FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

19,10,19~20 第6回びわ湖チャリティー100km歩行大会(ソロ)

Posted by あつぷり on   2 

20191019a (4)
結果は17時間36分06秒で完歩。
史上最大級の必死のパッチで歩いた。自分の実力を全て出した結果なので喜びたい。
ただ、目標の17時間には36分06秒足りなかった。ここは反省して、次回17時間で歩けるようにしたい。


20191019b.jpg
予定より7分30秒早くスタート。

スタート~CPI(32km)9.28分/km。
スタート直後にどしゃ降りの雨。上だけレインを着る。
大会特有の雰囲気のせいか、アスリートコースのウォーカーさん方のハイペースのせいか。オーバーペースなのはMZ-500で把握していたが、貯金が欲しかったのでペースを落とさなかった。

CP1(32km)~CP2(53km):10.21分/km。
CP1のコンビニや靴下の履き替えで相当時間を失ってしまった。まだ十分目標を達成できるペース。

CP2(53km)~CP3(66.2km):12.29分/km。
CP2で2度目の靴下交換をして歩き出すと、今までのオーバーペースがひびいたのか、両足のふくらはぎに痛みが出てくる。直ぐにロキソニンを飲めばよかったが、痛みのせいで歩幅が小さくなっていることに気付くも我慢しながら歩く。

CP3(66.2km)~CP4(80km):11.76分/km。
CP3で3度目の靴下交換。ロキソニンを飲み、痛みが緩和されるがペースはあまり上がらず。ウォーキングポールが重く感じ始める。

CP4(80km)~CP5(90km):11.72分/km。
体力は余裕があるのでCP4は休憩なし。QRコードを読み取ってもらって直ぐに歩きだす。ふくらはぎと前ももの痛みが激しい。完全に筋力不足。

CP5(90km)~ゴール(101km):10.79分/km。
CP5も休憩なし。チェックを受けて直ぐに歩き出す。自分なりにラストスパートをかけたつもりだったが、ペースはたいして上がってなかった。

前半のオーバーペースは、お祭り男的な性格なので仕方がない。これに耐える事の出来る筋力をつけるしかない。
2年前の「びわ100」と比べると4時間もタイムを縮めているので、確実に上手く歩けるようになってる。10kgの減量でスピードと持久力は格段に上がっている。
スタート前におにぎりを3つ。序盤からスポーツドリンクを飲んでいたので、ケトン体を感じることはなかった。

20191019b (1)
アスリートコース9位/76名。
本物のアスリートな方々の中で、普通のおじさんが9位なのはよく頑張ったと思う。

20191019b (2)
完歩率92%。アスリートコースでも、6名の方が途中棄権をしている。100kmを甘く見てはいけない。

20191019b (3)
「びわ100コース」の完歩率は69%。前半に降った雨のせいか、完歩率は良くない。
結局800人以上のウォーカーさんを抜いたのか・・・。よく頑張った。

歩きに集中したので画像は少ないです。

20191019c.jpg
(ツギロウさん画像ご提供)
早めに会場入りし、「びわ100コース」に出場するツギロウ兄さんを見送る。

20191019a.jpg
記念すべき17個目のザック「モンテイン/レーザー15」を使用。脇下部分の収納が優秀。詳しくはコチラ
前後に着けるゼッケン。アスリートコースは番号が赤字になっているので、一目でばれてしまう。これはちょっとプレッシャーになった。

20191019a (1)
人数の少ないアスリートコースの開会式は閑散としている。

20191019e (2)
19:21 ツギロウ兄さん発見!兄さんのペースを崩さない様に追い抜かせてもらう。
一生懸命歩いている兄さんの姿に元気をもらう。

20191019a (3)
6:28 大歓声の中ゴール。
各CPやエイドでのサポーターの方々の声援はホンマに力になりました。ありがとうございました。
お山では万が一のことを考えて全ての力を出し切る事は出来ないが、びわ100は途中棄権の段取りまでしてくれるサポーターの方がいるので、全ての力を出すことが出来る。
全身全霊で歩ける事に感謝しながら歩いた。
目標は達成できなかったが、楽しかった。

