FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

14,4,2 霊仙山(ソロ)

Posted by あつぷり on   8  0

先週藤原岳で見た福寿草が霊仙山(1083m)でも咲いているらしい。見に行こう。

140402_062318001.jpg
滋賀県道17号で滋賀県醒井養鱒場を通過。

140402_062439002.jpg
そのまま1.5車線になった17号を3.9km進んでいくと、

140402_063112003.jpg
6:31 霊仙山榑ヶ畑(くれがはた)登山口到着。大阪ナンバーのお兄さんが登山の準備をしていた。

140402_065307004.jpg
登山口の前の駐車場は10台ぐらい停めれそうだ。ここから数十メートル戻った所にも10台ぐらい停めれる駐車場がある。

140402_065320005.jpg
6:53 登山開始。お目当ての福寿草は西南尾根に咲いているみたいだ。まずは山頂を目指し、今畑経由で時計回りに周回しよう。

140402_065512007.jpg
この案内板には今日歩く予定の周回コースが書いていない。

140402_065537009.jpg
登山口近くの東屋。

140402_065547010.jpg
すごく歓迎されているのが伝わってくる。

140402_070149013.jpg
沢沿いを上がって行き、汗フキ峠を目指す。

140402_070310014.jpg

140402_070504015.jpg
山小屋「かなや」

140402_070537017.jpg
手動販売機。冷たくて美味そう。ビールもあるよ・・・。車じゃなかったらなぁ・・・。

140402_070552018.jpg
値段は良心的。

140402_071014019.jpg
少し登ると、

140402_071239020.jpg
7:12 2合目汗フキ峠。先に出発した大阪ナンバーのお兄さんが休憩されていた。僕と反対回りの反時計回りで周回されるらしい。「では、後で。」

140402_071537021.jpg
歩きやすい尾根を登って行く。

140402_071804022.jpg
3合目。

140402_071927023.jpg
大股でガンガン標高を稼いでいく。

140402_072306024.jpg
日が射してきた。

140402_072758025.jpg
4合目。まめに標識がある。

140402_073619026.jpg
7:36 5合目。ザックを下ろしてしばらく休憩。

140402_073633027.jpg
かすんでいるが、琵琶湖が見えた。

140402_075242028.jpg
6合目。

140402_075248029.jpg
急斜面をつづら折りに登って行く。

140402_075433030.jpg
振り返る。

140402_075830031.jpg
岩々しくなってきたが、踏み跡がはっきり見える。

140402_080028032.jpg
7合目。

140402_080043033.jpg
7合目から、しばらく平坦な道になる。

140402_080523034.jpg
たった一人で黙々と歩く。

140402_081014035.jpg

140402_081234036.jpg
霊仙山って感じがする。

140402_081341037.jpg
霊仙神社。厳かな雰囲気だ。家族の健康と幸せを祈願。

140402_081358038.jpg
8合目。

140402_081702039.jpg
所々に雪が残っているが、トレイル上には雪はない。

140402_081939040.jpg
鹿。

140402_082213041.jpg
めっちゃ見られてる。

140402_082942042.jpg
岩山の上に標柱を発見。

140402_083105043.jpg
8:31 経塚山山頂。風がきつい。

140402_083114044.jpg
避難小屋が見える。

140402_083315045.jpg
霊仙山の山頂を目指そう。

140402_084249046.jpg

140402_084258047.jpg
山頂が見えてきた。

140402_084311048.jpg
伊吹山。

140402_084632049.jpg
8:46 霊仙山(1083m)山頂。

140402_084649050.jpg
三角点。

140402_084854051.jpg
今から歩く南霊岳、西南尾根。

140402_084924052.jpg
琵琶湖。風が強いので、すぐに出発。

140402_085615053.jpg
最高点手前の坂。

140402_085925054.jpg
8:59 霊仙山最高点(1098m)。

140402_090110056.jpg
腰を下ろして行動食を摂取。

140402_090239057.jpg
デザートは魚肉ソーセージ。

140402_090619058.jpg
鈴鹿山脈。

140402_091109060.jpg
さて、西南尾根に福寿草を探しに行こう。

140402_092409062.jpg
石が不自然に泥で汚れているところがトレイル。

140402_092517063.jpg
石の間に福寿草のつぼみ発見。

140402_093350065.jpg

140402_093536066.jpg

140402_093713068.jpg
一生懸命咲いている姿に、心を打たれる。

140402_093946072.jpg

140402_094105073.jpg

140402_094201074.jpg
がんばれ!

140402_094304075.jpg
いつまでも福寿草を探していたいが、先に進もう。

140402_095034077.jpg

140402_095632078.jpg
汗フキ峠で別れた反時計周りで周回している、大阪ナンバーのお兄さんとすれ違う。

140402_100138079.jpg
10:01 近江展望台。

140402_100147080.jpg
近江展望台からの景色。鈴鹿山脈。

140402_100158081.jpg
琵琶湖。

140402_100401082.jpg
近江展望台からの激下り。

140402_101707083.jpg
激下りを振り返って。

140402_102401084.jpg
反時計回りで周回すると、この急坂が登りになるのできつそう。大阪ナンバーのお兄さんよく頑張ったなぁ・・・。

140402_102813085.jpg
今畑登山口を目指す。

140402_103448086.jpg

140402_103715087.jpg
もう、春だ。

140402_110015088.jpg
今畑地区。

140402_110026089.jpg
これも福寿草かな?

