FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

15,4,9 越知山・六所山(ソロ)

Posted by あつぷり on   4 

今日も楽しいトレーニング登山。さすがに文殊山ばかりだと飽きてしまう。
越知山の雪はほとんど溶けたようなので、小川登山口から越知山を経て、昨年の6月によっし~さんが歩いた六所山までピストンしよう。

150409_094223001.jpg
越知山小川登山口前駐車場。先行者は1台。準備をしていると、金沢ナンバーのおねーさま方が僕の車の後ろに駐車。次にKY(仮死語)な人が来たら、確実に出れなくなると思うが。。。まっ、いいか。


150409_094244002.jpg
9:42 いつもの行者道コース。六所山までピストンで20km程の距離になるが、そんなに累積標高はないはず。

150409_094815003.jpg
今日はロングなのでスピードを抑えたいが、歩きやすい道と後ろから聞こえるおねーさま方の大きな笑い声が、背中をグイグイ押す。

150409_094852004.jpg
倒木を避ける。

150409_095201005.jpg
イカリソウ。

150409_095226006.jpg
スミレ。

150409_100449007.jpg
ミヤマキケマン。

150409_100506008.jpg
フキノトウ。

150409_100653009.jpg
ネコノメソウ。

150409_102155010.jpg
ブナの新芽。今年も頑張っている。

150409_102651011.jpg
歩きやすい道をズンズン進んでいく。

150409_103003012.jpg
木の実谷コース分岐。帰り時間が早かったら木の実谷コースで下ってみよう。

150409_103541013.jpg
10:35 独鈷水分岐。水分補給。

150409_104513014.jpg
いつもの倒木を越える。

150409_104809015.jpg
少し雪があるが、数メートルほど。

150409_105343016.jpg
若々しいブナの葉。

150409_110559017.jpg
所々少しだけ雪が残っている。

150409_110635018.jpg
16度もあるので、さらに雪解けが進みそう。

150409_111057019.jpg
11:10 越知神社本社。新年の挨拶をさせていただく。鈴がちゃんとついているか確認。

150409_111611020.jpg
室堂周辺は比較的雪が多い。

150409_112231021.jpg
11:22 越知山(612m)山頂。登山口より1時間40分。

150409_112239022.jpg
奥の院で新年の挨拶。「今年もよろしくお願い致します。」
山頂付近で先行者のグループが食事をされていた。

150409_112811023.jpg
花立峠を目指す。

150409_112917024.jpg
殿池。桜はまだまだ先のようだ。トイレは閉鎖中。

150409_113013025.jpg
展望台までの林道にはたっぷりの雪。

150409_113635026.jpg
11:36 展望台。ザックを下ろし、少し休憩。

150409_114233027.jpg
登山靴で全く問題ないほどの雪。

150409_114608028.jpg
少しアップダウンがあるが歩きやすいみちでテンポよく歩けるので、スピードが出てしまう。

150409_115735029.jpg
ナイス落葉トレイル!高島トレイルのようだ。

150409_115946030.jpg
11:59 花立峠。ここのトイレは営業中。

150409_120042031.jpg
越知山山頂より37分。先に進もう。

150409_120300032.jpg
小六所山を目指しブナの森に入っていく。

150409_120638033.jpg
しばらく歩くと林道に出る。

150409_120714034.jpg
登山道に復帰。ここの登山道から道が柔らかくなる。人があまり通らない登山道という事が、足の裏から伝わってくる。

150409_120804035.jpg
下草が多くなってくるが、登山道は十分目視できる。

150409_121119036.jpg
柔らかい道と立派な看板のギャップを感じてしまう。

150409_121539037.jpg
整備されているので歩きやすい。

150409_121646038.jpg
「悠久ロマンの社」が見える。

150409_121958039.jpg
12:19 雀ヶ峠。

150409_122015040.jpg
所々に展望の案内板がある。

150409_122022041.jpg
小六所山を確認。

150409_122217042.jpg

150409_122615043.jpg
少し熊笹があるが全く問題なし。

150409_122657044.jpg
前方から単独行の男性が下りてくる。お互いハイカーと出会うと思っていなかったので驚く。「悠久ロマンの社」から上ってこられた常連さんのようだ。気さくないい方だった。

