FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

14,5,24 白山(御前峰)(ソロ)

Posted by あつぷり on   8  0

白山は、昨年1年間で三ノ峰も含めると、日帰りで6回、テン泊3回と大変お世話になったお山だ。
高山の歩き方、重装備の担ぎ方、テン泊の仕方、高山植物など、色々な事を時には厳しく教えてくれた。

昨年ビビって挑戦しなかった残雪の白山。今年は登れるような気がする。

前日午後9時に就寝。午前3時に起床。午前4時前に自宅を出発。

140524_052935001.jpg
5:29 別当出合第1駐車場になんとか駐車。別当出合特設駐車スペース(路肩)には、すでにたくさんの車が駐車されていた。好天の予報のせいだろうか・・。別当出合第2駐車場はガラガラだった。

140524_053001002.jpg
まずは、別当出合登山センターを目指す。新しい案内板が設置されている。

140524_053915003.jpg
別当出合登山センター。

140524_054347004.jpg
5:43 白山別当出合登山口。久しぶりだ・・・。今年もお世話になります!

140524_054436005.jpg
残雪期なので、ハイカーがたくさんいる砂防新道をピストンする。

140524_055100006.jpg
おお!ニリンソウが群生している・・・。

140524_055116007.jpg
まだ、早い時間なので開いていないが、これはこれでかわいい。

140524_055553008.jpg
急な石段。急なわりには登りやすい。

140524_061233010.jpg
6:12 中飯場。ここまで雪は全く無し。

140524_061321011.jpg
中飯場からの景色。少し長めに休憩をする。

140524_061823012.jpg
6:18 少し登山道にも雪が残っている。

140524_062359013.jpg
フキノトウ。たくさん咲いていた。

140524_062824014.jpg
ヤブが行く手を阻む。

140524_062932015.jpg

140524_064108016.jpg
雪が増えてきた。
滋賀から来た、白山を始めて登る青年と雑談をする。やはりこの先の雪の状態が気になるらしい。
この時は想像もしなかったが、この青年と一緒に下山する事になる。

140524_065257017.jpg
高校生の部活。大きな荷物を背負っているせいか、ゆっくりと登っている。雪道はどこでも登れるので、追い越すのは苦労しない。

140524_065419018.jpg
別山。今年はいつ頃登れるかな?

140524_070321019.jpg
甚之助避難小屋までの直登。

140524_070727020.jpg
ピンクのガイドがあるので、安心して登れる。

140524_070906021.jpg
7:09 甚之助避難小屋。

140524_070936022.jpg
甚之助避難小屋からの別山。

140524_071521023.jpg
甚之助でアイゼンを装着。

140524_071529024.jpg

140524_071854025.jpg
アイゼンを雪に刺しながらガシガシ登って行く。雪の日野山でのトレーニングが役に立っている気がする。

140524_072517026.jpg
南竜分岐までの急坂。

140524_074053027.jpg
南竜分岐を過ぎると、しばらくトラバースしながら登って行く。

140524_074803028.jpg
振り返ると別山。かっこいい。

140524_075020029.jpg
雪が無い部分もある。

140524_075328030.jpg
十二曲がりを直登。

140524_075525031.jpg
もしもの事態に備え、前方のハイカーと距離を取りながら登って行く。

140524_075957032.jpg
黒ボコ岩が見えた!立ち止まりながら、乳酸と戦いながら登って行く。

140524_080322033.jpg
8:03 黒ボコ岩到着。

140524_080328034.jpg
黒ボコ岩と別山。

140524_081053036.jpg
真っ白な弥陀ヶ原。御前峰が姿を現す。左を巻いて登るトレースもあるが、五葉坂を通って行こう。

140524_081604037.jpg
五葉坂。

140524_082401038.jpg
しばらく登ると雪がなくなった。こうなるとアイゼンが邪魔になる。

140524_082923039.jpg
8:29 室堂。登山口より2時間46分。雪道のわりには頑張ったと思う。

140524_083138040.jpg
室堂の入口が開いていたが、まずは御前峰の山頂を目指す。

140524_083220041.jpg
白山比咩神社奥宮祈祷殿。「明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。」

140524_083310042.jpg
山頂を目指そう。

140524_084332043.jpg
しばらくすると、雪が消える。アイゼンを外そう。

140524_085239044.jpg
青石。

140524_085842046.jpg
高天ヶ原。

140524_091305047.jpg
白山奥宮。

140524_091315048.jpg
家族の幸せを祈願。

140524_091500049.jpg
9:15 御前峰(2702m)山頂。

140524_091533051.jpg
室堂と別山。

140524_091550052.jpg
北アルプスもよく見える。

140524_091600053.jpg
風がつめたいが、ホントにいい天気だ。

140524_091605054.jpg
剣ヶ峰(2677m)。今年は登れるかな?

