FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

18,8,8 ハイゼットカーゴ

Posted by あつぷり on   2 

今までの車に乗り出したのは、お山を歩き始める前。
子供が大きくなっても楽に乗れるようにと、購入した。もちろん外観も気に入って。

あれから6年。3人の子供のうち2人は自分の車を持つようになった。1番下の子は高2になり、家族揃って出かける事もほとんどなくなった。
そろそろ自分の事だけを考えて、車を購入してもいいのではないか?

そう。「脱・ファミリーカー」

ソロの山旅で最強の車はジムニー。でも、前乗りが多い山行スタイルの僕には、あの室内空間の狭さは合わない。
20180812.jpg
「ハイゼットカーゴクルーズ4WD寒冷地仕様 楽旅 ちょいアゲSTYLE」

コンセプトは
維持費が安く、林道のすれ違いや狭い駐車場で迷惑にならず、快適に車中泊ができ、悪路や雪に強い車。
そして、普段使いできる車。(←これ大事)

20180812 (1)
登山口に近い駐車場まで、未舗装の道路を走ることは少なくない。
今年のような大雪でも、登山口にたどり着けるように車高を上げる。

20180812 (2)
サスを変更し、タイヤのインチをひと回り大きくして、4cmリフトアップ。
ノーマルのハイゼットの車高は16cm。4cmアップで車高はジムニーとほぼ同じ20cm。

20180812 (4)2
タイヤの直径を大きくしているので、スピードメーターの数値と実際のスピードに誤差が生じる。
誤差は4.8%。スピードメーターでは50km/hでも、実際は52.4km/hで走っている事になる。
4cmのリフトアップで4.8%の誤差なら車検は通る。普通のおじさんは法律内で遊ぶ。

20180812 (3)
「ブリジストン604V RD-604 STEEL」農業の方々に人気のタイヤ。
オフロードっぽくてカッコイイ。でも、舗装路ではうるさい。

20180812 (7)
後部座席は思ったより広い。

20180812 (8)
貨物車なので、後部座席はコンパクトに収納できる。

20180812 (9)
この状態がフルフラットって言う人もいるが、僕的には全くフルフラットではない。
折りたたんだ座席の傾斜が気になって寝れない。

20180812 (10)
ぐいーんとベットフレームを引き出し、

20180812 (11)
ベットマットを装着。

20180812 (16)
185cm×105cmのベットの完成。これがフルフラット。

20180812 (15)
全面カーテンでプライバシーを確保。

20180812 (12)
もちろん車中泊には欠かせない網戸も装備。

20180812 (13)
リアに引き出し。

20180812 (14)
使う予定のないテーブル。

20180812 (6)
無事帰宅する為、衝突回避支援とドラレコを装備。

20180812 (17)

余裕で2台分の費用がかかったが、高い買い物をしたのではなく、理想を追求したら高くなったって事。
実はこれでディーラー車。メーカー保証はバッチリ受けられる。
これだけのわがままボディーを仕上げてくれたネッツトヨタ福井本店のKさんに感謝。

北海道とか、遠征に行きたくなる。

関連記事
あつぷり

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

2 Comments

toshi0113 says..."No title"
かっこエェ~!!
こだわり抜いたオプションの数々
車中泊も荷物整理もバッチリって感じです
ただ笑えた! 「使う予定のないテーブル」
やっぱ要らんもんも着いてくるんですね
2018.08.13 17:17 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
toshi0113さ~ん!かっこエエっすよね!たまらんっすよね!

早速お仲間に「ヤン車」ってディスられました(涙

いいんですよ。別に。。。
人様に迷惑をかけず、社会のルールを守っとけば、どう思われようなんて。。。

あおったり、中抜きしたら捕まる時代ですからね。
ゆっくり走ればいいんですよ。
登坂車線~バ、バ、バンザーイ!
2018.08.13 18:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。