140402_110222090.jpg
今畑地区は廃村。

140402_110858091.jpg
11:08 今畑登山口。ここから落合登山口を目指す。

140402_111009093.jpg
舗装された道路を歩く。

140402_111534094.jpg
落合地区。

140402_111643095.jpg

140402_111752096.jpg
11:17 落合登山口。

140402_111800097.jpg
落合登山口から汗フキ峠までのルートは、通行不能とされている。大雨の影響で登山道が寸断されているらしい。

140402_111911098.jpg
沢に沿って登る。

140402_112203099.jpg
倒木が道をふさいでいる。

140402_112357100.jpg
登山道が寸断されているが、全く問題なく進める。

140402_112938101.jpg
数本の倒木があるが、左に迂回路がある。

140402_113203102.jpg
大雨で浸食がすすんだのだろう。

140402_113310103.jpg
たくさんの木が倒れている。

140402_113630104.jpg
ここも完全に登山道が寸断されている。左上の斜面に足跡あり。慎重にトラバースして行く。

140402_114046105.jpg

140402_114157106.jpg
水は生命の源だが、時に牙をむく。

140402_114441107.jpg
汗フキ峠直下の急坂。

140402_114941108.jpg
11:49 汗フキ峠。

140402_120729109.jpg
12:07 榑ヶ畑登山口駐車場。たくさんの車が停まっている。

140402_185524001.jpg
今日のログ。

140402_185600002.jpg
標高グラフ。沿面距離11.711km。累積標高1116m。

140402_130440110.jpg
帰りにあねがわ温泉に寄り道をして汗を流す。入浴料785円の価値は十分にある。
あつぷり

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

8 Comments

kou says..."No title"
あつぷりさん こんばんは

またまた福寿草かわいいですね!若干、肌寒さが残るこの時期に、元気いっぱい上を向いて咲く姿にはパワーをもらえますね!頑張らなくちゃです( ゚‥゚)=3

あつぷりさんも、お花が好きなんですね(^-^)
2014.04.05 03:10 | URL | #- [edit]
山ガールの青レンジャー says..."そこに福寿草がっ!"
あつぷりさん、お早うございます。

今度は霊仙山ですか~。凄いです。今回も朝早い。。。6時台に行くと、駐車できるんですね。あの榑ヶ畑登山口登山口までの林道が狭くて怖いですよね。。。

霊仙山の福寿草は周遊コースのところに咲いているんですね~。青レンジャー、あんまり調べず行き当たりばったりで行ってしまい、あつぷりさんの登りルートをピストンしてしまって全く見られなかったのです。次回リベンジしたいな~。
2014.04.05 08:36 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
kouさん こんにちは。

去年のこの時期、福寿草を見る事ができなかったので、たくさん見れて良かったです。

山に登り始めた時は、花には全く興味がなかったのですが、山に咲く花々は健気で心を打たれるものがあり、好きになりました。

まだまだ勉強中ですが、今年もたくさんの花を見に行きたいです。
2014.04.07 11:52 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: そこに福寿草がっ!"
青レンジャーさん こんにちは。

福寿草の数では、藤原岳の方が多いですが、霊仙山もなかなかいいお山でした。
駐車場が狭いという事だったので、朝暗いうちから出発しましたが、今回も早すぎたようです。。。

周回コースだと、レポにも書きましたが、落合ルートの2か所で登山道が寸断されていて、危険な個所があります。十分お気を付けください。って青レンジャーさんなら大丈夫か。
2014.04.07 11:59 | URL | #- [edit]
のぶ~ says...""
あつぷりさん、こんばんは。

霊仙山凄く良さそうですね!
展望も良さそうですし。
まだ福井県内では1000M前後の山は残雪が気になりますが、ここは心配無さそうですね。

登山道の状況や危険な箇所など、ホント有り難いです。毎回あつぷりさんのレポのおかげです。
ありがとうございます。m(_ _)m

私も早起きして今週辺りに行ってみます。
勿論!時計回りで(笑)!!
2014.04.07 18:59 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: タイトルなし"
のぶ~さん こんにちは。

霊仙山、すごくいいお山でしたよ。嫁さんも連れて行ってあげたいと思いました。
今週なら、たくさんの蕾だった福寿草が咲いているかも。

7合目あたりから凄く風がきつくて、すれ違った方が「ここはいつも風がきつい」と、おしゃっていたので、防寒はしっかりとした方がいいかもしれません。
通行不能の看板がある落合コース、通行しているハイカーが多いみたいで、踏み跡を注視すれば危険個所の迂回路がわかるので、のぶ~さんなら問題ないと思います。

>勿論!時計回りで(笑)!!
はい。時計回りをお勧めします(笑)。
気を付けて、行ってきてください。
2014.04.08 10:13 | URL | #- [edit]
のぶ~ says..."行って来た!"
あつぷりさん、こんばんは。

霊仙山、今日早速行って来ました!
いっやー、景色、登山道、福寿草、最高でした!
あと、激下りも(笑)!
あの激下り(激登り)は凄いです。
経ヶ岳の切窓からの急登も霞みますね!

あつぷりさんのレポを読まないで反時計回りで登っていたら…(笑)。

落合→汗フキ峠の危険箇所もレポを予習して問題無くクリア出来ました。

幸いに、風も穏やかで好天に恵まれ素晴らしいハイクになりました。
それもこれも、私の日頃の行い…いや、あつぷりさんのおかげです。ありがとうございました。
m(_ _)m
また、レポート楽しみにしてます。
2014.04.09 19:02 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: 行って来た!"
のぶ~さん こんにちは。

行ってきましたか!霊仙山、いいお山ですよね!
昨日はいい天気だったので、福寿草もだいぶ咲いていたのではないでしょうか。
きっと、のぶ~さんの日頃の行いがいいせいだと思います。

自己の山行記録と自己満足の為のブログが、人様のお役にたててうれしい限りです。
2014.04.10 06:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fukuitrekking.blog.fc2.com/tb.php/143-ca205086
該当の記事は見つかりませんでした。