140524_091610055.jpg
大汝山(2684m)。今登るのは怖い。もっと雪がなくなってから登ろう。

140524_091852056.jpg
水分しか摂らずに登って来たので、腹が減った。お気に入りの「もちふわパンケーキ」

140524_092129058.jpg
おにぎり。

140524_093011061.jpg
山頂をウロウロして景色を堪能してから、下山開始。

140524_095451066.jpg
たくさんのハイカーが山頂を目指して登ってくる。滋賀から来た青年ともすれ違う。

140524_102210068.jpg
帰りは別山を眺めながら歩く。

140524_102216069.jpg
十二曲がりの直登。転げ落ちたら、止まるのに苦労しそうだ。

140524_102526070.jpg
十二曲がり。延名水が飲めるのも、もうすぐだ。

140524_103325071.jpg
ふと見上げると、幻日環。とても珍しい現象。

140524_105340073.jpg
10:53 甚之助避難小屋。

140524_110326074.jpg
アイゼンを付けたまま、ガンガン下りて行く。

140524_111404075.jpg
しまった!トレースをたどっていたら、コースを外してしまった。下りは間違いやすいと聞いていたのだが・・・。
ヤブを進むか、引き返すか迷っていると、前方のヤブから
女 「いけそうですか~?」
男 「う~ん、なんとか・・・」
女 「きゃ~~~。」
男 「大丈夫ですか?」

ここはGPSを頼ってルートに復帰しよう。
ふと振り返ると、滋賀から来た青年も間違ったトレースをたどってきたみたいだ。

キャプチャru-to
GPSがあると、ルートを間違った地点まで戻らずに、安全が確認できたら、強引に正しいルートに復帰できる。

140524_113720076.jpg
ニリンソウ。おお!開いている。
滋賀から来た青年といろいろ話をしながら下山する。僕は下るスピードが遅いので、迷惑をかけたかもしれない。
でも、楽しかった。

140524_115710078.jpg
たくさん咲いている。

140524_121101079.jpg
12:11 白山別当出合登山口。滋賀から来た青年に別れを告げる。「また、どこかの山で。」

140524_121550080.jpg
朝も思ったが、駐車場から別当出合登山センターまでの道が綺麗に整備されている。

140524_121735081.jpg
うん。整備されている。感謝。

140524_121929082.jpg
無事、 別当出合第1駐車場へ戻ってくる。

念願の残雪の白山へ登る事ができた。天気もよく、最高の景色を堪能できた。

140525_111813001.jpg
今日のログ。沿面距離12.857km。累積標高1575m.

140525_111905002.jpg
今日の標高グラフ。

140524_125138083.jpg
帰りは白山展望の湯で汗を流す。

140524_125148084.jpg
古くて狭いが、綺麗だった。露天風呂から大汝峰、御前峰が見える。
関連記事
あつぷり

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

8 Comments

kou says..."No title"
あつぷりさん こんばんは

白山登頂お疲れ様でした。今年はじめてですね~( ´∀`)

それにしてもたくさんの人ですね。さすが人気のお山です!僕もそろそろ登りにいかなくちゃいけませんねヾ( -`д´-,,) 白山が待ってます♡

GPSの使い方参考になりました。僕はあんぽんたんやから持っていてもあんまり上手く使えていません。反省です(´`@)… これからはうまいこと使うぞ~!

あつぷりさんは燃費がいいので羨ましいです。僕もスリムな体型目指して頑張ります!



