FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

13,12,12藤原岳(ソロ)

Posted by あつぷり on   6  0

先週からの風邪もだいぶ良くなり、そろそろ山に登りたいのだが、北陸地方の天気は雪か雨。と言う訳で、2週間ぶりの登山は、天気予報で晴れマークの三重県鈴鹿山脈の藤原岳(標高1140m)へ。このブログとリンクさせて頂いている、よっし~さんとkouさんのブログで予習を済ませておく。

計画は、大貝戸登山口に車を停め、大貝戸登山口→藤原岳→天狗岩→白瀬峠→坂本谷分岐→白瀬峠登山口→(東海自然歩)→大貝戸登山口。14kmの周回コースを歩くつもりだ。
ただ、天気予報では晴れだが、風速が12mと予報されていた。山の上ではさらに強風が予想される。無理をせず久しぶりの登山を楽しもう。

20131212_051835001.jpg
5:18 昨夜から来ている寒波のせいで、福井市内でも雪が積っている。もちろんタイヤはスタッドレスに履き替え済みだ。
藤原岳には雪が積もっているだろう。雪が凍っている事を想定して、12本爪アイゼンも持ってきた。

20131212_063456002.jpg
北陸道で滋賀県に入ると、雲が少なくなってきた。天気予報通り太平洋側は晴れらしい。

20131212_071258003.jpg
7:12 大貝戸登山口前駐車場到着。先行者は無し。僕が1番乗りらしい。

20131212_072631004.jpg
猟期中か・・・。クマ鈴がハンター鈴としての活躍を期待。

20131212_072705005.jpg
駐車場の敷地内にあるトイレ完備の休憩小屋。火の使用は禁止だ。

20131212_072724006.jpg
7:27 登山届を提出して登山開始。

20131212_072757007.jpg
下山に使う予定の、白瀬峠から白瀬峠登山口の登山道が案内板に書いていない。
度重なる土石流の為に通行禁止になっている坂本谷は、白いテープで隠されている。

20131212_072935008.jpg
2週間ぶりに山道を歩くので、少し緊張する。

20131212_073636009.jpg
今日の水は料理用の水も含めて3ℓ。結局2ℓ以上持って降りる事になったが、その分体が鍛えられたはずなので、無駄だとは思わない。

20131212_074244010.jpg
7:42 2合目。体が重い。風邪をひいたのにもかかわらず、体重が増え続けたせいだろう。

20131212_074533011.jpg
整備しすぎと感じるところも。

20131212_074828012.jpg
日が射してきた。北陸地方は荒れているんだろうな・・・

20131212_075158013.jpg
7:51 三合目。急坂はないが、ペースが上がらない。ここでザックを下ろして休憩。30分も歩いていないのに足に乳酸が溜まってきている。

20131212_080413014.jpg
8:04 4合目。一見どちらに進めばいいかわからない様な所もある。テープやペンキの印を探しながら進めば問題なし。

20131212_080445015.jpg
4合目からすぐの分かれ道。右の道の奥に印を発見したので、右に進む。

20131212_081212016.jpg
8:12 5合目。いい天気だ。三重県まで運転してきてよかった。太平洋側に住みたくなる。

20131212_081745017.jpg
ただ、雲が猛スピードで移動しているのが気がかりだ。

20131212_083543018.jpg
8:35 8合目。7合目を見逃したのか、脇道を歩いてしまったのか?

20131212_083949019.jpg
登山道の脇に土石流の後があった。自然の恐ろしさを感じた。

20131212_084622020.jpg
雪が現れてきた。地面は泥だが、バキバキに凍っている。バキバキに凍った泥はグリップが利いて歩きやすい。

20131212_084716021.jpg
8:47 8合目。だんだんとテンポよく歩けるようになってきた。やっとエンジンがかかってきたみたいだ。
風がきつくなってきた。

20131212_085201022.jpg
聖宝寺道合流。聖宝寺道も土石流で通れないみたいだ。「本当に迷います」って書いてある。なんか説得力がある。

20131212_085452023.jpg
汗で水分を含んだタオルが凍ってしまった。氷点下の世界まで登ってきたようだ。

20131212_090157024.jpg
薄く積ったパキパキに凍った雪を割りながら登って行く。

20131212_090340025.jpg
9:03 9合目。汗を含んだ帽子が凍ってきた。

20131212_091820026.jpg
風は相当強く吹いているが、白山で経験した風に比べるとたいしたことない。

20131212_092330027.jpg
いなべ市の町を振り返る。

20131212_092740028.jpg
9:27 藤原山荘到着。登山口よりちょうど2時間。コースタイムが2時間35分なので、前半エンジンがかからなかったのに頑張ったと思う。

