17,11,12 「2017 KOBE 六甲全山縦走大会」(皆で)

昨年の12月4日、文殊山でツギロウ兄さんと「皆で六甲全縦大会に出たいなぁ・・・」って話した事を実現させた。

夏ごろから、神戸市のHPを頻繁にチェックして開催日が決まるとすぐに、条件のいい前泊のホテルを仮押さえ。
大会の申し込み。抽選の結果は、人数割れにて見事全員当選。
前夜祭も含めて出来る限り効率のいいプランを考える。

~11月11日㈯~
某駐車場に集合。僕の車でゴール地点の宝塚を目指す。

171111_160752001.jpg
16:07 阪急宝塚駅屋上駐車場。
297台駐車可能で当日最大1,000円。営業時間は7:00~24:30なので、始発で移動する日帰りの六甲全縦では使いにくいが、今回のような前泊プランにはなかなか良い駐車場。

続きを読む

17,11,6 文殊山(ソロ)

「びわ100」で痛めた、腰とヒザはひと晩寝たらすっかり良くなったが、紫色に変色した足の両親指は、1週間経っても痛みがとれない。病院に行き、爪の下に溜まった血を抜いてもらい、ついでに、肉刺によってできた余分な皮膚を切り取ってもらう。

病院に行ってから更に1週間。そろそろ今週末に控えた仲間とのイベントに向けて体を動かさないといけない。

171106_091232001.jpg
両足の親指の調子を確かめるために文殊山へ。

続きを読む

17,10,21 びわ100(ソロ)(その2)

正直、ツーデーマーチの40kmでウオーカーさん方と激戦を繰り広げ(ウオーキング大会は戦いではありません)、6時間を切ったので(ウオーキング大会はタイムを競うものではありません)、100kmウオークをなめていた。
「距離にして40kmの2.5倍。40kmのペースで歩けば、15時間。それを21時間で歩けばいいから、6時間も余裕があるやん(笑)」
ぐらいの考えでしかなかった。

スタート地点が長浜で、時計回りに琵琶湖を半周して雄琴温泉がゴール。長浜のスタート地点に豊公園の大きな有料駐車場(1日最大1,000円)があるので、スタート地点に車を置いて、ゴールしたら電車に1時間30分乗って長浜に戻り車を回収できるのだが、今回は嫁さんの全面協力を得ることができた。

長浜まで嫁さんと2人で車で移動。僕は「びわ100」に参加。僕がスタートしたら、嫁さんは車で雄琴温泉に行き1泊(もちろん僕が予約)。ゴール地点で合流。その後さっと風呂に入って、助手席で爆睡。福井まで嫁さんの運転で僕を連れて帰ってもらうと言う完璧な作戦。
僕のアホな挑戦に2日間も付き合ってくれるので、温泉での全身エステも快諾。少々経費がお高くなってしまったが、嫁さんも喜んでくれるので良しとしよう。

台風21号の影響で、本大会が開催されるかどうかは当日の午前6時に実行委員会より発表されるが、それを待たずに朝5時過ぎに自宅を出発。ゆっくり運転で長浜の豊公園を目指す。
午前6時に「今回の第4回びわ100は、予定通り開催いたします!」とFBで通知。
171021_081848001.jpg
受付をし、53km地点まで運んでもらう荷物を預ける。
ゼッケンを安全ピンで前につけろとの事だが、お気に入りのレインに穴を空ける訳にはいかないので、サコッシュに付ける事にする。レインとかアウターに穴をあけたくないので、今後何かの大会に出場する時は、ゼッケンの取り付け位置を事前に考えておく必要がある。

続きを読む

17,10,21 びわ100(ソロ)(その1)

171021_080125001.jpg
(嫁さん撮影)
元気な出発前。
応援のメールとLINEを少数名から頂いた。

応援がここまで力になると初めて知りました。ホンマにありがとうございました。
まずは、結果報告。

続きを読む

17,10,19 100kmウォークの持ち物(その2)

週末の出張に無理があったのか、風邪をひいてしまった。「あれ?風邪かな?」って感じじゃなくて、「うわ~やってしもたorz」ってぐらいの風邪。今週は風邪を治すことに全力を注ぐので、100kmウオークの調整は無し。2週間前の熊野古道2daysが最終調整になってしまった。

171019_194604002.jpg 171019_194634003.jpg
2日後の長浜と大津の天気予報。9時にスタートしてすぐに雨。昼過ぎから小雨に打たれながら歩き、夜から夜中にかけて雨脚が強くなり、ゴール時はザーザー降り。風が弱いので、問題はないだろう。暑がりの僕にとってはむしろ好条件。レインパンツにゲイターでスタートして、上はウインドブレーカーとレインで調節する。全身雨に濡れるので、途中立ち寄るコンビニに迷惑をかけないようにしなければならない。

続きを読む