FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

15,9,14 剱岳2days(ソロ)(1日目)

Posted by あつぷり on   8 

登山を始めた3年前は別世界だった「剱岳」。「剱岳は眺めるお山」と確信していた。もっと前は「映画の中のお山」。
いつ頃だがわからないが、北アの山行の経験を積み重ねる事によって考え方が変って来た。「試してみたい」。
嫁さんに「剱岳」に挑戦すると伝えると
「いいんじゃない♪いっておいでよ♪」
剱岳のYouTubeの動画を見せながら「剱岳」の説明をすると
「行くってことは自信があるからじゃないの♪」
相変わらず器の大きな女性だ(放任主義ではないと思うが)。さすが俺が選んだ人。

剱岳は一般登山道とされているのは「別山尾根ルート」と「早月尾根ルート」の2本。「早見尾根ルート」はバリバリの超体力派ルート。登頂を最優先にしたいので、1泊2日で最短ルートの「別山尾根ルート」から登ることにする。あの有名な「カニのタテバイ・ヨコバイ」など切り立った岩場が連続し、国内最難の一般登山道とされている。

「国内最難の一般登山道」なかなかいい響きだ。今回の山行は、3年間でつちかった無積雪の登山の実力を試すうえでも凄くいい機会になると思う。結果次第では、北アで歩けるルートが大幅に広がる。

山行計画は
1日目:室堂⇒雷鳥沢キャンプ場⇒新室堂乗越⇒剱御前小舎⇒剱沢キャンプ場(テン泊) 標準CT3:25
2日目:剱沢キャンプ場⇒剣山荘⇒剱岳⇒剣山荘⇒剱沢キャンプ場⇒剱御前小舎⇒雷鳥坂⇒雷鳥沢キャンプ場⇒室堂 標準CT8:35
テン泊で最短距離で剱岳を目指すにはポピュラーなコース。

当日は3時に起床。準備していた荷物を車に入れ、高速で立山駅を目指す。
150914_06521001.jpg
6:52 立山駅前の駐車場に余裕で駐車することができた。

150914_06545602.jpg
立山駅は薬師岳を目指した約2か月ぶり。

150914_08255103.jpg
7時20分発のケーブルカー・バスを乗り継ぎ室堂に到着。
最近の事故をチェック。剱岳はここ1ヶ月ほどで2名死亡・1名行方不明・2名負傷。30代・40代が目立つ。

150914_08284504.jpg
8:28 今日の目的地、雷鳥沢キャンプ場を目指す。

150914_08293805.jpg
その前に立山玉殿の湧水を予備の水筒に補充。

150914_08332106.jpg
ザックは65リットル。剱沢キャンプ場は吹き下ろしの風が強いので、アクトをパッキングしてきた。

150914_08380507.jpg
ヤヴァイぐらいの快晴。アタックする明日も天気予報は晴れ。

150914_08403008.jpg
雷鳥沢キャンプ場方面へ。

150914_08414609.jpg
明日アタックする剱岳が少し顔を覗かせている。

150914_08440010.jpg
こんなに綺麗なミクリガ池を見るのは初めてだ。

150914_08515711.jpg
地獄谷。「シューー!」と有毒ガスが噴出する音が聞こえる。

150914_08551312.jpg
血の池。ホントに水が赤い。   でも綺麗。

150914_09012213.jpg
雷鳥坂を登っていくハイカーが多いらしいが、標準CTが同じの新室堂乗越経由の方が、距離は伸びるが傾斜が緩い。

150914_09022114.jpg
9:02 雷鳥荘。

150914_09075815.jpg
圧倒的な景色の中にある雷鳥沢キャンプ場が見えてきた。

150914_09131716.jpg
9:13 雷鳥沢キャンプ場。月曜日なのでテントはまばら。

150914_09205017.jpg
剱御前・大日岳方面へ。

150914_09210018.jpg
少し紅葉が始まっている。

150914_09222519.jpg
9:22 雷鳥坂分岐点。新室堂乗越経由でなので大日方面へ。

150914_09283020.jpg

150914_09312621.jpg
地獄谷を振り返る。

150914_09423322.jpg
別山。

150914_10122624.jpg
剱御前小舎が見えてきた。

150914_10245925.jpg
大きな石を登っていく。剱岳もこんな感じだろうか。

150914_10271726.jpg
おお!薬師岳だ!

150914_10384727.jpg
10:38 剱御前小舎。

150914_10392528.jpg
ここまで登ってくると剱岳の雄姿が目の前に広がる。

150914_10395429.jpg
それにしても圧倒的存在感。明日登るのか。。。

150914_10440430.jpg

150914_10440931.jpg
剱沢キャンプ場へ下りていく。

150914_11002734.jpg

150914_11003535.jpg
剱沢キャンプ場も空いている。

150914_11004936.jpg
剱沢キャンプ場は剱岳のふもと。絶好の位置にある。

150914_12094641.jpg
診療所・派出所と隣接している剱沢野営管理所で受付。500円支払う。

150914_12083739.jpg
野営管理所の近くに塩素消毒済みの水場がある。飲み水には不自由しそうにない。そのほかの水場は要煮沸のようだ。

150914_11490138.jpg
今朝、剱岳にアタック中のハイカーのテントが2張り飛ばされたらしい。
11:49 吹き下ろしの風を意識しながらテントを設営。今日の予定は終了。