20131212_092853029.jpg
避難小屋の中は風がないので温かく感じる。

20131212_092920030.jpg
室温は0℃。

20131212_093059031.jpg
とりあえずおにぎりを2つ食べて藤原岳の山頂を目指そう。

山頂に登る準備をしていると、単独行の男性の方が避難小屋に入ってこられた。今日初めてハイカーと出会った。軽く雑談を交わし、避難小屋を後にする。

20131212_094235032.jpg
藤原岳は避難小屋から20分ほどの所にある。

20131212_094541033.jpg
ハードシェルのおかげで寒さはあまり感じない。

20131212_095900034.jpg
9:59 藤原岳(1140m)山頂。突風が吹いている。

20131212_100251035.jpg
風がひどいので、先を急ごう。

20131212_101211036.jpg
なんか久々に青空を見上げた気がする。

20131212_102034037.jpg
10:20 もう一度避難小屋まで戻り、天狗岩を目指す。

20131212_102329038.jpg
地図を広げられない位風が吹いている。

20131212_102939039.jpg
稜線に出ると一段と風が強まる。木に取り付けられたリボンがちぎれそうだ。

20131212_102946041.jpg
寒波のせいだろう。安全をとってここで引き返そう。ここから先は次回の楽しみにとっておこう。

20131212_102942040.jpg
これだけ風がきつかったらしかたない。

20131212_105433042.jpg
今日は7人のハイカーとすれ違った。藤原岳は人気の山と聞いているので、少ない方だろう。

20131212_113940043.jpg
ポカポカ陽気の散歩のようだ。

20131212_121219044.jpg
12:12 大貝戸道登山口。

20131212_121259045.jpg
晴れを求めて三重県まで来たのは大正解だった。風がきつくて計画は途中断念したが、2週間ぶりの登山は楽しかった。鈴鹿セブンマウンテンか・・・またこよう。

今回から導入したハードシェル(冬登山用1枚地のアウター)のおかげで、ほとんど寒さを感じずに快適に登山ができた。去年のオールシーズンのレインウエアを着て冬山の登っていた時とは、比べ物にならない位の快適さだ。
機能のわりにはお安いモンベルでも3万円以上するアウターだが、その価値は十分あると思う。

(モンベル)mont-bell ダイナアクションパーカ (男女兼用)(モンベル)mont-bell ダイナアクションパーカ (男女兼用)
(2013/10/02)
mont-bell(モンベル)

商品詳細を見る

ちなみに1番目立ちそうなサンフラワーを買った。

20131213_165916001.jpg
今日のログ。

20131213_170004002.jpg
今日のグラフ。沿面距離8.78km。累積標高1105m。
関連記事
あつぷり

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

6 Comments

よっし~ says..."No title"
こんにちは。

藤原岳に登られたんですね。
太平洋側とはいえ、この時期に1000m超のお山に登られるとは、やはりただモノじゃありませんね(笑)
でも健脚のあつぷりさんが2時間とは、かなり調子が悪かったようですね。

天狗岩に行かれなかったのは残念ですが、ナイス判断だったと思います。
私登った残雪期でもトレースが分かりづらく、うっかりしていると何度も道迷いしそうになりました。

今度は是非フクジュソウの時期に登ってみて下さい。
本当にキレイですよ。

あつぷりさんなら、鈴鹿セブンマウンテンもあっという間に制覇できるのではないでしょうか?
2013.12.15 14:44 | URL | #4E/hvK92 [edit]
山ガールの青レンジャー says..."天気いいですね~。"
あつぷりさん、こんにちわ。

あつぷりさんも鈴鹿山脈に行かれたんですか~。三重県のお山は、福井県からだと石川県よりも近いので行きやすいのでいいな~。

青レンジャーは2011年に藤原岳に行ったのですが、登りは大貝戸で、下りは聖宝寺方面に下りようと思ったのですが、あのような分岐を示す看板が見つからず、分岐点すら探せずに結局ピストンとなってしまいました。やはり、大貝戸以外の登山道を行くのは難しいのですね。勉強になりました。

しかし、太平洋側のあの晴天は何なんでしょうか???
本当に最近は、青空を見た記憶がないです。冬は太平洋側に逃げるのがいいですね。

ところで、今の時期の北陸道・・・の、敦賀ー木之本間はいかがなものでしたか?石灰か何かがまかれて、凍った個所はなかったですか?
2013.12.16 10:09 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
よっし~さん こんにちは。

体重増加と病み上がりのせいで、なかなかエンジンがかからずしんどかったです。

よっし~さんは、たしか3月の終わりごろにフクジュソウを見に登られていましたよね。来年のその頃に、もう一度登ってみたいです。その時には、周回で来るかな?
2013.12.16 18:19 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: 天気いいですね~。"
青レンジャーさん こんにちは。

あの日の太平洋側はほんと天気がよかったです。この時期は1000m超えても雪は少ないですし、すごく楽しめました。

藤原岳は所々で土石流が発生しているみたいで、登山道が通行止めになっている個所もあるので注意が必要です。
平日だったんで、北陸道は終始快適でしたよ。北陸道の本格的なスキーシーズンの休日は、雪に慣れていない雪の降らない地域のナンバーの車が増えるので、怖いです。
2013.12.16 18:33 | URL | #- [edit]
kou says..."No title"
あつぷりさん こんばんは

はやっ! もうすぐに行動に移しちゃいますね。怖いです。さすがです。

太平洋側の空は晴れていて羨ましいですね。なんでこんなに福井は天気が悪いのか・・・悲しくなります ゚(゚´Д`゚)゚ 

次はどこに行くのですか? 楽しみです。
2013.12.17 00:12 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
kouさん こんにちは。

この時期に北陸の天気が悪くても、青空の下で登れる山を教えて頂き、ありがとうございました。
風がきつくて、予定通り歩けませんでしたが、楽しかったです。

他のセブンマウンテンの山々にも登ってみたいです。
2013.12.18 17:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fukuitrekking.blog.fc2.com/tb.php/115-a1ac281d
該当の記事は見つかりませんでした。