FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

17,2,28 取立山~鉢伏山~大長山(ソロ)

Posted by あつぷり on   10 

未だ達成できていない山行の1つ、積雪時限定コース「取立山~大長山ピストン」。
このコースは、標高605mの国道157号線から、取立山(1307m)原高山(1339m)板谷の頭(1383m)鉢伏山(1549m)を越え、1387mまでいったん標高を下げて大長山(1671m)に登頂する、あまりにもラスボス大長山が強すぎるコース。もちろんラスボスを倒してエンディングって訳にはいかない。行きと同じように4つのピークを越えて帰らなけらばならない。
2年前の3月15日ソロで大長山を目指して歩いたが、スタート時間が遅かった事と経験不足・体力不足でラスボス大長山の大きさにビビってしまい、鉢伏山で引き返した。
昨年の1月28日にはなっきーさんと大長山を目指すがホワイトアウトの為、鉢伏山で撤退。
鉢伏山までは行けるのだが、その先が難しい。

ある程度雪が締まっている2月末か3月上旬。仕事が休みで、しばらくまとまった雪の降っていない、放射冷却で雪がカッチンコッチンに凍っている気温の上がらない風の弱い晴れの日が望ましい。そんな都合いい日って来るのか??

170301_13191001.jpg
(お天気ナビゲータ取立山より)
そんな都合のいい日が来た。前日の2月27日も晴れ。14時まで快晴予報、その後大きく崩れる心配もない。気温も低く明け方から2度しか上がらない。風もないに等しい。以前使っていた「てんきとくら〇」だったら「裏切られた~(笑)」とかあるが、「お天気ナビゲータ」はほとんどない。
朝早く出発して時間をかけて歩いたら、大長山まで行けるかもしれない。

仲間のグループラインで感動を分かち合うバディを募集するが皆さんお仕事との事。。。。

久々のソロでの挑戦。なんか燃えてきた。
前日は21時30分に就寝。4時にアラームをかけるが3時20分に目が覚める。
着替えてビバーク装備を充実させたザックを担ぎ取立山へ車を走らせる。

170228_05303901.jpg
5:30 国道157号沿い取立山冬駐車場。駐車場には既に車が2台。1台は車中泊、もう1台はボンネットまで凍っているのでテン泊かな?って事は、今日は僕が先頭。出発してすぐにもう一台の車が駐車場に入って来た。やはり快晴予報の取立山は人気が高い。

170228_05323302.jpg
国道から見える看板がすべて見えている。取立山も雪が少ない。

170228_05382603.jpg
今日はロングなので、なるべくスノーシューやアイゼンを付けずに力を温存したい。バッチリ踏み固められている。しかもカッチンコッチンに凍っていてメチャメチャ歩きやすい。フッフッフッ・・・想像通り。

170228_06160904.jpg
今年の取立山のショートカットコースは凄く効率がいい。今年最初にショートカットコースを作った方に感謝。

170228_06162305.jpg
あっという間に夏季駐車場。

170228_06232706.jpg
その後も順調に踏み固められたトレースをツボ足のまま登っていく。

170228_06381107.jpg
経ヶ岳(1625m)に日が射してきた。思い出されるのは藪漕ぎ周回。

170228_06382208.jpg
振り返ると大日山(1368m)。

170228_06535110.jpg

170228_07045913.jpg
待ちに待った日光が。。。

170228_07064214.jpg
照射!バンザーイ(意味不明)。雪庇は崩れたのかな?

170228_0706541501.jpg
今日の目的地、大長山(1671m)。遠い~。

170228_07081816.jpg
左手にこつぶり山(1264m)、その先に護摩堂山(1152m)。

170228_07115617.jpg
7:11 取立山(1307m)山頂。駐車場より1時間41分。なんか凄くペースがいい気がする。

170228_07122118.jpg
山頂にいた雪だるま。首が細くバランスが絶妙、クオリティーが高い。

170228_07125719.jpg
遥か向こうに鉢伏山。でも大長山はその向こう。

170228_07130020.jpg
トレースはこつぶり山と原高山方面の両方にある。ラッキー。

170228_07141721.jpg
ツボ足のまま取立山を後にする。

170228_07180022.jpg
取立山を振り返る。ここに戻ってくる時は夕方かな・・・あるいは・・・。

170228_07200223.jpg
トレースはスノーシュー1人とワカン1人。予想通りカッチンコッチンに凍っているのでテンポよく歩ける。

170228_07205524.jpg
樹氷は全て落下済み。。。昨日風が強かったのかな?

