FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

16,3,3 六甲全山縦走(ソロ)

Posted by あつぷり on   13 

前回の六甲全縦のタイムは精一杯歩いて14時間32分。自分的には満足なタイムだが、内容は反省点がたくさんある。今回は反省点を修正し、昨年の自分を1分でも越える事が目的。普段の山行の自分のタイムはあまり気にしないが、六甲全縦はこだわっていきたい。
最大の難関は前半にある「鍋蓋山」。六甲全縦に2度挑戦して2回とも「鍋蓋山」で足が攣って、その後がボロボロに。ここさえうまく乗り切れば、昨年の自分を越えられると思う。

160302_123117001.jpg
パッキングすると食事と水分抜きで5.03kg。これにおにぎり3個とポカリ1000mlが加わるので、6.5kgほど。ゴールの宝塚で温泉に入り、汗と臭いを洗い流してから、阪急・JRを乗り継いで塩屋に戻りたい。温泉をあきらめると、お着替えセットが減るので、劇的に軽量化できるのだが・・・。ここは譲れない。

前日の午前中、仕事を済ませて名神高速で塩屋を目指す。吹田SAで仮眠をとり、

160303_015652002.jpg
1:56 朝食をモリモリ食べる。普段の朝食はコーヒーだけだが、「鍋蓋山」の葛藤を想うと真夜中でも平気。
今回は午前4時にスタートする予定なので、その2時間前にしっかりとエネルギー補給。

160304_175334003.jpg
今日の六甲山山頂の天気。寒暖差と風が少し気になるので、2種類のウインドブレイカーとレインウエアの3枚で温度調節する。

塩屋の駐車場に車を停め、前太ももと足の裏に準備していたキネシオロジーテープを合計10枚貼り、ゆっくりと入念に準備をする。
160303_041041002.jpg
4:10 駐車場出発。

160303_041108003.jpg
前回利用した駐車場が見当たらなかったので、前回よりも少し塩屋駅に近い新しい(?)駐車場を利用させていただく。

160303_042109004.jpg
4:21 JR塩屋駅。いよいよ昨年の自分との戦いが始まる。目標タイムは昨年の自分を越える14時間31分。

160303_042331005.jpg
「この先行き止まり」の看板を突き進む。

160303_042823006.jpg
しばらく住宅街の坂と階段を登ると山道に。「ブラックダイヤモンド スポット」と「どこでもクリップライト」は塩屋駅で装着済み。前回の経験がいきている。

160303_044109007.jpg
この看板を見ると六甲全縦の実感が湧く。気温は2度。薄い方のウインドブレーカーとレインウエアで十分。
本日の最初のハイカーとすれ違う。先輩方は早起きだ。

160303_044859008.jpg
4:48 須磨浦山上遊園。今日のザックは冬装備のザックとは重量がまるで違う。手ぶらで歩いているようだ。

160303_045221009.jpg
4:52 旗振茶屋。今日履いているローカットの「Response Treil 20 GTX」は冬靴にスノーシューとはまるで違う。かかとに羽が生えているようだ。

160303_045339010.jpg
序盤は、調子に乗ってペースを上げないように注意。

160303_045601011.jpg
垂水の街明かり。

160303_050245012.jpg
5:02 鉄拐山(234m)。

160303_050310013.jpg
高倉台に向けて階段でせっかく稼いだ標高を下げていく。六甲全縦の最高峰は931mだが、累積標高は3400mを超える。

160303_051321015.jpg
5:13 おらが茶屋。自販機・トイレあり。

160303_052036016.jpg
5:20 高倉会館。自販機・トイレあり。

160303_052535017.jpg
再び登山道へ。

160303_052808018.jpg
400階段。「銀杏峰のラッセルに比べれば・・・!」と思ったが、乳酸溜まりまくり。

160303_053749019.jpg
5:37 栂尾山(274m)山頂。

160303_055103020.jpg
5:51 横尾山(312m)山頂。このままだと真っ暗な須磨アルプスに突っ込む事になるが、凍ってないはずなので問題なし。

160303_055946021.jpg
薄っすらと明るくなった須磨アルプス。

160303_060259022.jpg
6:02 馬の背。嫁さんに現在地と順調を知らせるLINEを送る。

160303_061159023.jpg
6:11 東山(253m)山頂。次々と山頂を踏んでいく。

160303_061732024.jpg
横尾の街。

160303_062701025.jpg
今日はゴミの日っぽい。ゴミ袋を持った町民と何度もすれ違う。

160303_063922026.jpg
街中は電柱に標識が貼られているとこが多い。

160303_064146027.jpg
6:41 妙法寺。ここから毘沙門天に手を合わせる。

160303_064321028.jpg
妙法寺のローソンはスルー。

160303_065109029.jpg
3回目の全縦なので標識の場所まで覚えている。

160303_070145030.jpg
大股で高取山をガシガシ登る。加藤文太郎氏も地下足袋を履いてここを登ったのだろう。
おっと、「鍋蓋山」の為にペースダウン。