150409_123111045.jpg
一部、熊笹で登山道が見えなくなる。ここはフォースを感じながら・・・。

150409_123604046.jpg
まめに標識があるので、安心できる。整備された方々に感謝。

150409_123815047.jpg
12:38 小六所山(642m)。花立峠より39分。手を合わせておこう。

150409_124131048.jpg
お昼にしたいところだが、先に進む。

150409_124717049.jpg
新緑の時期にもう一度歩きたい。

150409_125331050.jpg
右下に林道。

150409_125452051.jpg
林道合流。

150409_125744052.jpg
眺めのいいベンチ。

150409_130548053.jpg
再び登山道に戻り少し上ると・・・

150409_130639054.jpg
13:06 六所山(698m)山頂。越知山小川登山口より3時間24分。

150409_130700055.jpg

150409_133642063.jpg
二等三角点「六所山」

150409_130717056.jpg
グループで宴会ができそうなスペース。

150409_130840059.jpg
聖観音堂にご挨拶。

150409_130927060.jpg
先ほどの常連さんから記帳を頼まれたので・・・

150409_131020061.jpg
感想を添えて記帳させていただきました。

150409_130740057.jpg
武周ヶ池が見える。

150409_130756058.jpg
越知山。

150409_132023062.jpg
お昼ご飯は久々の「チキンラーメン九条ネギを添えて」。
チキンラーメンは幼いころを思い出す。(意味不明)

150409_134829064.jpg
林道で戻る方法もあるが、トレーニングなので登山道で。

150409_140316066.jpg
14:03 小六所山に戻ってくる。

150409_142051067.jpg
14:20 雀ヶ峠。しっかりと昼ご飯を食べると体がリフレッシュされる。
高島トレイルの昼ご飯を行動食で済ませるかどうか悩むところだ。

150409_143712068.jpg
14:37 花立峠。先に進む。

150409_150115069.jpg
15:01 越知山展望台。ザックを下ろし少し休憩。

150409_151308071.jpg
越知山室堂。3時を越えているので、先を急ごう。

150409_154302072.jpg
15:43 独鈷水分岐。

150409_155012073.jpg
15:50 木の実谷コース分岐。この時間から道に迷うとしゃれにならないので、木の実谷コースは次回のお楽しみに。

150409_161336074.jpg
登りの時、蕾だったヤマブキ。

150409_163140075.jpg
16:31 越知山小川登山口前駐車場。金沢ナンバーのお姉さま方の車は無事出れたようだ。
歩いた時間の割には、疲れが少ない気がする。

150409_170327076.jpg
帰りは健森温泉。「生きがい交流センター」と言うネーミングだけあって、大先輩方のパラダイスだった。

150410_123644002.jpg
今日のログ。沿面距離19.490km。累積標高1811m。6時間49分(休憩含む)。まさに高島トレイルの1日分。

150410_123745001.jpg
標高グラフ。のこぎりの歯のようなアップダウンだが、そんなに辛くない。

今日歩いたコースは、全体で乳酸に苦しむような急坂がほとんど無いので、ロングに挑戦したいとか、坂は嫌いだけどロングを歩きたいと言うわがままな方におすすめのコースだ。いいロングコースを見つけた。

今日も無事下山できました。感謝。
関連記事
あつぷり

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

4 Comments

のぶ~ says...""
あつぷりさん、こんにちは。

高島トレイルに向けての修行お疲れ様でした。

地元ですが六所山まで足を延ばす発想が無かったです。
いつも展望台で昼飯食べて下山してました。
いやー、良い情報ありがとうございます。早速参考にさせていただきます。
とは言え、20キロ&累積1800メートル超え…行けるとこまで修行ですね。

「フォースを感じながら…」、気に入りました。
私も使わせていただきます(笑)。
2015.04.14 12:48 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: タイトルなし"
のぶ~さん こんにちは。

六所山までのコース、距離のわりには長い急坂がないので、乳酸に苦しむことはありませんでした。
実際、自宅に帰ってPCで累積標高を見て1800m超えてるのにびっくりしました。

上小池からの三ノ峰の方が辛いと思います(ホントですよ!)。

天気のいい日に新緑のブナを撫でながら歩くには最高のコースなので、これからの時期おすすめです。
2015.04.14 21:57 | URL | #- [edit]
ツギロウ says..."No title"
あつぷりさん こんばんは。

距離も累積もしっかりありながら、長い急坂がないとは!
素敵なコースですね~
新陳代謝のスピードが遅くなってきて、忘れた頃に筋肉痛がやってくるお年頃のワタクシには非常に魅力的です(笑)

新緑の頃は、たしかにもっとよさそうですね。
また、ほとぼりがさめたころに・・・・まるパクリ・・・ふふふっ
トレース泥棒ならぬ、お宝ルート泥棒・・・参上!



2015.04.16 23:17 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
ツギロウさん こんにちは。

このコース、ロングの練習にはもってこいだと思います。
危険な個所はほとんどないですし、道迷いの心配も少ないです。
しかもコース上に2ヵ所トイレまであります。
これで、ラーメンの食べられるSAがあったら最高なんですが。。。

僕も山に登り始めたころは、よっし~さんの背中を追っかける山行を続けていました。
ツギロウさんのブログでもたくさん勉強させていただいています。
ですから、ドンドンパクっちゃってください!
2015.04.17 19:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。