170228_07253325.jpg
太陽光が眼球に沁みる。樹林帯の右を通る。

170228_07321826.jpg
7:32 原高山(1339m)。

170228_07341827.jpg
スノーシューの方は原高山で引き返したようだ。ワカンのトレースが続く。
この爽快な尾根歩きはなかなか味わう事ができない。

170228_07592028.jpg
7:59 板谷の頭(1383m)。樹林帯の右側、から下りていく。

170228_08031929.jpg
いいペースで歩いている。このまま行けるとラスボスに時間をかける事ができる。

170228_08055030.jpg
板谷の頭から80mほど標高を下げて、右側の尾根沿いに標高を上げていく。

170228_08244731.jpg
鉢伏山の登りで、ガボるようになってきたのでスノーシューを装着。

170228_08433232.jpg
原高山、板谷の頭の頭を振り返る。この景色に満足してしまったら、大長山まで行かなくていいかって気持ちが湧いてくる。

170228_08434133.jpg
凄い!鉢伏山ブルー。

170228_08463334.jpg
スノーシューのエッジを利かしてガリガリ登っていく。

170228_08504635.jpg
8:51 鉢伏山(1549m)。お!やはりトレースの主はテン泊。ここまでありがとうございました。存分に利用させて頂きました。

170228_08514836.jpg
今日もさらに神々しい。極寒期の白山、登ってみたくなる。テント担いで無理かな・・・。

170228_08515337.jpg
今日はここからが本番。時間は十分にある。

170228_08515638.jpg
ラスボス大長山(1671m)に向けて歩き出す。今日越えたピークの中で1番の威圧感。

170228_08520039.jpg
大長山の南だから赤兔山かな?

170228_08520440.jpg
経ヶ岳。どこから見ても綺麗な姿をしている。

170228_08524741.jpg
そして白山連峰。

170228_08545942.jpg
鉢伏山の南斜面は、雪崩の後や

170228_08550843.jpg
大きな亀裂が入っている。鉢伏山でホワイトアウトしていたら行き過ぎないように十分気を付けなければならない。

170228_08560144.jpg
稜線はガリガリ状態。

170228_08585246.jpg
尾根を伝って大長山に近づいて行く。

170228_09084049.jpg
左に巻いて稜線を歩いてピークを目指すイメージ。中央の谷に雪が溜まっている可能性があるので気を付けないといけない。

170228_09123750.jpg
うさぎさんのトレースをたどるととんでもない所に導かれるので注意が必要。

170228_09190251.jpg
尾根から外れて左にトラバース気味に進む。

170228_09190552.jpg
どこでも歩けてしまう。イメージ通りに進む。

170228_09213553.jpg
これが中央の谷か。遠くで見るより小さい。

170228_09230254.jpg
うさぎさんに惑わされないように時間をかけてイメージ通りに進む。

170228_09251955.jpg
慎重にルートを選びながら、くぼみをいくつか越える。

170228_09335956.jpg
よし、ラストスパート。

170228_09371657.jpg
稜線に向けて登っていく。この画像ではあまり傾斜は感じられないが・・・。

170228_09453558.jpg
油断するとずり落ちていくほどの斜面。

170228_09532959.jpg
かたまっている雪の上に、最近雪が積もったみたいなので、表層雪崩の危険がある。

170228_09534260.jpg
樹林帯を抜けた!スノーシューのつま先の爪を刺しながら登っていく。

170228_10010461.jpg
山頂確認!

170228_10011162.jpg
ヨロヨロ・・・。ヨロヨロ・・・。

170228_10021263.jpg
鉢伏山を振り返る。

170228_10084164.jpg
稜線に出たら南へ。まさに「大長ウイニングラン」。

170228_10103965.jpg
白山がめちゃめちゃ近い!

170228_10142866.jpg
三ノ峰、二ノ峰、一ノ峰も見えているのかな・・・。

170228_10181568.jpg
もうすぐ大長山山頂。

170228_10195269.jpg
稜線には亀裂が多数入っている。

170228_10230570.jpg
10:23 大長山(1671m)山頂。目印がないのでGPSで念入りに確認。
鉢伏山から1時間32分。ルートを探しながらだったので仕方がない。

170228_10234471.jpg
経ヶ岳の姿が素晴らしい。その手前が大舟山(1431m)か。

170228_10234872.jpg
赤兎山(1629m)。凄く近く見える。

170228_10240675.jpg
大日山方面。

170228_10261776.jpg
そして白山連峰。

170228_10284477.jpg
テンション上がって自撮りするが痛恨のピンボケ(涙)

170228_10393580.jpg
普段はしないパノラマ撮影。

170228_10321178.jpg
帰りも同じだけの距離を歩かなければならない。カロリー補給。

170228_10414181.jpg
名残惜しいが戻らなければならない。

170228_10463682.jpg
帰りは自分のトレースを辿る。

170228_10494883.jpg
鉢伏山が遠い・・・。

170228_10524184.jpg
鉢伏山の山頂に複数の人影発見!向こうからも見えているのかな?