160303_071338032.jpg
7:13 荒熊神社(312m)。

160303_071534034.jpg
荒熊神社のベンチに座って「鍋蓋山」の為に早めのドーピング。

160303_071820035.jpg
三頭三角点「高取山」312.80m。

160303_071401033.jpg
鳥居をくぐって再出発。

160303_072040036.jpg
この辺りを走るとタイムが縮まるのだろうが、「鍋蓋山」の為に我慢して歩く。

160303_072534037.jpg
月見茶屋。

160303_072852038.jpg
安井茶屋。

160303_073606039.jpg
丸山市街地に向けて標高を下げていく。

160303_075132040.jpg
丸山の街中では、小学生がいるところでカメラを構えると不審者扱いされるので、小学生がいない事を確認してから写真を撮る。

160303_075642041.jpg
7:56 元デイリー・ヤマザキ。今はデイケア?
ポカリ1本補充。

160303_080101042.jpg
細川商店。すでに開店。

160303_080515043.jpg
丸山の街中は坂が多い。

160303_081050044.jpg
自販機も多い。

160303_081118045.jpg
8:11 神戸電鉄鵯越駅。スタートより3時間50分。前回はここまで4時間ちょうどだったので、いいペースで歩いている。

160303_081845046.jpg
次は「鍋蓋山」で足が攣る最大原因の菊水山(458m)。

160303_084422047.jpg
菊水山の麓に梅。

160303_090109048.jpg
いつも通り大きな石の段と階段のコラボで攻められ、いつも通りヘロヘロになる。

160303_090517049.jpg
9:05 菊水山(458m)山頂。ここで大休憩をとる。

160303_090818050.jpg
吹田SAで買ったおにぎりを2つ食べる。

160303_090833051.jpg
そして今回の最終兵器「手割りかりかり梅」。しかも美味い。

160303_091126052.jpg
自論ではあるが、筋肉疲労と血中のミネラル不足が足が攣る最大の原因だと思っている。
乳酸を分解しつつ、ナトリウムとクエン酸・カリウムを大量に補充。
一袋全部食べたいところだが、2粒だけ残しておこう。これで「鍋蓋山」を越える事ができるはず。

160303_093903053.jpg
「鍋蓋山」入口、有馬街道をまたぐ天王吊橋。いよいよ最大の難関が始まる。

160303_094037054.jpg
「鍋蓋山」急坂。ここを見上げると、嫌な思い出がよみがえる。
ポケットに忍ばせている「コムレケア」を確認。大きく深呼吸をして登り始める。

160303_100100055.jpg
10:01 鍋蓋山(486m)難なくクリア。キネシオロジーテープの効果か、最終兵器「手割りかりかり梅」のおかげか?雪山ラッセルの成果か・・・・。最近サボっているジムの結果ではないことは確かだ。

こうなると、ちょっと欲が出てくる。14時間切れるかも・・・。新たな目標ができた。

160303_101015056.jpg
鍋蓋山から市ヶ原へ足早に標高を下げていく。

160303_102340057.jpg
大龍寺手前の自販機。左の自販機は冬季休業中。右は営業中。

160303_102545058.jpg
10:25 大龍寺。

160303_102612059.jpg
市ヶ原まで哀しくなるぐらい標高を下げるが、今回は足が攣ってないので気持ちは楽。

160303_103609060.jpg
10:36 市ヶ原。

160303_103756061.jpg
おトイレをお借りして、ポカリ1本補充。

160303_104546062.jpg
市ヶ原を過ぎると、稲妻坂と天狗道。

160303_104925063.jpg
天狗道もなかなかの難関。

160303_115622064.jpg
11:56 掬星台(690m)。スタートより7時間35分。前回は8時間14分。ここでだいたい半分。昨年の自分越えがグンと近づく。
嫁さんに現在地をLINE。