20191019d.jpg
20191019d (1)
(ゴール直後に計測を止めなかったので誤差あり)


備忘録
●糖質制限をしていると、スポーツドリンクが濃い砂糖水に思え飲みにくかった。飲み物は水がベスト。失った塩分は梅肉で補充。
●使用したゼリーは2個。後半のコンビニは通過人数が少ないので商品が豊富にある。
●休憩なしで100km歩く持久力はあるが、筋持久力がない。特に前ももとふくらはぎを鍛える。腕と肩も。
●CP1及びそれまでのコンビニは、「びわ100コース」のウォーカーさん方で混雑し商品も少ないので、当てにしない。53km地点のCP2まで無補給で行けるようにする。水分1ℓとおにぎり2個あれば無補給でいけるかな?
●スタートから2時間32分後(17km地点)で「びわ100コース」の最後尾に追いつく。
●靴下の履き替えをもっとスピーディーにしたい。何かいい方法はないだろうか。
●雨の日の練習も必要。
●「ルートマップ」は画像を撮ってスマホに保存すると持ち歩く必要ない。
装備
●防寒具はレインとパーカーのみ。ウインドブレイカー・レインパンツは必要なし。
●「㈱D&M/3Dフットテープつま先用」の効果は絶大。雨でもはがれることなく、肉刺もできなかった。
●アキレス腱と膝に貼ったキネシオロジーテープの効果は高かった。今回は痛みが出なかった。
● 「アシックス/GEL-CONTEND4」は限界が来ているのか、クッションが悪かった。来年は買い替えを検討。ホカオネオネかな・・・。
●「ドライマックス/マキシマムプロテクションランニングミニクルーソックス」は良かった。3足すべて使ったので、もう一足買い足しても良い。
●「モンテイン/レーザー15」には小分けしたドライバック(今回は3つ使用)を入れると嵩張るので、13リットルのドライバックに濡らしたくないすべての荷物を入れるようにする。空気を抜く機能が付いた「シートゥサミット/eVACドライザックM」が有力候補。
カナビラでマイコップを外付けすると、キコキコうるさかった。音が鳴らない工夫が必要。
●「エプソン/MZ-500」のバッテリーは100kmのログを取っても余裕があるので、次回は5キロのラップを録る。照明はオートで。
●「シナノ/レビータ ネクスト」は2本で440gあるので重たい。「シナノ/レビータ ポータブルAIR」は2本で330g。でも、色がな・・・。
●カメラはいらない。写真はスマホで。

関連記事
あつぷり

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

2 Comments

ツギロウ says..."赤いゼッケンがヒタヒタと・・・"
あつぷりさん こんにちは。

スタートを見送ってもらったうえに、3時間も早く出発したのに・・・
まさか、あそこで追いつかれるとは(◎_◎;)
もちろん禍々しいフォースの塊が、物凄い勢いで近づいてきてるのは
背中にヒシヒシと感じていましたが・・・
いまだ、大会が終わっても、夜な夜な赤い数字に追いかけられる夢に
うなされています(笑)

100kmをこのペース、このタイムで歩き切られたあつぷりさんに
最大の敬意を捧げます。本当にお疲れ様でした。
2019.10.22 19:41 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: 赤いゼッケンがヒタヒタと・・・"
ツギロウ兄さん、100kmお疲れさまでした。

あの赤い数字、着けてる本人にとってはなかなかのプレッシャーでした。
速くて当然のような目で見られますし、追い抜くとペースメーカーにされ結構ついて来る人多かったんです(汗。
CP3とCP4の間で最大で6人ぐらい引っ張ってました(笑)。

敬意なんてとんでもないです。次回は計画的に練習して目標をクリアしたいです。

また、いろいろお願いします!
2019.10.23 09:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。