13,6,10日清焼そば×2 完結編

前回(5/28)の山飯研究の結論を出そう。
袋めんの乾麺をラーメンにするのに最低限必要な水の量を求める。

P6050001_convert_20130610200602.jpg
コッヘルに蓋をして、日清焼そば二袋を水400mlで作ると水が多すぎた。今回は前回の失敗を踏まえて水300mlで作る。

P6050002_convert_20130610200634.jpg
水300mlを沸騰させ乾麺二袋分を投入。ちょうど一袋分がギリ熱湯につかる。少しの水分も無駄にできないのですぐにふたを閉め、弱火にする。

P6050003_convert_20130610200644.jpg
いいころ合いを見て、上の乾麺と下の乾麺の場所を入れ替える。下にあった乾麺はまだ完全に柔らかくなっていない状態。すぐに蓋。

P6050004_convert_20130610200655.jpg
やばい。ぴったり過ぎる。できたと同時に水も無くなった。しかもうまい。研究成功だ。蓋をして弱火で調理すると水の量をかなり減らす事が出来る。乾麺一袋分だと150ml。これから役に立ちそうだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント