FC2ブログ

FUKUI TRAIL FILES

歩いた山と道の記録

13,6,23文殊山(ソロ)

Posted by あつぷり on   4  0

16:58 下山途中、二上駐車場の方から
P6220015.jpg
「登山者の皆さん、こちらは福井南警察署です。文殊山でクマが目撃されました。クマに注意してください。」
と拡声機の声が聞こえてきた。スピードを上げて下りて行く。

P6220004.jpg
13:32 文殊山二上駐車場。午前中は雨が降ったりやんだり。午後から天気が回復するので、サックっと登れる文殊山へ。

P6220003.jpg
ソフソールのインソールの検証もしながら、今回から導入したハイドレーション(Platypus(プラティパス) ビッグジップSL 3L)の使い心地を確かめよう。

P6220005.jpg
13:47 二上登山口。登山靴の靴ひもを思いっきり締め込んだので、少し足が痛いがすぐに慣れる。

P6220009.jpg
14:25 大文殊着。タイムは38分、ぬかるんだ道でのタイムとしては頑張ったと思う。やはり柔かいソフォソールのインソールの場合、靴ひもを思いっきり締め込んだ方が、靴の中で足が安定する。足の裏の痛みは全くなし。よし下りよう。

P6220007.jpg
15:07 足の痛みはまだ出てこない。ハイドレーションはいいと思う。少しのどが乾いたら少し飲むを繰り返し行う事が出来る。水筒のように「ゴクゴク」飲む事は出来ないが、歩きながらリズムを崩さずに、水分補給できるのは便利だ。「おかわり」もう一度山頂を目指す。

P6220008.jpg
15:29 この時間になると、登山道が薄暗くなってくる。

P6220009.jpg
15:45 大文殊到着。タイムは38分。おお!一回目と同じタイム。右足の裏の外側のアーチが少し痛む。やはり足の固定に問題があるようだ。10kmぐらいは歩いてインソールを検証したいので、奥の院へ行こう。

P6220011.jpg
16:05 奥の院に到着する寸前に日光が射し、奥の院のお堂がすごい綺麗に光っていた。時間も時間なので山を下りよう。しばらくすると、足の裏の痛みがひどくなってきた。やはり、このインソールは柔らかすぎみたいだ。

2合目あたりまで下りてきたら、なにやら拡声機の声が聞こえる。内容は全く聞き取れないが、同じ事を繰り返したいる様だ。登山道に砂利が多くなる頃、ようやく拡声機の内容が聞き取れた。
「登山者の皆さん、こちらは福井南警察署です。文殊山でクマが目撃されました。クマに注意してください。」
と拡声機の声が聞こえてきた。足の裏の痛みなど忘れて、スピードを上げて下りて行く。


P6220012.jpg
16:58 二上登山口。到着。

P6220013.jpg
パトカーが前方をゆっくり放送しながら走っている。

P6220015.jpg
小走りでパトカーの追いつき、事情を聴いてみると、4時20分に文殊山の7合目でクマを目撃したと南署に通報があったらしい。目撃されたのが、二上コース上だとすると、7合目だと、標高260mぐらいなので、小文殊の手前、文殊霊泉のあたりか・・・僕が知る限りでは、あと山の中には年配の男性の方が1人おられる事と、パトカーの拡声機の声は、登山口付近まで下りてこないと聞き取れない事を、警察官に報告しておく。
里山なのでクマ鈴を装着せずに歩いたいた事を反省しよう。また、文殊山にはクマはいないと思っている方が多いと思うので、クマがいる事をなるべく多くの方に知っていただきたい。

P6220016.jpg
この警察官は文殊山に登った事がなく、山の事はよくわからないと言っていた。僕に何かできる事はないかと考えていると、もう1台パトカーがやってきて、屈強な警察官が2人降りてきた。僕が役に立てることはないと判断したので、家に帰る事にする。
警察の方に話を聞いたのだが、今年クマは多いようだ。鯖江でも目撃されている。なるべく遭遇しないように、遭遇しても事故が起きないように心がけたい。


今日、「あつぷりさん」と声をかけて頂いた。自己記録と自己満足の為のブログを見て頂き、さらに役立っていると言っていただいたのは、本当に励みになります。ちょうど僕と同じころに山登りを始めたご様子。お互いの目標に向かって頑張って行きましょう。また、どこかの山でお会いできるのを楽しみにしています。

キャプチャログ
今日のログ

キャプチャグラフ
標高グラフ 沿面距離10.4km 累積標高998m文殊山でも2往復すると十分トレーニングになる。
関連記事
あつぷり

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

4 Comments

よっし~ says..."No title"
こんばんは。

2回も登られたんですね。元気ですね(笑)

文殊山にクマが出たんですね!
七曲~文殊霊泉の付近でしょうか?
あの付近、先日私が登った際も、獣の気配を感じました。
もしかしたら。。。
もっとも下ばかり見て歩いているので、近くに居ても気付かない可能性がありますが(笑)
2013.06.23 23:07 | URL | #mQop/nM. [edit]
のぶ~ says..."クマさんが!?"
あつぷりさん、こんにちは。
あつぷりさんが2巡目登り時に声を掛けた者です。

こちらこそ、いつも貴重な情報をありがとうございます。
もっと色々お話したかったのですが、突然の事でテンパってしまい、一方的に喋ってお別れしてしまいました。すみません。

今度もし、お会いしたらゆっくりお話伺いたいですね。


クマ目撃の件はびっくりです。
私の帰った後そんな事があったとは!
2013.06.24 16:27 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: No title"
よっし~さん こんにちは。

文殊山の7合目あたりでのクマの目撃情報の通報が警察にあったみたいです。
翌日の新聞には、鯖江市の片山町と出てました。目撃された後、南側の山中に入って行ったとあったので、高雄山に入って行ったのでしょうか・・・

警察の方が今年はクマが多いとおっしゃっていたので、お互い気を付けましょう。
2013.06.25 16:32 | URL | #- [edit]
あつぷり says..."Re: クマさんが!?"
のぶ~さん こんにちは。
コメントありがとうございます。

お声をかけて頂きありがとうございました。
こちらこそ、息を切らしていて、まともに話ができてなかったと思います(笑)

>今度もし、お会いしたらゆっくりお話伺いたいですね。
ですね。初心者同士、話に花が咲くでしょう。

文殊山にはクマはいないと思っていたので、深く反省しています。
お互い、安全に気を付けて、楽しく登山ができるといいですね。また、どこかの山で・・
2013.06.25 16:45 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://fukuitrekking.blog.fc2.com/tb.php/78-47ce9989
該当の記事は見つかりませんでした。