160303_115935065.jpg
掬星台では普段飲まないコーンポタージュが飲みたくなる。まったりタイム。

160303_120224066.jpg
高級アミノ酸を摂取。

160303_120734067.jpg
これも下界では絶対食べないスニッカーズ。山では優秀なカロリー源。
残りのカリカリ梅も頂き、ポカリ1本補充して六甲山最高峰を目指す。

160303_121741068.jpg
オテル・ド・摩耶。

160303_122123069.jpg
アゴニー坂を下る。

160303_123017070.jpg
なるべく地面が土の部分を歩く。

160303_131058071.jpg
13:10 六甲全縦のオアシス、藤原商店。

160303_131456072.jpg
カップヌードル195円(お湯サービス)。ありがたい。カロリーと塩分と水分を補給。昨年より10円値上がりしているが、。個人的にはもっと山価格にしてもいいと思う。

160303_132508073.jpg
六甲山ホテル。

160303_132914074.jpg
宝塚の文字が現れる。

160303_134053075.jpg
神戸GCに雪は全くなし。こちらも雪が少ないようだ。

160303_135512076.jpg
13:55 六甲ガーデンテラス。少し雪がある。

160303_135540077.jpg
自販機・トイレあり。

160303_141055078.jpg
宝塚まで17km!もう少し!

160303_143450079.jpg
六甲縦走路で一番雪が目立った道。

160303_144123080.jpg
14:41 六甲山最高峰(931m)。写真を撮ってすぐに折り返す。

160303_144849081.jpg
一軒茶屋でスポーツドリンク1本補充。ここが最後の自販機。

160303_145414082.jpg
「がけ崩れ注意。迂回するか、十分注意して通行して下さい」とある。迂回しよう。

160303_150201083.jpg
15:02 「宝塚まで12km」の看板。ラストスパート!

160303_155253084.jpg
日が沈む前に宝塚にゴールできるかも。

160303_161011085.jpg
走れる道は走りたいが、思うように走れない。

160303_162440086.jpg
残りのおにぎりを摂取。ええ、また鮭です。夜中の吹田SAは選択肢が少ないのです。

160303_162615087.jpg
次に休憩すると、足が完全に止まってしまいそうなので、ゴールまでノンストップで歩く。アミノ酸も胃に入れとこう。

160303_165624088.jpg
16:56 塩尾寺。あと3km。あれだけ軽かった足がめちゃめちゃ重い。

160303_171031089.jpg
ヒザがガクガク。気を張って歩いても少しふらつく。

160303_172633090.jpg
17:26 宝塚駅ゴール。塩屋から13時間5分。予想外の好タイム。昨年の自分を1時間27分上回った。前回の反省点を修正する事ができたからだ。嫁さんに無事ゴールのLINE。
とりあえず温泉に浸かりながら満足感を噛みしめよう。

160303_173509091.jpg
「ナチュールスパ宝塚」。金泉♪金泉♪

160303_173523092.jpg
なんだと・・・?orz
しかも隣のホテル「若水」はレディースデイ。女性が得をする方のレディースデイではなくて、男性入館禁止の方のレディースデイ。「ナチュールスパ宝塚」の定休日にあかん方のレディースデイをぶつけてこなくてもいいのに・・・。あ、ここは女性の国「宝塚」だった。。。

使用しなった厚手のウインドブレーカーを着て、異臭が放たれるのを若干抑えつつ、車内ではなるべくおじさんがかたまっているスペースを選びながら、阪急・JRを乗り継ぎ塩屋へ。
こんな事だったら、着替えセットは車に置いとけばよかった。。。

車に戻り、ググって見つけた「あぐろの湯」で汗を流す。ここは当たり。また利用したい。

160303_203842003.jpg
「あぐろの湯」内の「本家さぬきや」の一押しメニュー「肉カレーうどん」690円。普通に美味かったが肉は豚肉。関西ってポークカレーが主流じゃなかったような気がするが・・・。まあ、いいか。

160303_203858005.jpg
「ミニ天丼」270円。天つゆは自分でかけるタイプ。白飯にしとけばよかった。。。

160304_134450006.jpg
今日のログ。沿面距離44.514km。累積標高(+)3414.5m(-)3375.0m。

160304_134425007.jpg
今日の標高グラフ。

今日も無事下山できました。感謝。

今回はベストを尽くせた、内容もよかった。反省点は今のところ「ナチュールスパ宝塚」の定休日を調べなかったこと、白飯じゃなくミニ天丼を頼んでしまった事ぐらいだ。
13時間5分というタイムを見ると13時間切りを目指してもいいと思うが、これ以上タイムを縮めるには僕の歩くスピードを考えると、本格的にRUNを取り入れる必要がある。
①山頂にこだわらず、積極的にショートカットを利用する。
②掬星台でのコーンポタージュをあきらめる。
③藤原商店でのカップヌードルをあきらめる。
④宝塚での入浴をあきらめ、お着替えセット持ち歩かず荷物の軽量化。
⑤走っても背中で暴れない容量の小さいトレラン用のザック。
⑥トレッキングポール未使用。
こうなってくると、趣旨が違ってくる様な気がする。この歳になってRUNを取り入れるのも肉体的に特にヒザが心配だ。
次回、13時間切りを目指すのか今のところ未定としとこう。
関連記事
あつぷり

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

13 Comments

ゲンジ says..."こんばんは。"
六甲全山縦走、そしてタイム更新おめでとうございます♪

山で鍛えた肉体、そしてギアの追及と軽量化、そして入念な下調べの成果ですね^^d
ただ一つ悔やまれるのは、下山後のお風呂がレディースデイだったことですね(笑)

13時間切りのステップですが、難しいところですね。
藤原商店でのカップヌードルを食べるのも、楽しみであったりするかもしれないですものね。外せないものもあるでしょうから。
そのなか、また来年の進化が楽しみです。
お疲れ様でした^^/
2016.03.05 17:10 | URL | #- [edit]
居酒屋与太郎 says..."No title"
こんばんは。
六甲全山縦走お疲れ様でした。
全44kmを13時間とは・・。やはりこれ以上となるとトレイルランしかないですね。いや、私からすれば既にトレイルランみたいなものですが。
六甲は有馬から芦屋へ下山する普通の登山コースしか行ったことがないので、他のコースも行ってみたくなりました。
2016.03.05 21:45 | URL | #- [edit]
としパパ says..."No title"
あつぷりさん こんにちは

"昨年の自分越え"達成、おめでとうございます!
いきなり1時間半もタイム短縮されるって凄いです。計画・準備もそうですが、1年で相当の体力アップされたようですね。昨年との違いは、かなりの実感だったのではないでしょうか。
最近少し怠けてたら体力を取り戻せなくなった私と違って、どんどん若返られてますね(^^

午前2時のがっつり朝食は少し驚きですが山行中もしっかり行動食をとられていて、無頓着な私にはとても参考になりました。
かりかり梅、早速入手しますっ^^

一年後、さらなるタイム更新目指してトレーニング頑張って下さい!
2016.03.06 15:57 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: こんばんは。"
ゲンジさん こんにちは。

ありがとうございます。タイムが更新できたのも、富士写ヶ岳での足慣らしのおかげです。

肉体的な疲労がなくなった今、改めて考えると、あれもこれもと欲張るのは良くないかもしれません。
山は楽しむときにしっかり楽しんで、年1回の六甲全縦は楽しみを全てあきらめて、ベストタイムを追及するのもいいかもしれません。汗まみれで公共機関を利用する経験もしましたし(笑)

アラフォー後半でも、まだまだ進化できる事を一緒に証明しましょう!
2016.03.06 19:55 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
居酒屋与太郎さん こんにちは。

歩きでもっと凄いタイムで全縦している人はたくさんいますが、僕は足が短いのか早歩きが早くないみたいで、これ以上早くゴールしようとしたら、走るしかないと思います。
嫁さんに「次回の六甲は本格的に走ろかな。」と言ったらいい返事は帰ってこなかったです。嫁さんの周りでも、僕ぐらいの年齢で走っている人は、ひざを痛めている人が多いみたいで・・・。

僕は六甲縦走路しか歩いた事がないので、有馬まで歩いて温泉で一杯なんてしてみたいですね(笑)
2016.03.06 20:17 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
としパパさん こんにちは。

ありがとうございます。昨年の自分を越える事ができました。
この1年は高島トレイルや常念山脈、剱岳と相当レベルアップできたと思います。雪山で筋力もアップしているみたいで、おっしゃるとおり、自分が強くなっているのを実感しながら歩けました。

アスリートなとしパパさんには、「かりかり梅」より「コンデンションミルク」と「練り梅チューブ」をお勧めします。

さらなるタイム更新ですか。。。怪我をしないように、作戦を練らないといけないですね。。。
2016.03.06 20:29 | URL | #- [edit]
ツギロウ says..."No title"
あつぷりさん こんばんは。