150914_12093140.jpg
剱沢小屋にビールを買いに行こう。

150914_12203142.jpg
剱沢小屋で定番の写真を撮影。

150914_12342643.jpg
テン場に戻り、剱岳に乾杯いや完敗。

150914_12495644.jpg
ビールを楽しんでいると、前剱と剱岳の間で剱岳救助ヘリが爆音を立てながらホバーリングを始める。
テン場の誰かが「落ちたな・・・」と。
一瞬でテン場の空気が凍り付く。
絶対的な自信があるから臆病な僕がここにいる。でも事故に会う可能性は0ではないという事を、改めて思い知らされた。

150914_13061445.jpg
すきっ腹にビールは格別だが、腹が減る。

150914_15381146.jpg
親子丼にみそ汁も頂いておこう。

150914_17351647.jpg
大きな岩に寝そべり、剱岳を見て過ごす。

150914_17423148.jpg
次第にテン場にもガスが立ち込めてくる。
明日の為に早めに寝ようとするが、いろいろな事を考えてしまう。
docomoは電波が通っているので、山ブログを見たり、家族や友人にLINEを送り付け暇つぶしをしていると、いつの間にか寝ていた。

今回のログはガーミンに保存されていませんでした(^_^;)。緊張してたのかな(笑)
関連記事
あつぷり

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

8 Comments

よっし~ says..."なんと!"
いや~ こちらこそビックリしました!

ルートは違えど、同じ日に剱岳に登っていたとは。。。

私も標高差の少ない別山尾根ルートからと少し思いましたが、どえむ道の本分を果たすため敢えて早月尾根にしました(ウソ)
本当は室堂までの交通費がもったいないからです(笑)

おそらく2日目に私が山頂に到着したのが10時30分過ぎだったので、あつぷり殿が下山された後だと思われます。
もう少し早く着ける足があれば、お会いできたかもしれませんね。

でも15日の山頂からの眺めは素晴らしかったですね。
身体の疲れが一瞬吹き飛びました。
あくまでも一瞬です(笑)

2日目のレポも楽しみに拝見させてもらいます。
2015.09.16 20:58 | URL | #4E/hvK92 [edit]
ツギロウ says..."No title"
あつぷりさん こんにちは。

しっかし怖い!室堂掲示板の事故列挙も怖けりゃ、ヘリのホバリングも怖いっす。ワタシなら掲示板だけでも尻尾巻いて逃げかえってきてるでしょう。

ブログをめくる手も震えてますが・・・2日目も・・・
なにとぞ御無事で!
2015.09.17 03:21 | URL | #- [edit]
としパパ says..."No title"
あつぷりさん こんにちは

カニのタテバイ・ヨコバイ、挑戦されるんですね。
雑誌等の写真見てるだけでも強烈な印象なので、ワタシはずっと「眺めるお山」のままかもしれません。

レポの画像からも、剱岳のすごく迫力ある存在感が伝わってきます。それと山容がカッコよすぎますね^^
続き、楽しみにしています!
2015.09.17 16:50 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: なんと!"
よっし~師匠、こんにちは。

まさか同じ日に剱とは(笑)運命を感じてしまいます。
中2週間で再び早見尾根とは!さすがです。

「国内最難の一般登山道」というフレーズで別山尾根を選びました。
2日目は7時10分頃山頂に到着しました。10時30分頃なら、テントを撤収している頃ですね。

お互い無事に帰れてよかったですね!
2015.09.17 17:46 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
ツギロウさん こんにちは。

レポでも触れようと思いますが、別山尾根は観光地でした。
ただ、凄く危険な観光地です。

毎年何人ものハイカーが大怪我をしたり、亡くなったりしていますが、お山は何も悪くありません。
事故にあったご本人に原因があると肌で感じました。
(こんな事を書いたら好感度が下がっていく~w)
2015.09.17 17:55 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
としパパさん こんにちは。

雑誌の写真ってプロがとっているので迫力があって怖いですよね。
僕もあんな世界が広がると思っていましたが、実際は凄く安全を重視で整備され、怖さはほとんどありませんでした。
景色が本当に素晴らしいので「凄い」とか「楽しい」と感じながら歩いていました。

画像の数が大量なので、次のレポは少々お待ちください。
2015.09.17 18:02 | URL | #- [edit]
居酒屋与太郎 says..."No title"
おはようございます。あつぷりさん!
テン泊で劔でしたか。私が行った時は山小屋でシャワーを浴びながら軟弱登山でした。あのあたりはテン場も含め水が豊富なんでしょうね。
それにしても何度見ても劔の山容はカッコイイですよね。その危険さとは裏腹に。そして、頂上からの360度パノラマの眺望。
今度は早月尾根から挑戦したいものです。
2015.09.18 06:52 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
居酒屋与太郎さん こんにちは。

シャワーって事は、剣山荘ですね。たしか剱澤小屋にもあった気がします。
実は山小屋泊の経験はいまだありません。経済的な理由が大きいですが、テントを担げるうちは担いで山に登りたいと思っています。

まじかで見た剱は圧巻でした。

早月尾根、是非挑戦したいですね!
2015.09.18 17:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。