FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

21,3,8 SALOMON HYDRACTIVE VEST 8

Posted by あつぷり on   0 

記念すべき18個目のザックはハイドレーションバック。
トレランザックの「モンテイン/レーザー15」でもいいのだが、ジョギングに15リットルはデカすぎる。
持ち物は、水分とスマホと車のキー。脱いだ物は、チャック付きのポケットに収納したい。

210308_143142001.jpg
「SALOMON HYDRACTIVE VEST 8」(サロモン ハイドラクティブ ベスト 8)
重量:172g。毎回洗濯機でガンガン洗う予定。

210308_143211002.jpg
容量は8リットルとなっているが、Sサイズを購入したので、感覚では4リットルぐらいかな・・・。
チャック付きなので安心。

210308_143506003.jpg
走りながらペットボトルで水分補給するとこぼしてしまう。ボトル内で水分がチャポチャポ揺れるのも煩わしい。
500mlのソフトフラスク2本付いてくるのは嬉しい。
ソフトフラスクをポケットに入れたまま水分補給する。これは練習しないと。
左胸にチャック付きのポケット。車のキーを入れよう。

思い通りのザックを手に入れることが出来た。こいつと一緒に30kmの壁を越えよう。

21,1,31 BYERUS 高性能抗ウイルスマスク(セーレン株式会社)

Posted by あつぷり on   0 

福井新聞で紹介されて知った「バイラス高性能抗ウイルスマスク(セーレン株式会社)」

210130_1651070041.png
新型コロナウイルスを99.9%以上不活性化を実証だと!
あの「セーレン」なので疑う余地はない。

21,1,30 SWANS ROVO-MDH-CU BKOC

Posted by あつぷり on   0 

スキーを始めた頃に購入した、良く分からないブランドのゴーグルを今も使用している。
初めはよくコケて傷だらけにしてしまうので、普通に滑れるようになったら買い替えることを前提に3,000円程の物を買った。
一応、晴れ用と曇り用と2つのゴーグルを使い分けていたが、如何せん見難い。

コケなくなってきたし、スピードも上がって来たし、よけてもらう方からよける方になったし。
そろそろ、いいゴーグルを購入しよう。

210130_180554001.jpg
「SWANS ROVO-MDH-CU BKOC 調光ULTRAレンズ」
スキー場でも、よく見かける「スワンズ」。大阪の山本光学株式会社という会社が作っている。
フォトクロミック・テクノロジー(調光)を搭載した高機能レンズ。ULTRAレンズの特徴である「凹凸が見やすい」機能はそのままに、降雪時や曇天時から晴天時までのあらゆる環境下で、レンズの明るさを自動的に調整する全天候レンズらしい。
見た目は好みではないが、機能性を重視。

210130_180618002.jpg
A-BLOW SYSTEM。
ワンタッチでゴーグル内部の湿気を排出し、新鮮な空気を取り込むことで、レンズのくもりを抑え快適な視界を長時間キープすることができるらしい。
3,000円程のゴーグルでも曇らなかったので、この機能は必要ないかな・・・。

この先、微妙な天候が続くので、活躍してくれそうだ。

21,1,28 HOKA® EVO CARBON ROCKET

Posted by あつぷり on   0 

今、トレッドミルで履いているシューズは「HOKA® BONDI(ボンダイ) 6」
ひざに優しそうなので、購入当時HOKA®のロードシューズで最もクッション性の高いシューズを選んだ。
お陰かどうか解らないが、ひざ痛は再発していない。今の僕のトレーニングには、最適なシューズだと思う。
ただ、超厚底なので、重量は310g。少々重たい。

3月に行うハーフのタイムトライアルには不向きだと思う。
カーボンプレート搭載モデルも気になって仕方がない。

210128_095811003.jpg
「HOKA® EVO CARBON ROCKET(EVO カーボン ロケット)」
ネーミングが素晴らしい。
カーボンプレート搭載で重量は218g。メチャメチャ軽い。
しかも、2020年モデルなので、楽天で半額。
条件は揃った。ぽちっとな。

ソールが薄いので、長時間走ると足裏に硬さを感じることもあるらしい。
フルマラソン向きではないが、ハーフまでのタイムトライアルに使えそう。
もっと走れるようになったら、「CARBON X2」とか「ROCKET X」になると思う。

お山の靴もたくさんあるし、僕の靴がどんどん増えていく・・・。
家を出て行った子供たち3人が使っていたシューズボックスが、あと12足分空いているので、全く問題無し。

