

青レンジャーさん こんにちは

「トクワカソウ」ですね。ありがとうございます。山もそうですが花も素人で、恥ずかしい話、実はカタクリも今年初めて見ました。

小倉谷山には大勢の登山者がおられて普段とは違った雰囲気でした。山頂が狭いのでゆっくりできませんでした。混雑が予想される日は、なるべく山頂が広い山を選んだほうがいいみたいです。

Re: 恐るべし。。。

よっし~さん こんにちは。

かなりゆっくりとしたペースですが、嫁さん頑張ってました。嫁さんと歩くと同じ道なのに景色が変わってたのしいです。ゆっくりとしたペースで景色を楽しみながら歩くのが、本当のトレッキングなんでしょうね。

どうもソロで登山道を歩いていると、自分の限界に挑戦したくなってきたり、自分の筋肉をいじめたくなってきます。Mなのか・・ストイックなのか・・

ソロでも、嫁さんとでも、山を歩くのは楽しいのでどちらでも問題ありませが。