FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

20,1,11 Garmin fenix 6X Pro Dual Power

Posted by あつぷり on   0 

20200111a.jpg
「Garmin fenix 6X Pro Dual Power」

昨年の12月24日に「EPSON MZ500-L」を紛失してから意外に早く次のパートナーが決まった。
EPSONのGPS受信チップの性能は秀でているものがあるが、EPSONがGPSウオッチ市場から撤退するという噂。
実際にプレミア価格で販売されているEPSONのGPSウオッチも少なくない。
そうなると、僕的にはガーミン一択。
登山寄りで「EPSON MZ500-L」ほどのタフさがあるのはfēnixシリーズ。
となると、昨年の12月19日に発売されたばかりの
太陽からのエネルギーで長寿命バッテリーを実現したハイエンドモデル「Garmin fenix 6X Pro Dual Power」しか考えられなくなる。
ソーラー充電なしで、GPS + 光学心拍計で60時間稼働する。ソーラー充電機能を使えばそれ以上。

山のおもちゃと思えばお高いが、腕時計と思えばお安い感がする。
一応10万円以上の買い物をする時は、自ら嫁ちゃんに報告するようにしているので、その旨伝えると
嫁「似合いそう」
やはり器のデカイ女性だ。

ポチっとな。


ついでに・・・。

20200111a (1)
ガーミンのスマートウオッチの素晴らしい所は、別売りアクセサリーが豊富で、センサーの種類も充実している。
スマートウオッチ本体にも温度計は搭載しているが、体温を拾ってしまって正確に気温を測ることが出来ない。

ワイヤレス温度センサー」を体から離れたザックなどにぶら下げておけば、より正確な気温が測る事ができる。
もちろん本体とペアリングすれば、本体で気温を確認できるし、記録もできる。

20200111a (2)
保護フィルム。これを着けとけば、画面に傷が付いても張り替えればOK。3枚で1,000円ぐらいなのでガンガン張り替えられる。

20200111a (3)
コネクタ部分のシリコンキャップ。10個で688円。

20200111a (4)
防水等級が10ATMなので問題はないと思うが、充電端子がむき出し状態。
汗には塩分が含まれているので、腐食する可能性がある。

20200111a (5)
これで安心。

早速マニュアルを斜め読みしたが、かなりオモシロ機能が満載。
登山にもスキーにもマラソンにも活躍してくれそうだ。

君は突然姿を消したりしないよね?

関連記事
あつぷり

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。