17,9,5 白山2days(妻と)(2日目)

1時にアラームを設定して寝たが、11時30分頃に目が覚める。
セントラルロッジまでおトイレをお借りするためにしばらく歩くと、目が覚めてしまった。テントに戻り1時間程シェラフに包まって時間が過ぎるのを待った。
1時前に起き、ナイトハイクの準備をする。1時のアラームが鳴ると、嫁さんを起こす。

170905_01201649.jpg
1:20 御前峰に向かって歩き出す。
セントラルロッジに立ち寄り、トイレをお借りし水分を補充する。


続きを読む

17,9,4 白山2days(妻と)(1日目)

嫁さんは、開山1300年記念の白山に登ると決めている。
1dayで御前峰まで登って降りてくる自信がないので、4年前に2人で白山でテント泊した時と同じように、1日目に別当出合から南竜ヶ馬場まで登り野営。御前峰で御来光を拝みたらしい。
しかも今回は、前回の白山テン泊で見かけて羨ましいと思った、「テン場で焼肉」を是非したいらしい。

承知いたしました。


続きを読む

17,9,1 白山三山登拝(ソロ)

来年4月の社会人になる長女が、第一志望の内定をいただいた。
唯一の欠点である勉強ができないことを除けば、超絶いい子なので、合格するとは思っていたが。
同時に社会人になる次女も近日中に第一志望の内定を頂ける予定。(大人の事情で決定済み)

来月に後期の授業料を振込んだら親の務めの大半が終わると思うと、ジ~ンと胸が熱くなる。

家族の幸せをお願いしまくっている白山へ、お礼参りをしないと!

170902_15585603.jpg
3年目に挑んだ市ノ瀬発の白山三山登拝。深夜から16時間15分も歩き続けボロボロになりながら市ノ瀬に戻り、車のサイドブレーキを解除できない程、足の裏を痛めた覚えがある。
1dayでは最も厳しい山行の1つ。(ちなみに1day以外なら、もちろん高島トレイルスルーハイク。)
ゆえに、3年間なんじゃかんじゃ言い訳をしながら封印をしてきた。

超絶いい子の娘2人の進路も(ほぼ)決まった今、封印を解かないといけない気がする。
親が辛いことから逃げていて、子に逃げるなとは言えない。(←いいこと言ってます)

続きを読む

17,8,28 乗鞍岳(妻と)

仲間と北岳で見たような3000m級のお山の御来光を嫁さんに見せてあげたい。
ので、お山で宿泊もせず、ナイトハイクもなしで、手軽に3000m級のお山の御来光が拝める乗鞍岳へ。

170830_19580303.jpg
乗鞍岳の最大の魅力は御来光見学バスで一気に標高2700m以上へ行ける事。

170830_19585602.jpg
料金は往復で2,600円。

続きを読む

17,8,19 白馬岳・朝日岳周回3days(としパパさん・ゲンジさんと)(3日目)

朝日小屋の部屋は、我々3人とソロのハイカーさんの4人だけだったので、のびのび寝る事ができた。
3時半に起床。モゾモゾと準備を始める。

170819_04571601.jpg
4:57 外は雨。御来光は期待できないので、定時に朝食を頂く。

続きを読む