170228_10590285.jpg
必死で登ってきた斜面をガンガン下っていく。

170228_11202886.jpg
大長山を振り返る。達成感・・・。

170228_11203287.jpg
鉢伏山をヨロヨロと登り返す。

170228_11215688.jpg
凄い青空。

170228_11334889.jpg
鉢伏山南斜面の亀裂は怖い。

170228_11335490.jpg
山頂からは見えない位置にある。

170228_11405991.jpg
11:40 鉢伏山戻り。大長山まで往復3時間ほど。

170228_11412692.jpg
山頂にいたハイカーとしばらく雑談してお先に失礼する。

170228_11421793.jpg
大長山に自分のトレースを確認。登頂した証。

170228_11434594.jpg
よっさんさん荒島岳でお会いしたAさんとすれ違う。

170228_12010895.jpg
板谷の頭をヨロヨロと登り返す。BCの方ともすれ違う。

170228_12064296.jpg

170228_12094497.jpg
12:09 板谷の頭。たくさんの人に踏み固められているので、スノーシューを外す。

170228_12400598.jpg
取立山の登り返し。ヨロヨロ・・・。

170228_12495199.jpg
12:49 取立山の山頂にははなきちさん御一行の姿が。しばらくお話をさせて頂く。きちさんの笑顔に癒される。。。
「笑顔は人を元気にする。」元気を頂いて山頂を後にする。

170228_125214101.jpg
あああ!師匠~!なんとよっし~師匠のお姿が!一瞬誰かわからなくて「よっし~さんですよね?」って声を掛けてしまった(汗
いやいや復帰第一戦にお会いできるとは、やはり運命を感じずにはいられない。

170228_125714102.jpg
下りは安全の為アイゼンを装着。

170228_125919103.jpg

170228_130252104.jpg
取立山からの下りも素晴らしい景色。

170228_132757105.jpg
気温は低いが、直射日光のせいで雪が緩んできている。

170228_135543106.jpg
やっと駐車場が見えてきた。

170228_135929107.jpg
13:59 国道157号沿い取立山冬駐車場戻り。
お隣はスノーモービルw。ナンバープレートのないスノーモービルは公道走行禁止だった気がする。。。

2年越しでやっと達成した「取立山~大長山ピストン」。大長山の山頂からは想像通り素晴らしい景色が広がっていた。
ただ、鉢伏山から先は別世界。正解のルートがはっきり解らないし、傾斜もきつく相当疲れた。その分、達成感も半端ない。
気候や雪質で大きく難易度が変化するコースだが、今日みたいな条件のいい日があればチャレンジしたい。

そして、よっし~師匠をはじめ、はなきちさんやよっさんさんにお会いできて嬉しかった。人生の大先輩にもかかわらず、謙虚な姿勢で接してくれる。「実るほど頭を垂れる稲穂かな」僕も見習わなければならない。

久しぶりにヒザがガクガク(笑)。

3月か。六甲全縦の季節がやって来た。

170301_12534302.jpg
今日のログ。沿面距離17.797km。累積標高1753.0m。冬山としてはなかなかの数字。
大長山から鉢伏山に戻らずに、赤兔山まで行って小原峠から林道を通って小原に下りる周回ルートはどうだろ・・?
雪崩が起きやすい箇所が多いから危険かな・・・。

170301_12541301.jpg
今日の標高グラフ。

今日も無事下山出来ました。感謝。
関連記事
あつぷり

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

10 Comments

toshi0113 says..."No title"
あっぷりさん、ラスボス完全攻略おめでとうございます
いゃ~スゴイ!!! 体力もスピードも素晴らしいです

この日は多くのブロガーさんが集結でしたね
僕もチョッと刺激受けちゃたので土曜に向かいます
と言ってもMAXは鉢伏ですけどね(笑)
2017.03.02 11:14 | URL | #- [edit]
しろべ says...""
あつぷりさん、こんにちは。

凄い!素晴らしいレポです!
冬季大長山なんて絶対行けないので楽しく読ませて頂きました。
鉢伏山からの鞍部へ一旦下ってからの登り返しの急登、帰りも同じ道を辿りアップダウンの総距離18㎞。もう凄いとしか言いようが(笑)

僕も何とか鉢伏山までは歩いてデッカイ白山連峰見てみたいんですけどねー。

あ。あと、多分、鉢伏山でお逢いしたと思われるヤマップの方のレポを拝見しましたが、あつぷりさんの凄く格好いい画像ありましたよ(^q^)
2017.03.02 15:01 | URL | #- [edit]
ツギロウ says..."No title"
あつぷりさん こんにちは。

冬季の大長山踏破おめでとうございます!
すべて読み通り、狙い澄ましての登頂は、いつもながら感服致します。
「オトモ出来なくて残念」と思っていましたが、レポを拝見していたら…
「オトモ出来なくて良かった」と正直ちょっと思っちゃったくらい(笑)
ハードさも伝わってきました。
ツギはいよいよ六甲全縦アタックですかっ!
スナック黒帯で水割り飲みながら、こっそり応援しております。
2017.03.02 19:20 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
toshi0113さん こんにちは!