2014.05.25 23:28 | URL | #- [edit]
なっきー says..."はじめまして"
はじめまして、なっきーと申します。

いつもこっそりと楽しく拝見しております。

私も24日、白山登っていました。
赤いカジタックスのアイゼンが印象的だったのでよく覚えているのですが時間を見ると南竜分岐からのトラバース斜面と山頂でお会いしていると思います。
自分は緑色のTシャツを着ていましたが、もしかして白い長袖シャツに短パンのお方でしょうか?
撮ってた写真に何枚か写っていたので^^;

私も下山時、ルートを間違えて藪漕ぎしながら結構上まで引き返したので、こういう時にGPSが欲しいと痛感しました。

それにしてもこの日は空気が澄んで景色が綺麗でしたね。
北アルプスまで見えて最高でした♪
2014.05.26 06:48 | URL | #BGYaOzDY [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
kouさん こんにちは。

やっと、スキルの低い僕でも白山に登れる季節になりました。
花はまだ少ないですが、今の時期しか見る事の出来ない残雪の景色は、圧巻でした。

あっ、GPSの使い方、適当ですよ。なんとなくで使ってます。
なんとなくで使って役に立つGPSは、凄いです。

この日はコンビニの“ざるそば”だけで、山頂まで登れました。きっとお腹の周りに燃料を貯めているので、平気だったと思います。
僕はすぐに太ってしまうので、燃費の悪い体を目指しています。なんか逆ですね(笑)
2014.05.26 19:21 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: はじめまして"
なっきーさん はじめまして。
コメントありがとうございます。

はい。その日は、白色の長袖にグレーの短パン姿でした。写真に写り込んでしまっているのは、きっと僕です。
南竜分岐からのトラバース斜面では、テンポの速い健脚な2,3人の方に道をお譲りした事を覚えています。

下山のルート、間違いやすいですよね。トレースがあるから、間違った事に気付くのも遅れてしまいますし・・・。最近ルートを外してしまう事が多いので、外した時はなるべくGPSを使って復帰する、練習をしています。迷った地点まで引き返すのが、正しい対処方法なのでしょうが・・・。

残雪期の白山に登るのは、初めての経験でしたが、ホントきれいな景色が見れて良かったです。

自己記録の自己満足の為のブログですが、なっきーさんのような経験豊富な方にコメント頂いて嬉しいです。
今後も温かい目で見守ってやってください。
2014.05.26 19:39 | URL | #- [edit]
山ガールの青レンジャー says..."No title"
あつぷりさん、こんにちわ。

白山行かれたんですね~。しかも幻日環の日に!お天気も良く本当に素晴らしい景色を見られて羨ましいです。。。青レンジャー、最近元気ない。。。

青レンジャーもあのニリンソウの群生が見たい~。けれど、残雪期の白山って、涼しいのかと思いきや、けっこう暑くて小虫も顔にざわつくので、不快です。。。あつぷりさんの登った日はそうではなかったですか?
2014.05.27 09:39 | URL | #- [edit]
よっし~ says..."ナイスハイク!"
こんにちは。

初の残雪期白山登頂、おめでとうございます。
頂上までサクッと3時間半とは。。。
さすがですね。

実はこの日、私もリベンジしようかとも思ったんですが、
いけば良かったかな。

途中で出会った高校生たちは多分、石川県の高校山岳部じゃないでしょうか。
昨年も同じ時期に登っていましたし、おそらく次週のインターハイ予選の練習登山だと思います。

下りの藪は迷いやすいですよね。
自分では正しい道を歩いているつもりでも、笹が起き上がってトレースを隠したり、他の人が違う場所から出てくるとつい迷ってしまいます。
2014.05.29 13:56 | URL | #4E/hvK92 [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
青レンジャーさん こんにちは。

ニリンソウの群生、すごかったですよ。
この日は、虫はさほど気にならなかったです。昨日今日と気温がグッと上がったので、大量発生しているかもしれませんね^_^;

元気ないのですか。そんな時もありますよね。僕は元気がなくなったら、映画を見たりします。
2014.05.29 15:28 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: ナイスハイク!"
よっし~さん こんにちは。

昨年はビビって登らなかった残雪の白山、登ってきました。
サクっとではないですよ(笑)。直登、何度も立ち止まりながら、必死で登りました。

下りは、よっし~さんから迷いやすいと前情報を頂いていたのに、しっかりルートを外してしまいました。

登りに出会った石川県の高校山岳部、下山の時も会いましたが、下りの藪で道を間違わなかったみたいです。さすが山岳部!
2014.05.29 15:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fukuitrekking.blog.fc2.com/tb.php/157-7aab478e
該当の記事は見つかりませんでした。