FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

16,5,12 車中泊を考えてみる。

Posted by あつぷり on   2 

先月の熊本地震で亡くなった方々のご冥福と、お怪我された方々のご回復、被災された地域の一日でも早い復興をお祈りしております。

5年前の東日本大震災では、防災非常袋の大切さを勉強させて頂き、玄関に6人分の避難セットと非常食を常備することにした。
先月の熊本地震では、何といっても車中泊について勉強させて頂いた。
あつぷり家が被災したら避難所へ行くか行かないか家族で話し合った結果、車中と2つの山岳テントで夜を明かすと言う結論となった。お年頃の女性が3人もいるあつぷり家では当然の結論だと思う。

そこで、被災した時でもできるだけ快適に車中泊できるように準備する事にする。決して登山の前日の車中泊を快適にする為でなく、災害時の緊急的な車中泊の為だ。くどいようだが、僕の山道具の費用「娯楽費」からの出費ではなく、あつぷり家の費用「防災費」からの出費だ。(実際の経理の勘定科目は「消耗品費」で扱う事が多い。)

160512_124843001.jpg
燃費が悪く、狭い林道では運転しにくく、小さい駐車場では周りの方々に迷惑をかける無駄にでかい1BOX。決して登山に適している車とは言えないが、車中泊では威力を発揮する。今までは車の2列目をフラットに倒して、シングルのエアーマットを敷いて寝ていたが、微妙に空気が抜けるのが気になっていた。


160512_125006002.jpg
「すきまクッション」
倒したシートの凹凸をフラットにしてくれる。

160512_125102003.jpg
「日本製 レザー調 車中泊ウレタンマット ロング」
さらにフラットにする。

160512_125333004.jpg

160512_125351005.jpg
 「すきまクッション」がいい感じにすき間を埋めている。

160512_125511006.jpg
ええ、単独行の前泊の為でないので、もちろんもう一組。

160512_125634007.jpg
なかなかいい感じで寝ることができる。

160512_133252012.jpg
「マルチシェード・シルバー リア5枚セット」
次に、大切な事。あつぷり家にはお年頃の女性が3人もいるので、プライバシーを保護しなければならない。

160512_134021013.jpg
各車種専用なので、キッチリとハマる。

160512_134443014.jpg
ここまでキッチリ隠れると、いろいろな事ができそう。

160512_135311016.jpg
「マルチシェード・シルバー フロント5枚セット」
フロント部分にも吸盤で取り付け。

160512_135254015.jpg
外から見ると車全体が保冷バックみたい。

160512_135621017.jpg
そして今回の目玉商品!(意味不明) 「車用網戸」
夏の車中泊は、夜でも締め切ると暑いので、窓を少し開けて寝る場合が多い。そこで問題となってくるのが蚊。

160512_140756018.jpg
この網戸も各車種専用なので、すき間なくキッチリハマる。付けっぱなしでもいいくらいだ。

まあ、避難生活になると僕と長男は間違いなくテン泊で、女性たちが車中泊となるが、大切な我が家の女性陣が快適に過ごせるならこれぐらいの防災費は仕方ない。


・・・あ、せっかくだから、登山の車中泊にも使わせてもらおう。
関連記事
あつぷり

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

2 Comments

へいほー says..."笑えるので。。。"
コメントしました(#^.^#)

いつ何時我が身に降りかかるか分からない災害。。。
お年頃の娘さんたちの為の、素敵な装備ですね☆

ただ。。。
お山遠征にも素敵な装備!

ただ。。。それって素敵すぎる(*´∀`*)
2016.05.12 21:53 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: 笑えるので。。。"
へいほーさん 小ネタにコメント頂きありがとうございます。

ええ、くどいようですが、あくまでもお年頃の彼女達(嫁さんも含む)の為に購入しました。
大切な家族を守るのも、お父さんの義務ですから!(キリ

2016.05.13 20:52 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。