今年こそは大長に!と思っていたので快晴の山頂ではガッツポーズでした。
天候と雪質で難易度が大きく変わるコースですが、当日は相当低めだったと思います。

土曜日、天気よさそうですね。あの素晴らしい白山のお姿が拝めるよう祈っています。
2017.03.02 21:27 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: タイトルなし"
しろべさん こんにちは。

気温も低く、今季最高の天気だったと思います。
2年越しの想いが白山に伝わったのかもしれません。

小川から六所ピストンできるしろべさんなら、条件次第では冬季大長山行けると思いますよ。
先ずは鉢伏山、攻略ですね。鉢伏山から拝む白山も大迫力です。
ラッセル車AP号、いつでもスタンバイしています!

カッコいい?写真、拝見しました。ヘロヘロ状態を激写して頂いたようです(笑)
これからお山には髭を剃って登ることにします。
2017.03.02 21:36 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
ツギロウ兄さん、こんにちは。

条件のいい日って、鉢伏山近いですね~。山頂のほん手前まで登山靴で行けました。
原高山の登りからラッセルだと、鉢伏山に着いた時にはボロボロになっていますから・・・。

大長山での自撮り、ピンボケが悔やまれます・・・。
ツギロウ兄さんのプロ並みのカメラワークで最高の一枚お願いします!

いつものカウンターですね。黒帯のママに「板わさ」タッパに詰めておいてもらってください。
菊水山の山頂で頂きます。

ふと、PSPのチートアイルー、一撃でレイア倒してたのを思い出しました(笑)
2017.03.02 21:48 | URL | #- [edit]
よっし~ says..."No title"
先日はどうも。

あつぷりさんの車があったのは分かったので、
多分護摩堂山に周回したのかと思っていたら
大長山まで行かれたと伺ってビックリ!

取立からだと頂の一部しか見えないほど遠くのあそこまで、
単独しかもノートレースで往復されたと思うとその凄さを改めて感じました。

まさに●態の域に達せられていますね(笑)

釈迦に説法かもしれませんが、十分お気を付け下さい。
2017.03.03 17:31 | URL | #4E/hvK92 [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
よっし~師匠、先日はありがとうございました。

初の極寒期大長山、白山の圧倒的な雄姿と福井を代表する山々を間近で見れて感動しました。
少し雪山にも慣れてきましたが、僕の山歩きの軸は師匠から教わった事ばかりです。

ありがとうございます。「慎重に臆病に」の姿勢は変えないで行こうと思っています。

チームOPP復活の兆しが見えてきましたね。楽しみにしています。
2017.03.04 19:39 | URL | #- [edit]
よっしゃ says..."大長山おめでとうございます"
あつぷりさんとヨッシーさんのブログに刺激を受けて3月5日に行ってきました。

最初から取立山で引き返そうと計画して行ったのですが、6時スタートは早すぎたみたいで、他の登山者は鉢伏や護摩堂に行かれる方ばかり・・。

恥ずかしながら9時半には下山してしまいました。

時間に余裕がある事もわかりましたので、来年はスノーシューを購入して鉢伏山に行ってみたいです 笑

(大長山はまだまだ無理ですね)

そうそう

山頂にいらっしゃった方が、あつぷりさんの会話をされていましたよ。あつぷりさんのブログは色々な人に影響を与えているのだと、改めて感心しました。

次のブログも楽しみにしていますね!
2017.03.06 12:18 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: 大長山おめでとうございます"
よっしゃさん こんにちは!

日曜日もいい天気でしたよね。素晴らしい白山を拝むことが出来たのではないでしょうか。
取立山に早い時間から登られるハイカーさんは、取立山のその先を目指す方が多いですが、早い時間の方が雪が凍っているので歩きやすいと思います。

取立山の先に進む方は、どちらかというとワカンの方が多い気がします。この時期は雪が締まっていますし、軽くて扱いやすいからでしょうか。条件がいいと、登山靴のまま鉢伏山に到着してしまう日もあります。
でも、ラッセルしてでも鉢伏山や大長山を!と思っているハイカーさんはやっぱりスノーシュー率が高いと思います。
スノーシューを手に入れると、冬山のレパートリーがグ~ンと増えるので、より楽しくなります。足も鍛えられますし。

僕の仲間も同じ日に取立山に登ったみたいです。悪口言ってなかったですか?(笑)
たまたま耳にしただけだと思いますよ。
2017.03.06 21:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。