怒涛の「自分越え」、トラウマの「鍋ブタ」克服、本当におめでとうございます。
もちろん「去年の自分」は越えてらっしゃるだろうとは思っておりましたが、1時間半の短縮とは・・・
まして、掬星台のコーンポタと藤原商店のカップラーメン(コレはもう・・ね)とピークハントを外さずにですから、感服致しました。

もう、13時間はとっくに切れてると思うんですけど・・・
次回のタイムアタックは、藤原商店の陰から応援させて頂きます。
えっ、ゴールは・・有馬温泉!?。そういうことなら、ワタクシ、OPPになろうと、後ろ向きに歩こうと、必ず辿り着きますので・・・・5時間ほどお待ちになっててください(笑)
2016.03.06 23:49 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
ツギロウさん こんにちは。

ありがとうございます。この1年は自分なりに頑張ったみたいです。
次やるなら、タイムアタックなしで六甲全縦を楽しむか、楽しみを全てあきらめてタイムアタックするか、どちらかです。あれもこれもと欲張ってはこれ以上更新はないような気がします。足の長さが長くなれば話は別ですが・・・
藤原商店の陰にいるツギロウさん、絶対気付く自信あります(笑)そこから宝塚までペースメーカーお願いします。

そうなんですよ。。。三大名湯のひとつを横目に素通りし続けているんです。秀吉公に怒られてしまいます。
なるほど。。。塩屋から有馬温泉に浸かって塩屋にピストンですか。。。えっ!?日帰りじゃないですよね!?
2016.03.07 17:14 | URL | #- [edit]
のぶ〜 says..."No title"
あつぷりさん、こんにちは。
六甲山全縦走お疲れ様でした。

毎年恒例のヤツですね。いやー、凄いですね!
毎回思いますが総距離44㌔累積標高3400㍍を1日で踏破する事自体びっくりですが、今回は1時間30分も短縮でしょ!?過酷さは想像つきません。
ストイックなあつぷりさんらしく、しっかりした下調べと準備と経験が今回の大幅な短縮に繋がったと思います。
最後のオチは笑いました。
次回は一度、ゆるーく奥様と登られてゆっくり温泉てのは如何でしょう(笑)。
2016.03.08 07:58 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
のぶ~さん こんにちは。

六甲全縦、毎年恒例になりつつありますね。。。年1回の実力テストみたいな感じです。

嫁さんは秋に新しいトレッキングジューズを買うと言っていたので、秋までそっとしておきます。

ゲルググの盾のようなスノーシューどうですか?前太ももに「力こぶ」できてきてませんか?
そろそろ雪上ハイクも終わってしまいますが、その後お花の季節がやってきますね。

今年は三方五湖でお会いできるのでしょうか?楽しみにしています(笑)
2016.03.08 21:09 | URL | #- [edit]
のぶ〜 says..."No title"
あつぷりさん、こんにちは。
再び失礼します。

「スノーシューデビュー声掛けて。」と有難い言葉を頂いておきながら、僕の都合と天候が合わずにもう終盤になってしまいました。すみません。
実は越知山でデビューしました。度々すみません。
感想は【平地、緩めの登り下りは最高】【足パンパン】【大きさ持て余し】【急斜面下り難儀】【バック無理】ゲルググの盾、持て余してますw
まだ一回しか使ってないので[力こぶ]出来てないです。
もう終盤で日にちも無いですが機会があれば・・・最悪、来シーズンお供させて下さい!

毎年恒例のツーデーマーチは勿論参加しますよ!今年はコースが変わったので楽しみです。

2016.03.09 08:00 | URL | #- [edit]
六甲山探検隊 says..."六甲全縦"
あつぷり さん、

 こんにちは。

 又、六甲全山縦走にトライされたのですね。
 目標を掲げ、それがクリアされた時の達成感、よくわかります。
 それにしても、しっかりと道中のピークハントをされながらなの
 ですごいです。(自分はいつもパスです。)
 又、歩きたくなりました。

 お疲れ様でした。

六甲山探検隊

PS.宝塚温泉に入れなかったのは残念でしたね。
2016.03.29 08:22 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: 六甲全縦"
隊長さん こんにちは。

今年も六甲全縦行ってきました。僕にとっては昨年の自分と戦う舞台となっていますが、勝てて良かったです。
来年はさらなる軽量化とショートカット、トレッキングポールの未使用など、対策を考えています。
行動食に甘納豆と小魚の日干しをプラスするといいかもしれません(笑)

金泉・・・定休日とあかん方のレディースデイに阻まれました。次回からは着替えも持たなくていいかな~って思っています。
2016.03.29 20:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。