FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

19,8,9 ブラックダイヤモンド ディスタンシェルターZポールセット(その2)

Posted by あつぷり on   2 

20190808a.jpg
8月9日、早速ディスタンシェルターを張ってみた。場所は双六小屋。
4か所をペグダウンしてDACクロスポールとトレッキングポールでシェルターを持ちあげるだけ。
設営は最速。
長いテントポールを周囲に気を使いながら扱う必要もない。

20190808a (1)
外から見た天頂部のベンチレーション。常に開いている状態だが、雨が吹き込むことはなさそう。

20190808a (9)
中から見た天頂部のベンチレーション。大きさは十分。

20190808a (2)
外から見た足元のベンチレーション。こちらも常に開いている。

20190808a (3)
足元には20cmの軸。

20190808a (6)
中から見た足元。20cmの軸がベンチレーションを持ち上げ、足元を広くしてくれている。
フロアは頑丈そう。グランドシートは必要なし。

20190808a (15)
足元の中心から外に向かってテンションをかけると、ベンチレーションの機能が効率よくなりそう。

20190808a (16)
中から。足元の中心から外に向かってテンションをかけた方が、足元が広くなる。

20190808a (5)
入口はこんな感じ。雨が降っていたら、大量に雨が入ってしまう。

20190808a (7)
マットを敷いてみた。1人なら広さは十分。

20190808a (8)
足元も広さは十分。

20190808a (11)
入り口のベンチレーション。

20190808a (10)
中から見た入口のベンチレーション。外の様子がすぐに確認でき、なかなか開放的。

20190808a (14)
トレッキングポールの長さを120.7cmにすると

20190808a (17)
まあまあピシッとなった。

この日、午後5時頃からゴロゴロと雷が鳴り出し、すぐにどしゃ降りの雷雨となった。
雷雨は2時間ほど続いたが、浸水は0。フロアはサラサラの状態だった。
風もまあまあ強かったが、問題無し。
朝起きると、しっとりと内壁が濡れてる程度に結露はしていた。
まあ、シングルウォールなので結露して当然と言えば当然。許せる範囲。

670g(トレッキングポールを除く)でこの広さ。どしゃ降りで浸水ゼロはポイントが高い。
今のところ、欠点は見当たらない。
夏山はディスタンシェルター一択になりそうだ。

関連記事
あつぷり

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

2 Comments

なっきー says..."カッコいいシェルター"
テン場で見た事ないし人とかぶらないのも良いですね^^
秋の縦走ご一緒する機会あればこのシェルターでお願いします!
しかしジュウザのシェルターといいあつぷりさんのチョイスは個性的かつ鋭いですね。
私は最近オクトスのNEW透湿防水ツェルトライトが気になっています・・・
たぶん近日中にポチるでしょう(笑
2019.08.20 20:55 | URL | #BGYaOzDY [edit]
あつぷり says..."Re: カッコいいシェルター"
久々に欲しいシェルターが見つかりました。30Dの安心感はぬるま湯そのものです。
このシェルターの色が、モンベルの新しいステラの青とダンロップのVSの青とかぶっちゃんですよね・・・。

秋の縦走は、なっきー先輩の足を引っ張らない様に、思いっきりULで行きたいのでツエルト担ぎます。
大人数のまったりグループテン泊の時に担いで行きますね。

いやいやいや、僕なんかテント・シェルター・ツエルト合わせて6張目ですから。。。
しかもフロアレスは未体験。なっきー先輩に比べたらまだまだひよっ子です。

なっきー先輩の実力なら、170gのNEW透湿防水ツェルトポンチョでも快適に使いこなせる気がしますが・・・(笑
2019.08.21 16:37 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。