21,1,24 アクションカメラ

Posted by あつぷり on   0 

スキー場でヘルメットにアクションカメラを装着している人を見て、欲しくなってしまった。
お高い「GoPro」を買って、直ぐ飽きてしまう可能性はないことはない。
Amazonで中華のアクションカメラに2,000円offクーポンが貼ってあったので、3,980円で購入。

210124_191213001.jpg
「【進化版】APEMAN A79 アクションカメラ 4K高画質 WEBカメラ 2000万画素 外部マイク リモコン付き WiFi搭載 手ブレ補正40M 水中 防水カメラ 2インチ液晶画面 170度広角 HDMI出力 多数アクセサリー バッテリー×2 ウェアラブルカメラ 1年保証付き」

びっくりするぐらい小さい。1年保証が付いてるので、3,980円で1年間使えると割り切っている。
気に入ったら「GoPro」を買おうかな。

210124_191428002.jpg
多過ぎる付属品。
バッテリーが2個付いているのは嬉しい。リモコンもポイントが高い。
これで3,980円は逆に怖くなる。

210124_194353003.jpg
ヘルメットに付ける勇気はないので、別売りのマウントを購入して、防水ケースに入れてショルダーハーネスに装着。
いい感じだ。

明日試してみよう。



21,1,7 NEWOKE CooSpo 808S 心拍センサー

Posted by あつぷり on   0 

心拍数を手首の光学式心拍計で測るのは、正確性に欠けるので好きでない。
圧倒的に胸にハートレートセンサーを巻いて測る派だ。

最近、GARMINのハートレートセンサー「HRM-Dual」の調子がおかしい。
計測好きおじさん的には相当ストレスになる。
消耗品なので買い替えの時期かもしれないが、半年しか使っていない。

同じ「HRM-Dual」にするか、Gセンサー内蔵の「HRM4-Run」も魅力的。50m防水の「HRM-Pro」は頑丈そう。
ただ、また半年で調子が悪くなると、コスパが悪すぎる。
いろいろ検討した結果、

210107_0905030011.jpg
レビューがよかったので「NEWOKE CooSpo 808S 心拍センサー」をポチった。
タイムセールで4,445円。寿命が半年でも許せる金額。
購入してまず初めにすることは、新品のパナの電池に交換する事(らしい)。
fénix 6X Proとのペアリングは、センサーを胸に装着してfénix 6X Proの「センサー」⇒「センサー追加」⇒「心拍計」で完了。
正しく胸に装着して通電すると「ピーピー」と鳴ってグリーンのランプが点滅するのが便利。
外すと「ピー」となって通電の終了を知らせてくれる。

20,12,23 UAスポーツマスク フリース ネックウォーマー

Posted by あつぷり on   0 

スキージャム勝山は、施設内でのマスクの着用の協力を求めているが、ゲレンデではそこまで求めていない。
でもゲレンデでもほとんどに人が、何らかの飛沫対策をしながら滑っている。
リフトもほぼ1人で乗る。(1度だけおじさんが一緒に乗ってきた)

バラクラバでもいいと思うが、口の部分が息がしやすいように薄くなっているのが気になる。

201223_1912520011.jpg
アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)UAスポーツマスク フリース ネックウォーマー
アンダーアーマーのスポーツマスクが結構気に入っているので、冬用も即購入。

20,11,28 ザムスト(ZAMST) マウスカバー

Posted by あつぷり on   0 

先日、理化学研究所や神戸大がスーパーコンピューター「富岳」を使い、野外で新型コロナウイルスを含む飛沫が拡散する状況を検証した結果を発表した。
バーベキューで10人がテーブル(縦60センチ、横120センチ)を囲む状況を想定。1人がマスクをせずに大声で話すと、1メートル先の正面に立つ人が、飛沫全体のうち10分の1を浴びた。秒速0.5~1メートルの弱い風が吹いている設定。風下にいる人たちにも届いた。マスクをしていれば、いずれもほとんど届かなかったらしい。

201128_09252600222.jpg
野外のバーベキューで飛沫が広がる様子。大声で話す人の右斜め後ろから弱い風が吹き、風下にいる人にも届いているみたいだ。(理研・神戸大提供、豊橋技術科学大など協力)

やはり野外でも飛沫を浴びる可能性は高い。
野外ではマスクは必要ないって言いだしたのは誰だ(笑)
どっかの有名な教授やったっけ?


このカテゴリーに該当する記事はありません。